530件中 81 - 90件表示
  • レオ・モーター・カー・カンパニー

    レオ・モーター・カー・カンパニーから見たクライスラークライスラー

    1915年から1925年までは、スコットの指揮下、レオは収益黒字を維持していた。しかし、1925年になると、スコットが野心的な拡張を計画する。それは、より競争力ある会社となるため、他メーカーとは異なる価格帯で自動車を販売するというものだった。この計画は失敗し、さらに大恐慌が追い討ちをかけた。1930年代から1940年代にかけて、それまで増加一方だった米国自動車生産台数が減少に転じ、1933年が最も減少した年となった。幅広い車種構成を維持していたGMやクライスラーは打撃がすくなかったが、フォードでさえも以前の生産の半分となっていた。1933年には不況のピークとなり、減った市場の9割をビッグ3が確保してしまい、その他の会社は残りの1割を取り合うこととなった。引退していたオールズも1933年に復帰しレオ経営に乗り出す。しかし1934年には辞任してしまった。1936年レオは乗用車生産から撤退し、トラックに集中することとなった。レオ・モーター・カー・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • インセンティブ (自動車)

    インセンティブ (自動車)から見たクライスラークライスラー

    2007年現在、最も高額なインセンティブを供与しているメーカーはクライスラーであり、1台あたり平均3,500ドル程度、現地に生産拠点を持つ日本メーカーのトヨタ自動車、本田技研工業が1台あたり平均1,000ドル強と伝えられる。しかし、これは希望小売価格から単純計算で割り出した額である。インセンティブ競争が激化して以降にモデルチェンジした自動車は、多かれ少なかれインセンティブの支出を見込んだ価格設定がなされており、今や単純計算で販売戦略は推し量ることが難しい状況になりつつある。インセンティブ (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・IV-2220

    クライスラー・IV-2220から見たクライスラークライスラー

    クライスラー・IV-2220はアメリカ合衆国の自動車メーカーであるクライスラー社が1940年に試作した水冷倒立V型16気筒の航空機用エンジンである。同社にとって最初のヘミエンジンであり、以後ヘミエンジンはクライスラーのトレードマークとなった。クライスラー・IV-2220 フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・フィフスアベニュー

    クライスラー・フィフスアベニューから見たクライスラークライスラー

    フィフスアベニュー (Chrysler Fifthe Avenue)は、アメリカ合衆国の自動車会社・クライスラーが、1979年から1993年まで、自社が販売する最も大型の乗用車に冠していた名称である。クライスラー・フィフスアベニュー フレッシュアイペディアより)

  • イーグル・ビジョン

    イーグル・ビジョンから見たクライスラークライスラー

    ビジョン( Vision )は、クライスラー社がイーグル、クライスラーブランドで販売していた自動車である。イーグル・ビジョン フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・コンコード

    クライスラー・コンコードから見たクライスラークライスラー

    クライスラー・コンコード(Chrysler Concorde)は、クライスラー社が1993年式から2004年まで生産したフルサイズ、前輪駆動の大型4ドアセダンである。コンコードはクライスラー・フィフスアベニューの後継車であった。初代のクライスラー・LHプラットフォームを使用した3台のクライスラー・ブランドの中の1台であり、アメリカン・モーターズ / ルノーが設計したイーグル・プレミアから派生した。ダッジ・イントレピッド、クライスラー・LHS、クライスラー・ニューヨーカー、イーグル・ビジョンとは姉妹車であり、カー・アンド・ドライバー誌の1993年度と1994年度の10傑(Ten Best list)に選出された。クライスラー・コンコード フレッシュアイペディアより)

  • マウロ・フォルギエリ

    マウロ・フォルギエリから見たクライスラークライスラー

    フェラーリ・408を開発したものの、フェラーリは4WDを市販車に採用する気は全くなく、また408を市販するつもりもなかった。そのため新天地を求めて1987年に長年在籍したフェラーリを離れ、高級スポーツカーメーカーとしてライバル関係にあるランボルギーニへ移籍した。ランボルギーニのF1計画は親会社のクライスラー主導で、フォルギエリが担当したV型12気筒エンジンをローラ(ラルース)、ロータス、リジェなどに供給した。勝利は挙げられなかったものの、甲高いV12サウンドは本家フェラーリよりも美しいと評された。マウロ・フォルギエリ フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・LHS

    クライスラー・LHSから見たクライスラークライスラー

    クライスラー・LHS(Chrysler LHS)は、クライスラー・LHプラットフォームを使用したフルサイズ、前輪駆動の大型4ドアセダンである。LHSは1994年から2001年までクライスラー社のフラッグシップであった。クライスラー・LHS フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・インペリアル

    クライスラー・インペリアルから見たクライスラークライスラー

    クライスラー・インペリアル(Chrysler Imperial)は、アメリカの自動車メーカー・ クライスラーが1926年以降、同社の最上級車種に用いた車名である。キャデラックやリンカーンに対抗する車種であった。クライスラー・インペリアル フレッシュアイペディアより)

  • タルボ・タゴーラ

    タルボ・タゴーラから見たクライスラークライスラー

    タルボ・タゴーラ(Talbot Tagora)は、フランスの自動車メーカー・PSA・プジョーシトロエン (PSA)が1980年から1983年まで製造したフロントエンジン・リアドライブ(FR)の中型乗用車である。前身となったのはクライスラーの欧州部門が生産していたクライスラー・160/180/2リッターで、開発終盤段階の1979年に経営危機に陥ったクライスラーが欧州部門をPSAに売却したため、新ブランド(実際には以前に吸収合併した名門ブランドの復活)のタルボ(英国ではタルボット)のブランドネームで売り出された。同ブランドでは最初で最後の、白紙から新設計されたモデルであった。生産はパリ近郊のポワジーにあった旧シムカ工場で行われた。同じPSAグループのプジョー・505、シトロエン・CXと競合するモデルだった上、デビューが第二次石油危機と重なったこともあって販売は不振を極め、わずか3年後の1983年には生産中止となった。生産台数は19,389台に過ぎなかった。タルボ・タゴーラ フレッシュアイペディアより)

530件中 81 - 90件表示

「クライスラー」のニューストピックワード