436件中 81 - 90件表示
  • イーグル・プレミア

    イーグル・プレミアから見たクライスラークライスラー

    イーグル・プレミア(Eagle Premier)は、アメリカン・モーターズ社(AMC)とルノー社の協業により開発された 乗用車である。この車は1987年にAMC社がクライスラー社に買収された後クライスラー社に引き継がれ1988年モデルから1992年モデルとして販売された。イーグル・プレミアは1990年から1992年の期間にダッジ・モナコ(Dodge Monaco)として、その他の地域では「クライスラー・プレミア」としても販売された。イーグル・プレミア フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・キャラハン (写真家)

    ハリー・キャラハン (写真家)から見たクライスラークライスラー

    ミシガン州立大学工学部を卒業後、クライスラーの経理部に勤めながら趣味で写真を始める。ハリー・キャラハン (写真家) フレッシュアイペディアより)

  • プリムス・アクレイム

    プリムス・アクレイムから見たクライスラークライスラー

    アクレイム (Acclaim) はクライスラー社の一部門である「プリムス」が販売していた自動車である。プリムス・アクレイム フレッシュアイペディアより)

  • プリムス・GTX

    プリムス・GTXから見たクライスラークライスラー

    クライスラー社内のプリマス部門では、1967年型ベルヴェデア・GTXを、プリムス・GTXと呼ぶ。それはまた、優れたスタイルとパフォーマンスを持っていたことにも起因する。通常のベルヴェデアとの相違点は、特別仕様のグリルとボディ後部、ボンネット・スクープ、クローム・メッキされたフューエル・キャップである。また、最高級のサスペンション・システムも標準装備されていた。また、特筆すべきは、「スーパー・コマンド440」と呼ばれる440立方インチ(7.2L)V8エンジンの搭載であり、クライスラーが誇るヘミ・エンジンとの換装も可能であった。1968年モデルは、「ロード・ランナー」がベルヴェデアの廉価版として発売された。ロード・ランナーのエンジンは、新型383立方インチの「ロード・ランナー383」で、GTXでは、440エンジンが標準採用されていた。1969年、GTXの販売は、ロード・ランナーにコンバーチブルが追加されたにも関わらず振るわなかった。しかし、オプション装備としてエア・スクープ付ボンネットが追加されるなどのマイナーチェンジがあった。1970年、GTXは大規模なデザイン変更が行われた。スムーズなラインで構成し、ボンネットにはパワー・バルジが追加され、ボンネット・スクープも復活した。しかし、GTXはその重い重量のために、より人気の高かったロード・ランナーよりも遅かったが、GTX自体がパワー不足という訳ではなかった。1971年最後のGTXは大幅なデザイン変更を受けた。排気量制限が行われたために440エンジンは385エンジンに小型化された。更に、マッスル・カーに対する保険料が高くなり、販売は低調であった。そして、GTXとヘミ・エンジンは終わりを告げた。プリムス・GTX フレッシュアイペディアより)

  • プリムス・フューリー

    プリムス・フューリーから見たクライスラークライスラー

    フューリー(Fury)は、1956年から1968年までクライスラー社のプリムス部門によって販売された自動車である。プリムス・フューリー フレッシュアイペディアより)

  • トマス・B・ジェフリー・カンパニー

    トマス・B・ジェフリー・カンパニーから見たクライスラークライスラー

    トマス・B・ジェフリー・カンパニー(Thomas B. Jeffery Company)はアメリカ合衆国の自動車メーカー。ウィスコンシン州ケノーシャで1902年から1916年まで活動しRambler(ランブラー)およびJeffery(ジェフリー)ブランドの自動車を製造した。ゴーマリー&ジェフリーマニュファクチャリングカンパニー(Gormully & Jeffery Manufacturing Company:略称G&J)自転車会社がその前身企業。ナッシュモーターズが後継企業。そして、アメリカンモーターズ、クライスラーにつながる会社である。トマス・B・ジェフリー・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • スタンダード・モーター・カンパニー

    スタンダード・モーター・カンパニーから見たクライスラークライスラー

    この頃から経営の停滞傾向が生じ始めた。会社は継続的成長を目指し他社との提携を模索しクライスラー、マッセイ=ハリス=ファーガソン、ルーツ、ローバー、ルノーなどと話し合いをもったが、いずれともうまくいかなかった。スタンダード車は当時の典型的イギリス車の枠を出ない保守的な設計で格別秀でた存在ではなく、更に他のメーカーが「スタンダードモデルとデラックスモデル」というモデルグレード分けをおこなうようになっていた当時、社名とブランド名そのものが「並級」を示唆する「スタンダード」であることは、商品戦略上不利に働いた。モデル展開もむしろ子会社のトライアンフ・ブランドにおいて積極的に行われていた。スタンダード・モーター・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • アスモ (輸送機器メーカー)

    アスモ (輸送機器メーカー)から見たクライスラークライスラー

    1989年 - 欧州フォードから「Q1」認定を受ける。米国クライスラーから「ペンタスター賞」を受ける。アスモ (輸送機器メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・アスペン

    クライスラー・アスペンから見たクライスラークライスラー

    クライスラー・アスペン (Chrysler Aspen) は、クライスラーが製造するフルサイズSUVで、同社のダッジブランドで販売される2代目デュランゴの姉妹車である。クライスラー・アスペン フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・160/180/2リッター

    クライスラー・160/180/2リッターから見たクライスラークライスラー

    クライスラー・160/180/2リッターはクライスラーのイギリス子会社の「クライスラーUK」(旧ルーツ・グループ)とフランス子会社のシムカにおいて1970年から1982年まで販売された中型乗用車である。生産は1975年までシムカのポワジー工場で行われたが、1976年以降はスペインのクライスラー子会社・バレイロスに移管された。クライスラー・160/180/2リッター フレッシュアイペディアより)

436件中 81 - 90件表示

「クライスラー」のニューストピックワード