118件中 41 - 50件表示
  • クライスラー

    クライスラーから見たルノー

    1987年には、アイアコッカの指示のもと、当時フランスのルノー傘下で、「ジープ」ブランドを所有するアメリカ第4位の自動車会社であるアメリカン・モーターズ(AMC)を買収したが、当時ルノーのバッジエンジニアリング車を中心に展開していたAMCが深刻な販売不振に陥っていたこともあり、シェアにおいてはビッグ3の他2社を上回ることはできなかった。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たデュラセル

    6月9日、アメリカ連邦最高裁判所が一部債権者によるクライスラー資産売却の差し止め請求を却下。この決定により、翌10日には新会社への資産売却が完了し再建手続きが終了した。新生クライスラーのCEOにはフィアットCEOのセルジオ・マルキオンネが、会長には、ボーデン・ケミカルズ会長、デュラセル・インターナショナル会長などを歴任し、現モルガン・スタンレー社外取締役であるロバート・キダーが就任した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見た国際興業

    販売においては、1920年代より、日本への輸入が開始され、第二次世界大戦前までは八洲自動車が輸入するクライスラーやデ・ソートが上流階級や富裕層に、安全自動車が輸入したダッジや、やはり八洲が扱ったプリムスがタクシー等に愛用されていた。その後は国際興業や麻布自動車等、幾つかのインポーターの変遷を経て1988年、セゾングループ(当時)の大沢商会との共同出資で、日本法人「クライスラージャパンセールス」が設立された。1990年には本田技研工業と販売提携を結び、ホンダ販売店にて「ジープ」車の販売を始めた(1997年に提携終了)。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たダイムラー・ベンツ

    1998年に、ドイツのダイムラー・ベンツ社と合併してダイムラークライスラー・AGとなった。この合併は対等合併ではあるが、事実上ダイムラーによる買収であった。しかしながら合併後、メルセデス・カーグループとクライスラー・グループの両方で好業績をあげたのは初年度だけで、以後はどちらかが不振に陥っている。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たセゾングループ

    販売においては、1920年代より、日本への輸入が開始され、第二次世界大戦前までは八洲自動車が輸入するクライスラーやデ・ソートが上流階級や富裕層に、安全自動車が輸入したダッジや、やはり八洲が扱ったプリムスがタクシー等に愛用されていた。その後は国際興業や麻布自動車等、幾つかのインポーターの変遷を経て1988年、セゾングループ(当時)の大沢商会との共同出資で、日本法人「クライスラージャパンセールス」が設立された。1990年には本田技研工業と販売提携を結び、ホンダ販売店にて「ジープ」車の販売を始めた(1997年に提携終了)。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見た西武自動車販売

    1990年代の輸入車ブームになると、日本でのビジネスにいよいよ本腰を入れ始めた。1995年、クライスラーがセゾングループ側の出資株を全て買い取り、西武自動車販売を吸収合併、クライスラー100%出資の新生「クライスラージャパンセールス」として再スタート。独自での日本販売網を構築した。また、ビッグスリーの中で最も右ハンドル車の販売に積極的であり、現在日本で販売されている車種の多くが右ハンドルのみの設定となっている。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たルーツ・グループ

    この頃、クライスラーを率いていたリン・タウンゼンド(Lynn Townsend)の元で1960年代初めには、まずスペインの商業車メーカー、バレイロスの経営権を掌握、続いて1963年にフランスのシムカを強硬な資本介入で乗っ取り、さらに1967年にはイギリスのルーツ・グループを買収し、これら3社を「クライスラー・ヨーロッパ」として組織し、フルラインナップでの展開を行った(これらは1981年にPSA・プジョーシトロエンへ売却)。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見た子会社

    しかし、アイアコッカの就任後より開発を進め、1980年に早くも発売を開始した小型車、「Kカー」シリーズの導入と、前輪駆動化や全ラインナップにわたる小型化の推進、1984年のミニバンの発売、肥大化した組織の見直し、海外拠点や子会社を含む不採算部門の売却や閉鎖、などの大々的な改革を行った結果、1980年代半ばには、数年前までは倒産寸前だった同社を完全に立て直すことに成功し、1987年には黒字化を達成した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たシュタイア・ダイムラー・プフ

    1990年代にはオーストリアのシュタイア・プフ(現マグナ・シュタイアー)がチェロキーとグランドチェロキー(2代目・WJ以降)の生産を開始し、再びヨーロッパ市場に進出した。ちなみに、三菱自動車はギャランΣやエテルナΣ、デボネアなどの中型車に搭載していたサイクロンV6を供給した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見た大沢商会

    販売においては、1920年代より、日本への輸入が開始され、第二次世界大戦前までは八洲自動車が輸入するクライスラーやデ・ソートが上流階級や富裕層に、安全自動車が輸入したダッジや、やはり八洲が扱ったプリムスがタクシー等に愛用されていた。その後は国際興業や麻布自動車等、幾つかのインポーターの変遷を経て1988年、セゾングループ(当時)の大沢商会との共同出資で、日本法人「クライスラージャパンセールス」が設立された。1990年には本田技研工業と販売提携を結び、ホンダ販売店にて「ジープ」車の販売を始めた(1997年に提携終了)。クライスラー フレッシュアイペディアより)

118件中 41 - 50件表示

「クライスラー」のニューストピックワード