118件中 61 - 70件表示
  • クライスラー

    クライスラーから見たピックアップトラック

    「ダッジ」は、個性的なセダンやミニバンのラインアップも有する。ダッジから切り離された「ラム」では、クライスラーの売り上げの原動力となってきたピックアップトラックが主力となっている。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たジープ・チェロキー

    しかし、同社の販売網を組み込むことでアメリカ国内の販売力が拡充した上、ジープ・チェロキー(2代目・XJ)が予想外のヒットとなるなど、同社が展開していた「ジープ」ブランドの各車は、その後クライスラーに大きな売り上げをもたらすことになる。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見た三菱・デボネア

    1990年代にはオーストリアのシュタイア・プフ(現マグナ・シュタイアー)がチェロキーとグランドチェロキー(2代目・WJ以降)の生産を開始し、再びヨーロッパ市場に進出した。ちなみに、三菱自動車はギャランΣやエテルナΣ、デボネアなどの中型車に搭載していたサイクロンV6を供給した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見た貨物自動車

    これらに先立つ1960年には、オーストラリアに生産拠点を設けた(のちに日本の三菱自動車に売却)他、既に現地で生産を行っていたシムカの設備を利用してブラジルでもトラックを含むフルラインナップの生産を開始するなど(1980年にドイツのフォルクスワーゲンに売却)、本格的な世界進出を開始した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たPTクルーザー

    クライスラー・グループに関しては一時、「PTクルーザー」や「300C」などの予想外の好調な販売に助けられた時期があったものの、中・大型車中心のラインアップが災いして、イラク戦争後の深刻な原油高の影響で再び業績低迷に陥った。2006年決算では営業損益の赤字が11億1800万ユーロ(約1770億円)に達した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たクライスラー・イプシロン

    イプシロン(右ハンドル圏のみ)クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見た小型自動車

    しかし、アイアコッカの就任後より開発を進め、1980年に早くも発売を開始した小型車、「Kカー」シリーズの導入と、前輪駆動化や全ラインナップにわたる小型化の推進、1984年のミニバンの発売、肥大化した組織の見直し、海外拠点や子会社を含む不採算部門の売却や閉鎖、などの大々的な改革を行った結果、1980年代半ばには、数年前までは倒産寸前だった同社を完全に立て直すことに成功し、1987年には黒字化を達成した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たマッスルカー

    1950年代に「ヘミエンジン」と呼ばれる高性能エンジンを導入し、NASCARなどのアメリカ国内のモータースポーツに積極的に参加。マッスルカーの流行につれ、これらの車はMopar(モパー/モゥパー)の愛称で親しまれ、クライスラーブランドの高性能なイメージを市場に植えつけることに成功した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たジープ・グランドチェロキー

    1990年代にはオーストリアのシュタイア・プフ(現マグナ・シュタイアー)がチェロキーとグランドチェロキー(2代目・WJ以降)の生産を開始し、再びヨーロッパ市場に進出した。ちなみに、三菱自動車はギャランΣやエテルナΣ、デボネアなどの中型車に搭載していたサイクロンV6を供給した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見た三菱・エテルナΣ

    1990年代にはオーストリアのシュタイア・プフ(現マグナ・シュタイアー)がチェロキーとグランドチェロキー(2代目・WJ以降)の生産を開始し、再びヨーロッパ市場に進出した。ちなみに、三菱自動車はギャランΣやエテルナΣ、デボネアなどの中型車に搭載していたサイクロンV6を供給した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

118件中 61 - 70件表示

「クライスラー」のニューストピックワード