127件中 81 - 90件表示
  • クライスラー

    クライスラーから見た担保

    クライスラー経営陣、全米自動車労働組合(UAW)、フィアット、債権者団などの間で、有担保債務(工場や不動産等)69億ドルの圧縮、医療保険基金への支払い義務の106億ドル削減などの交渉が続けられたが、債権者団のうち少数の中堅ヘッジファンドなどが最後まで条件を受け入れなかったため、交渉は時間切れとなった。その中で、クライスラーとフィアットの提携交渉はまとまった。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たアルゼンチン

    その後、イタリア系のアイアコッカの指示のもとで、アイアコッカの友人でアルゼンチン系イタリア人のアレッサンドロ・デ・トマソが経営するイタリアの高級車メーカー・マセラティとも提携し、1988年には共同開発した高級2シーター車「TC」を少数生産した。また同時期にはイタリアの高級自動車メーカーであるランボルギーニを買収した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見た安全自動車

    販売においては、1920年代より、日本への輸入が開始され、第二次世界大戦前までは八洲自動車が輸入するクライスラーやデ・ソートが上流階級や富裕層に、安全自動車が輸入したダッジや、やはり八洲が扱ったプリムスがタクシーなどに愛用されていた。その後は国際興業や麻布自動車等、幾つかのインポーターの変遷を経て1988年、セゾングループ(当時)の大沢商会との共同出資で、日本法人「クライスラージャパンセールス」が設立された。1990年には本田技研工業と販売提携を結び、ホンダ販売店にて「ジープ」車の販売を始めた(1997年に提携終了)。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たビッグスリー

    クライスラーの歴史は、1925年にウォルター・クライスラーが設立したクライスラーコーポレーション(Chrysler Corporation)から始まった。クライスラーは、永年、自動車産業のビッグスリーと賞賛されたが、アメリカの金融危機を発端とした世界的な不況の影響から2009年4月30日に連邦倒産法第11章の適用申請を行うに至る。同年6月10日法的手続きが完了。約1か月というスピードで再建した。現在ではフィアットの傘下に入っている。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たデューセンバーグ

    設立後よりフレデリック・ジーダー(Frederick Zeeder)らの有能な技術者を擁し、クライスラーは技術面でGMやフォードに先んじた姿勢を取っていた。超高級車のデューセンバーグ以外に先例がなく量産車では最初となった4輪油圧ブレーキシステム導入をはじめ、車体メーカーのバッドとの協力による木骨を使わない全鋼製ボディ採用、「フローティングパワー」と呼ばれる新方式のエンジンマウント(一般にはフローティングマウントと呼ばれる)、エンジン位置を従前より前進配置させて直進性を高める「アンダーステア型」の重量配分、油圧式パワーステアリングなど、1920年代後期から1950年代までにクライスラーが他社に先駆けて導入・実現した重要な新技術は非常に多く、これに多くのメーカーが追随している。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たプリムス (自動車)

    その後、1928年に「プリムス」と上級車種を擁する「デソート」ブランドを設立、翌1929年にはダッジ・ブラザーズ社を買収してラインナップを充実させ、GMとフォードに次ぐアメリカのビッグ3のひとつに成長する。またこの頃よりヨーロッパや日本への輸出を積極的に行い、その販路を拡大した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見た債権

    クライスラー経営陣、全米自動車労働組合(UAW)、フィアット、債権者団などの間で、有担保債務(工場や不動産等)69億ドルの圧縮、医療保険基金への支払い義務の106億ドル削減などの交渉が続けられたが、債権者団のうち少数の中堅ヘッジファンドなどが最後まで条件を受け入れなかったため、交渉は時間切れとなった。その中で、クライスラーとフィアットの提携交渉はまとまった。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たNASCAR

    1950年代に「ヘミエンジン」と呼ばれる高性能エンジンを導入し、NASCARなどのアメリカ国内のモータースポーツに積極的に参加。マッスルカーの流行につれ、これらの車はMopar(モパー/モゥパー)の愛称で親しまれ、クライスラーブランドの高性能なイメージを市場に植えつけることに成功した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たアメリカ合衆国連邦政府

    破産法手続により、大株主サーベラスが保有する株式は事実上失効し、新たな持ち株比率は、全米自動車労働組合(UWA)が55%、フィアットが20%、アメリカ政府が8%、カナダ政府が2%となった。フィアットは将来的に持ち株比率を35%まで引き上げることが可能で、さらに、アメリカ政府から受けた公的資金を完済すれば、発行済み株式の最大51%を取得して子会社化できる条項も盛り込まれた。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見た軍用車両

    1930年代には戦車や、ウエポンキャリアなど軍用車両の製造にも進出した。以後軍用車部門は同社の収益の多くをあげる重要部門に成長し、アメリカも1941年12月より参戦した第二次世界大戦中は、戦争特需で同社の経営の安定に大いに貢献した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

127件中 81 - 90件表示

「クライスラー」のニューストピックワード