クラゲ ニュース&Wiki etc.

クラゲ(水母、海月、水月)は、刺胞動物門に属する動物のうち、淡水または海水中に生息し浮遊生活をする種の総称。体がゼラチン質で、普通は触手を持って捕食生活をしている。また、それに似たものもそう呼ぶこともある。 (出典:Wikipedia)

「クラゲ」Q&A

  • Q&A

    昨日4/22に友人宅の竹林の横で見つけたのですが、この画像の植物はキクラゲでしょうか…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年4月23日 19:11

  • Q&A

    海で何かの卵のようなクラゲのようなものを見つけたのですが正体がわかりません。 中に…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年4月22日 03:00

  • Q&A

    魚もクラゲに刺されますか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年4月20日 19:49

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「クラゲ」のつながり調べ

  • 日本

    日本から見たクラゲ

    四方を海に囲まれ、漁業が特に盛んであり、利用される魚介類も実に多い。ナマコ、ホヤ、クラゲなどの世界的に珍しい物をも含めて多様な海産動物を利用し、コンブなどの海藻も重要な位置を占める。ただ、近年は魚介類も海外から輸入するケースが増えている。調理法も多様で、寿司・刺身による生食も広く行われる。(日本 フレッシュアイペディアより)

  • カラスエイ

    カラスエイから見たクラゲ

    活発な捕食者であり、獲物を胸鰭で包み込んでから口に運ぶ。滑らかな獲物を捉えて切断するため、アカエイ類には珍しく鋭く尖った歯を持つ。餌の種類は多様であり、端脚類・オキアミ・カニの幼生などの甲殻類、イカ・タコ・翼足類などの軟体動物、ニシン・サバ・タツノオトシゴ・カワハギなどの魚類、クシクラゲ、クラゲ、多毛類などを食べる。11-4月のカリフォルニア沖では、繁殖のために集まった大量のイカを捕食する。1-2月のブラジル沖では、小魚に引き寄せられて沿岸に集まったタチウオの群れを捕食する。幼体は1日に体重の6-7%の餌を消費するが、成体では1%程度になる。(カラスエイ フレッシュアイペディアより)

「クラゲ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ