前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
285件中 1 - 10件表示
  • 刺胞動物

    刺胞動物から見たクラゲクラゲ

    クラゲやイソギンチャク、ウミトサカ、ウミエラ、サンゴなどが刺胞動物に属する。かつては有櫛動物(クシクラゲ類)と共に腔腸動物門として分類されていたが、有櫛動物は刺胞動物とは体制が大きく異なることから、現在では異なる門として整理されている。刺胞動物は先カンブリア期の地層に既に、化石として姿をとどめている。刺胞動物 フレッシュアイペディアより)

  • オーシャンハンター

    オーシャンハンターから見たクラゲクラゲ

    地図では北極海の設定。カルキノスの犠牲になったと思しきクジラの死体を食い破って襲ってくるウナギ(ヤツメウナギ若しくはヌタウナギと思われる)やそこら中に漂うクラゲが襲ってくる。水温のせいかサメは全くいない。オーシャンハンター フレッシュアイペディアより)

  • エレクトリックファン

    エレクトリックファンから見たクラゲクラゲ

    本種のような刺胞動物型戦艦には、クラゲモチーフの3種類が存在する。エレクトリックファン フレッシュアイペディアより)

  • エボシダイ科

    エボシダイ科から見たクラゲクラゲ

    エボシダイ科(学名:Nomeidae)は、スズキ目イボダイ亜目に所属する魚類の分類群の一つ。未成魚がクラゲや流れ藻に付いて浮遊生活を送ることで知られるグループで、エボシダイ・ハナビラウオなど3属16種が認められている。科名 Nomeidae はタイプ属 Nomeus に由来するが、これはギリシア語「nomeys(羊飼い)」に由来する。エボシダイ科 フレッシュアイペディアより)

  • メトロイド (架空の生物)

    メトロイド (架空の生物)から見たクラゲクラゲ

    一般的に『メトロイド』とは、透明な緑色の皮膜に赤い核、4本の下アゴを持つクラゲの様な容姿を示す。常に空中を浮遊しながら、他の生命体に密接して、生命エネルギーを吸収し、「浮遊生命体」とも呼ばれる。β線を照射するだけで分裂・増殖(クローン)する特性を持つ。また、活動環境や様々な外部要因によって成長・変態を行う。メトロイド (架空の生物) フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの動物相

    オーストラリアの動物相から見たクラゲクラゲ

    ''(オーストラリアのどうぶつそう、)は、膨大な種類の固有の動物群で構成される。オーストラリア大陸に分布する哺乳類の83%、爬虫類の89%、魚類の90%、昆虫類の90%、両生類の93%は固有種である。この高い水準を持つオーストラリアの動物の固有性は、大陸の長い期間の地理的隔離、地殻構造上の安定性、地質年代を超えた土壌と植物相上の風変わりなパターンに起因しているといえる。オーストラリアの動物相の独特の特徴は、オーストラリア以外で主要なニッチを占める胎盤を持つ哺乳類(有胎盤類)との相対的な希少性である。つまりカンガルー類やコアラ、ポッサムが属するカンガルー目、そしてタスマニアデビルが属するフクロネコ目のように有袋類―育児嚢で未熟な乳仔を育てる一群の哺乳類―がニッチの多くを占める。オーストラリアは単孔類(カモノハシ目)の5つの現存している種のうちの2つの生息地である。また多数の有毒な種、たとえばカモノハシの他、クモ、サソリ、ヒョウモンダコなどの軟体動物、クラゲ、オニダルマオコゼとアカエイ科などが分布している。オーストラリアは他の地域と比べて有毒ヘビが無毒ヘビより多い。オーストラリアの動物相 フレッシュアイペディアより)

  • キンベレラ

    キンベレラから見たクラゲクラゲ

    オーストラリアのエディアカラの丘で最初に発見された。最近の調査では白海地域で大量に発見されており、年代は5億5800万年前-5億5500万年前と推定されている。他のエディアカラ生物群のように、その系統的位置は議論の的となっている。最初はクラゲとされたが、歯舌で引っ掻いた痕のような生痕化石が発見されたことで、現在はおそらく軟体動物とされている。キンベレラ フレッシュアイペディアより)

  • ピュテアス

    ピュテアスから見たクラゲクラゲ

    "marine lung" (pleumōn thalattios) とはクラゲを意味するとみられ、古代人が sea-lung と呼んだ種類のクラゲと思われる。sea-lung についてはアリストテレスが『動物部分論』4巻5節で、感覚がなく漂う生物だと記している。アリストテレスが指している生物が何かは特定できていないが、大プリニウスは pulmones について感覚を持たない海洋生物の種類だとし、特に halipleumon ("salt-water lung") を挙げている。アリストテレスの著作を翻訳し注釈を添えた William Ogle がそれを sea-lung とし、刺胞動物の一種のクラゲで移動に際して肺のように膨張と収縮を繰り返すとしている。流氷は水に浮かぶ円形の板のようであり、英語では "pancake ice" とも呼ぶ。ピュテアス フレッシュアイペディアより)

  • クラゲ (体制)

    クラゲ (体制)から見たクラゲクラゲ

    クラゲというのは、浮遊性の刺胞動物門の動物、あるいはそれに類似した動物をも含める名称であるが、刺胞動物門の動物に見られる主要な体制の一つのことでもある。本稿ではこれについて述べる。生物としてのクラゲについてはクラゲの項を参照。クラゲ (体制) フレッシュアイペディアより)

  • オサガメ

    オサガメから見たクラゲクラゲ

    骨格が薄く、弾力があるのは水圧を分散し、脳や内臓へのダメージを避けるための適応であろう。この潜水は、朝方に深く、夕刻には浅くなる傾向がある。これは、餌となるクラゲの生態と関係があるといわれる。ただし、暗い深海においていかなる方法でクラゲを捕らえるのかは判明していない。また、遊泳速度も最高で時速24kmとウミガメとしては最速。その活発な行動故か、性質も荒い。オサガメ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
285件中 1 - 10件表示

「クラゲ」のニューストピックワード