前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
356件中 1 - 10件表示
  • 刺胞動物

    刺胞動物から見たクラゲクラゲ

    クラゲやイソギンチャク、ウミトサカ、ウミエラ、サンゴなどが刺胞動物に属する。かつては有櫛動物(クシクラゲ類)と共に腔腸動物門として分類されていたが、有櫛動物は刺胞動物とは体制が大きく異なることから、現在では異なる門として整理されている。刺胞動物は先カンブリ紀の地層に既に、化石として姿をとどめている。刺胞動物 フレッシュアイペディアより)

  • オーシャンハンター

    オーシャンハンターから見たクラゲクラゲ

    地図では北極海の設定。冒頭のムービーで、低温に耐えられるのは15分が限度だと云う事が分る。カルキノスの犠牲になったと思しきクジラの死体を食い破って襲ってくるウナギ(ヤツメウナギ若しくはヌタウナギと思われる)や無数に漂うクラゲが襲ってくる。水温のせいか、サメは登場しない。オーシャンハンター フレッシュアイペディアより)

  • バターフィッシュ

    バターフィッシュから見たクラゲクラゲ

    成魚はクラゲ・イカ・ヤムシ・甲殻類・多毛類などを食べる。寿命は3年程度。バターフィッシュ フレッシュアイペディアより)

  • クラゲ (体制)

    クラゲ (体制)から見たクラゲクラゲ

    クラゲというのは、浮遊性の刺胞動物門の動物、あるいはそれに類似した動物をも含める名称であるが、刺胞動物門の動物に見られる主要な体制の一つのことでもある。本稿ではこれについて述べる。生物としてのクラゲについてはクラゲの項を参照。クラゲ (体制) フレッシュアイペディアより)

  • エボシダイ科

    エボシダイ科から見たクラゲクラゲ

    エボシダイ科(学名:)は、スズキ目イボダイ亜目に所属する魚類の分類群の一つ。未成魚がクラゲや流れ藻に付いて浮遊生活を送ることで知られるグループで、エボシダイ・ハナビラウオなど3属16種が所属する。科名(模式属名 Nomeus)の由来は、ギリシア語の「nomeys(羊飼い)」から。エボシダイ科 フレッシュアイペディアより)

  • キンベレラ

    キンベレラから見たクラゲクラゲ

    オーストラリアのエディアカラの丘で最初に発見された。最近の調査では白海地域で大量に発見されており、年代は5億5800万年前-5億5500万年前と推定されている。他のエディアカラ生物群のように、その系統的位置は議論の的となっている。最初はクラゲとされたが、歯舌で引っ掻いた痕のような生痕化石が発見されたことで、現在はおそらく軟体動物とされている。キンベレラ フレッシュアイペディアより)

  • 京都水族館

    京都水族館から見たクラゲクラゲ

    頭足類(イカ、タコ、オウムガイ)やクラゲに代表される無脊椎動物をテーマにした水槽。甲殻類(エビやカニ)も飼育展示している。タコの種類はミズダコなど。クラゲの種類は主としてミズクラゲ。京都水族館 フレッシュアイペディアより)

  • スポンジ・ボブのキャラクター

    スポンジ・ボブのキャラクターから見たクラゲクラゲ

    趣味はクラゲ獲りと空手と、シャボン玉。クラゲ獲りの時は、目を守るため黒縁の眼鏡をかける。空手はサンディから教わった。スポンジ・ボブのキャラクター フレッシュアイペディアより)

  • ピュテアス

    ピュテアスから見たクラゲクラゲ

    "marine lung" (pleumōn thalattios) とはクラゲを意味するとみられ、古代人が sea-lung と呼んだ種類のクラゲと思われる。sea-lung についてはアリストテレスが『動物部分論』4巻5節で、感覚がなく漂う生物だと記している。アリストテレスが指している生物が何かは特定できていないが、大プリニウスは pulmones について感覚を持たない海洋生物の種類だとし、特に halipleumon ("salt-water lung") を挙げている。アリストテレスの著作を翻訳し注釈を添えた William Ogle がそれを sea-lung とし、刺胞動物の一種のクラゲで移動に際して肺のように膨張と収縮を繰り返すとしている。流氷は水に浮かぶ円形の板のようであり、英語では "pancake ice" とも呼ぶ。ピュテアス フレッシュアイペディアより)

  • プランクトン

    プランクトンから見たクラゲクラゲ

    プランクトンとは、浮遊生物のことであり、水中を漂って生活する生物を指す言葉である。ケイソウや小型甲殻類、クラゲ、魚類の幼生など、様々な分類群に属する生物を含む。遊泳能力を全く持たないか、あるいは遊泳能力があっても水流に逆らう力が軽微であったり比較的小型の生物であるため結果的に漂うことになる生物が大部分である。プランクトン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
356件中 1 - 10件表示

「クラゲ」のニューストピックワード