356件中 121 - 130件表示
  • 神経系

    神経系から見たクラゲクラゲ

    散在神経系 - クラゲなどの腔腸動物では神経細胞(上皮筋細胞)が体表にあり、分散型のネットワークを形成する。中枢神経が分化しない。神経系 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・トライアスロン

    ザ・トライアスロンから見たクラゲクラゲ

    縦スクロール画面。十字ボタンで方向決定し(なおこれは全競技共通)Bボタン連打で泳ぎだし、Aボタンで息継ぎ(スタミナを回復できる)。なお泳がない状態では海流によってあらぬ方向に移動させられてしまう上、溺れてゲームオーバーに。海中のクラゲに触ったり、渦潮に巻き込まれるとスピードダウン・スタミナダウン(最悪の場合はスタミナ0になりゲームオーバー)になってしまう。ザ・トライアスロン フレッシュアイペディアより)

  • 温泉マーク

    温泉マークから見たクラゲクラゲ

    明治時代から公衆浴場や旅館、赤線などの施設を示す記号として使用されていた。また、クラゲを上下逆にしたような形状であることから、隠語としてさかさくらげとも呼ばれ、連れ込み旅館やラブホテルを意味する。温泉マーク フレッシュアイペディアより)

  • 古動物学

    古動物学から見たクラゲクラゲ

    最も有名な化石は恐竜のものかもしれない。他にも動物の化石としては、三葉虫、甲殻類、棘皮動物、腕足動物、軟体動物、硬骨魚綱、サメやその他の脊椎動物の歯、無脊椎動物の殻等がある。骨、歯、殻等の固い有機物の部分は腐朽しにくいため、化石では良く保存される。クラゲ、扁形動物、線形動物、昆虫等の専ら柔らかい組織のみで構成されている動物は滅多に化石化しない。古動物学 フレッシュアイペディアより)

  • ヤリマンボウ

    ヤリマンボウから見たクラゲクラゲ

    若魚はプランクトンや海綿動物、成魚はクラゲやオキアミ、小魚などを食べる。本種の体表面や、頬の内部には時たまコバンザメが付いている。1949年にはノースカロライナで、右鰓弓の内部にコバンザメが入った状態の本種が発見された。コバンザメがその個体の呼吸を阻害したために、砂浜に打ち上げられたところを地元の漁師が発見したのである。ヤリマンボウ フレッシュアイペディアより)

  • シクロメデューサ

    シクロメデューサから見たクラゲクラゲ

    シクロメデューサ (Cyclomedusa、キクロメデューサとも) は、先カンブリア時代エディアカラ紀に繁栄したエディアカラ生物群に含まれる生物の一種。円形で表面に同心円・放射状の構造を持ち、クラゲのような外形で、動物にも植物にも属さない、特異な生物と考えられている。クラゲの化石では円周側の筋肉が収縮したためにできた同心円状の構造と、中心部に消化管(この生物は消化管が外にあるという形質を持つ)の痕跡が放射状に見られるが、シクロメデューサの化石にはそれが伺われないことがクラゲとの違いとして挙げられる。シクロメデューサ フレッシュアイペディアより)

  • クロアジモドキ

    クロアジモドキから見たクラゲクラゲ

    肉食魚であり、歯が小さいために小型の甲殻類やクラゲ、底生生物などを捕食する。インド西岸で行われた研究では、大型の動物プランクトンを主に捕食していた。特にサルパが最も重要な捕食対象で、次いでエビ類が捕食対象としては多く、その他の甲殻類やクラゲ、コウイカ、多毛類もごくわずかに捕食していた。中でも大型個体はサルパを好み、小型の個体はそれよりもエビやシャコを好むという。一方クウェートで行われた研究では、カニのゾエアやカイアシ類を主に捕食し、魚の卵や鱗、植物プランクトンも捕食することが分かった。本種は何種かの寄生虫に寄生されることがある。1979年には、パキスタン、カラチ沖で捕獲された本種の腸から、線形動物門の新種の寄生虫が報告され、本種の属名に因んでRhabdochona parastromatei と命名された。インド、パランギペーッタイ沖で行われた研究では、ワラジムシ目ウオノエ科の寄生虫、ウオノエ(Cymothoa eremita )が好んで本種の口腔に寄生すること、そして宿主であるクロアジモドキが大型であるほど寄生しているウオノエも大型であることが分かった。幼魚はクラゲのそばにいるのがみられることがある。クロアジモドキ フレッシュアイペディアより)

  • 標本 (分類学)

    標本 (分類学)から見たクラゲクラゲ

    上記の方法の中で、柔らかい生物は標本作製の処理の際に崩壊する危険がある。付属肢や突起が脱落するのはまだましな方で、ひどい場合には全身がくずれたりとろけたりする。クラゲ類、特にクシクラゲ類は保存が難しいので有名である。これらの生物では、生体観察による記録が唯一の手掛かり、という例も少なくない。これらの分野では、写真撮影技術が偉大な福音とも言える面がある。細胞壁をもたない単細胞生物も同様の例である。標本 (分類学) フレッシュアイペディアより)

  • ウラシマクラゲ

    ウラシマクラゲから見たクラゲクラゲ

    ウラシマクラゲ(浦島水母 Urashimea globosa)は、日本沿岸の本州中部以北から北海道及び中国沿岸にかけて生息するヒドロ虫綱に属するクラゲ様の無脊椎動物。出現時期は早春に関東、夏に北海道、秋から初冬にかけて東北日本海側。ウラシマクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • 城のある町にて

    城のある町にてから見た水母クラゲ

    それは、夜景の遠くかすかに見えた星水母のような花火の美しさと、たまたま隣に来た少年たちの会話だった。花火を見て、「花は」と1人が訊くと、誰かが「Flora」と答えた。峻はその「Flower」とは言わなかった子供とパノラマが、どんな手品師も叶わない素晴らしい手品だったと思った。城のある町にて フレッシュアイペディアより)

356件中 121 - 130件表示

「クラゲ」のニューストピックワード