285件中 11 - 20件表示
  • ニシマナガツオ

    ニシマナガツオから見たクラゲクラゲ

    成魚はクラゲ・イカ・ヤムシ・甲殻類・多毛類などを食べる。寿命は3年程度。ニシマナガツオ フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡市立加茂水族館

    鶴岡市立加茂水族館から見たクラゲクラゲ

    鶴岡市立加茂水族館(つるおかしりつ かもすいぞくかん)は、山形県鶴岡市にある市立の水族館である。同館は加茂港付近の日本海に面した断崖絶壁に建っている。クラゲ展示種類数世界一(35種類以上の常時展示)を誇るほか、ウミネコの餌付けショーも行っている。鶴岡市立加茂水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 京都水族館

    京都水族館から見たクラゲクラゲ

    頭足類(イカ、タコ、オウムガイ)やクラゲに代表される無脊椎動物をテーマにした水槽。甲殻類(エビやカニ)も飼育展示している。タコの種類はミズダコなど。クラゲの種類は主としてミズクラゲ。京都水族館 フレッシュアイペディアより)

  • プランクトン

    プランクトンから見たクラゲクラゲ

    プランクトンとは、浮遊生物のことであり、水中を漂って生活する生物を指す言葉である。ケイソウや小型甲殻類、クラゲ、魚類の幼生など、様々な分類群に属する生物を含む。遊泳能力を全く持たないか、あるいは遊泳能力があっても水流に逆らう力が軽微であったり比較的小型の生物であるため結果的に漂うことになる生物が大部分である。プランクトン フレッシュアイペディアより)

  • スポンジ・ボブ

    スポンジ・ボブから見たクラゲクラゲ

    趣味はクラゲ獲りと空手と、シャボン玉。クラゲ獲りのときは、目を守るため黒縁の眼鏡をかける。空手はサンディから教わった。スポンジ・ボブ フレッシュアイペディアより)

  • 有櫛動物

    有櫛動物から見たクラゲクラゲ

    有櫛動物(ゆうしつどうぶつ、学名:)は、クラゲ的な動物を含む動物の分類群の1つである。クシクラゲ類とも呼ばれる。有櫛動物 フレッシュアイペディアより)

  • メルクリア 〜水の都に恋の花束を〜

    メルクリア 〜水の都に恋の花束を〜から見たクラゲクラゲ

    インブルーリア王家に仕える水の妖精。クラゲのような姿をしている。リアに対してはとても腰が低いが、ワタルへの態度は悪く、しょっちゅう悪態をつく。一人称は「あっし」だが、ワタルの前では「オレ」になる。「メドくん」と呼ばれているが、性別は女。メルクリア 〜水の都に恋の花束を〜 フレッシュアイペディアより)

  • カラーメダカ

    カラーメダカから見たクラゲクラゲ

    この種類のメダカは台湾、香港で作出されたメダカでパステルカラーの緑色、銀色、金色等の色がある。これらには発光するクラゲの一種であるオワンクラゲのDNAを遺伝子組み換えにより、暗い場所等では光る。現在はカルタヘナ法により輸入、輸出共に禁止されている。カラーメダカ フレッシュアイペディアより)

  • ハネウミヒドラ

    ハネウミヒドラから見たクラゲクラゲ

    有性生殖は独立したクラゲを形成して行われる。水母芽は糸状触手の列のすぐ内側にできて、成熟すると切り離される。独立したクラゲはコップ状で、単純な水管と触手瘤があるが、それ以上には発達せず、ごく短命である。なお、水母芽が独立せず、そのまま生殖を行う場合もある。ハネウミヒドラ フレッシュアイペディアより)

  • ヘリオメドゥーサ

    ヘリオメドゥーサから見たクラゲクラゲ

    メデューサとはクラゲのことであり、この種は当初はクラゲと考えられていた。これは、全体の形がほぼ円形で、放射状のパターンが見られ、周辺の剛毛が触手と判断されたためである。しかしコンウェイ・モリスらが腕足類であることを指摘し、現在では触手冠なども確認され、腕足類であることは疑いないものとされている。ヘリオメドゥーサ フレッシュアイペディアより)

285件中 11 - 20件表示

「クラゲ」のニューストピックワード