356件中 21 - 30件表示
  • 海月姫

    海月姫から見たクラゲクラゲ

    イラストレーターを志して上京したクラゲオタクの月海(つきみ)が住むのは、風呂・トイレ共同、男子禁制の昭和レトロな外観のアパート「天水館(あまみずかん)」。住人は全員腐女子で、みな実家からの仕送りのみで生計を立てるニートである。天水館に住む資格として「オシャレ人間は天敵」「人生に男を必要としない」などというモットーを立て更には自分達を“尼〜ず”と称し、外部との接触を避けてまったりと楽しいぬるま湯のような日々を送っていた。海月姫 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの動物相

    オーストラリアの動物相から見たクラゲクラゲ

    オーストラリアの動物相(オーストラリアのどうぶつそう、)は、膨大な種類の固有の動物群で構成される。オーストラリア大陸に分布する哺乳類の83%、爬虫類の89%、魚類の90%、昆虫類の90%、両生類の93%は固有種である。この高い水準を持つオーストラリアの動物の固有性は、大陸の長い期間の地理的隔離、地殻構造上の安定性、地質年代を超えた土壌と植物相上の風変わりなパターンに起因しているといえる。オーストラリアの動物相の独特の特徴は、オーストラリア以外で主要なニッチを占める胎盤を持つ哺乳類(有胎盤類)との相対的な希少性である。つまりカンガルー類やコアラ、ポッサムが属する双前歯目、そしてタスマニアデビルが属するフクロネコ目のように有袋類―育児嚢で未熟な乳仔を育てる一群の哺乳類―がニッチの多くを占める。オーストラリアは単孔類(カモノハシ目)の5つの現存している種のうちの2つの生息地である。また多数の有毒な種、たとえばカモノハシの他、クモ、サソリ、ヒョウモンダコなどの軟体動物、クラゲ、オニダルマオコゼとアカエイ科などが分布している。オーストラリアは他の地域と比べて有毒ヘビが無毒ヘビより多い。オーストラリアの動物相 フレッシュアイペディアより)

  • 田中あいみ

    田中あいみから見たクラゲクラゲ

    クラゲ、サメ、ペンギンが好きで水族館へ見に行くことがある。好きなクラゲはカブトクラゲ、ベニクラゲ、中でも一押しはコティロリーザ・ツベルクラータでありその理由は名前がカッコいいからである。同理由でドイツ語、ギリシャ語でボールペンを意味するクーゲルシュライバー、スティロ・ディアルキアスも好きである。田中あいみ フレッシュアイペディアより)

  • ひめなカメナ

    ひめなカメナから見たクラゲクラゲ

    巨大なクラゲ。ゼリゲというポリプから分かれたうちの一つ。増えすぎた兄弟の口減らしのために丁稚奉公に出るが落ちぶれてしがない派遣の刺客屋になる。夢は固体による原子力発電所の停止。べまによって倒される。ひめなカメナ フレッシュアイペディアより)

  • CRマーメイドザブーン

    CRマーメイドザブーンから見たクラゲクラゲ

    リーチがかかった直後にクラゲの群集が出現する場合がある。信頼度少々アップ程度。CRマーメイドザブーン フレッシュアイペディアより)

  • 海月志穂子

    海月志穂子から見た海月クラゲ

    海月 志穂子(みづき しおこ)は、日本の漫画家。自画像は海月海月志穂子 フレッシュアイペディアより)

  • ドボガン天国

    ドボガン天国から見たクラゲクラゲ

    「ドボガン」がオープンした時からの店員で、魚類担当。プライベートではバス釣りに行くほどの魚好き(但し、クラゲは過去に刺されたことがあるため苦手)。さかなクンを師と仰いでいる。ドボガン天国 フレッシュアイペディアより)

  • アクチヌラ

    アクチヌラから見たクラゲクラゲ

    刺胞動物は二胚葉性の動物群で、クラゲやイソギンチャクが代表例である。その体制は共通だが、具体的な形では大きく二つの形がある。一つは固着性の生活をするもので、ポリプといってイソギンチャクがその例である。他方、浮遊生活を送る型がクラゲであり、クラゲがその例に上がる。アクチヌラ フレッシュアイペディアより)

  • 生殖

    生殖から見たクラゲクラゲ

    単一の種が、世代において有性と無性の異なる生殖法を行う事を世代交代または世代交番と言う。これは規則的なものと不規則なものがあり、ある種の植物・動物双方で見られる。植物では菌類や藻類およびコケ・シダ類など、動物ではワムシやアリマキおよびクラゲなどが行う。各世代において核相が一定な場合と異なる場合があり、前者の例はミズクラゲ、後者の例にはコンブがあげられる。生殖 フレッシュアイペディアより)

  • 触手

    触手から見たクラゲクラゲ

    刺胞動物は、その名の由来である刺胞を触手に持ち、それを使って小動物に毒を注入し、餌とする。刺胞動物の体の形は、大きく分けて二つあり、一つは定着性のポリプで、イソギンチャクなどがこれに当たる。もう一つは浮遊性のクラゲである。触手 フレッシュアイペディアより)

356件中 21 - 30件表示

「クラゲ」のニューストピックワード