285件中 31 - 40件表示
  • パイナガマビーチ

    パイナガマビーチから見たクラゲクラゲ

    かつては、東洋一の砂浜と謳われたが、旧平良市(平良港)の港湾開発が進むのと同時に、防波堤と平良市街地より流れ込む生活排水等により汚染が進んだ。また、海流が急激に変わったことから、かつてあった砂浜は海流に流され移動してしまい、サンゴの死骸等の小石が散乱し、島内の他ビーチと比較すると海水浴場としてあまり良好な環境とは言いがたかった。クラゲが発生することや、台風のあとにサメが迷い込むこともあった。この状態は西暦1985年頃から2000年頃まで続いた。パイナガマビーチ フレッシュアイペディアより)

  • おキツネさまでChu

    おキツネさまでChuから見たクラゲクラゲ

    クラゲの悪霊に憑かれ、裸にスケスケのエプロンで調理実習をした。おキツネさまでChu フレッシュアイペディアより)

  • 標本 (分類学)

    標本 (分類学)から見たクラゲクラゲ

    上記の方法の中で、柔らかい生物は標本作製の処理の際に崩壊する危険がある。付属肢や突起が脱落するのはまだましな方で、ひどい場合には全身がくずれたりとろけたりする。クラゲ類、特にクシクラゲ類は保存が難しいので有名である。細胞壁をもたない単細胞生物も保存法が少ない。これらの生物では、生体観察による記録が唯一の手掛かり、という例も少なくない。これらの分野では、写真撮影技術が偉大な福音とも言える面がある。標本 (分類学) フレッシュアイペディアより)

  • テトラン (グラディウス)

    テトラン (グラディウス)から見たクラゲクラゲ

    時間が経つと背景奥に逃げた後、機体を回転させながら全ての触手を前部に移動させ、クラゲのような姿になり、本体からも、前部の内側にある2門の砲のうち、1門からレーザーを連射、続いて触手からもレーザーを乱射し、これを7サイクル行う。再び触手を伸ばし通常弾を発射し、本体からレーザーを出すが、しばらくするとコアを閉じ、触手を収納して戦線を離脱する。テトラン (グラディウス) フレッシュアイペディアより)

  • 生活史 (生物)

    生活史 (生物)から見たクラゲクラゲ

    魚類と無脊椎動物に関しては、生活史が未知であるものはかなり多い。これらの動物では、幼生が変態して成体になるものも多く、その場合には、その姿も異なり、生活の様子も全く異なる例がある。飼育などによって成長を追跡することも、分類群にもよるが容易ではない場合も多く、多くの努力を要する。また、幼生や成体が別個に発見されても、それらを結び付けるのは容易ではない。海産無脊椎動物では、幼生がプランクトンとして生活するものが多く、プランクトンネットによる採集で幼生が採集されたとしても、その成体を知るのは困難である。同様に、ヒドロ虫類のクラゲとポリプの関係なども、結びつけるのが困難な対象である。生活史 (生物) フレッシュアイペディアより)

  • 海月志穂子

    海月志穂子から見た海月クラゲ

    海月 志穂子(みづき しおこ)は、日本の漫画家。自画像は海月海月志穂子 フレッシュアイペディアより)

  • イボダイ亜目

    イボダイ亜目から見たクラゲクラゲ

    イボダイ亜目(学名:)は、スズキ目に所属する魚類の分類群の一つ。6科16属で構成され、イボダイ・エボシダイ・マナガツオなど70種が記載される。成長の過程において多くの種類が、クラゲや流れ藻に帯同した浮遊生活を送ることで知られている。イボダイ亜目 フレッシュアイペディアより)

  • いかす走り屋チーム天国

    いかす走り屋チーム天国から見たクラゲクラゲ

    クラゲ - もはやコース上を単に走っただけ。現在の29点以下に相当。いかす走り屋チーム天国 フレッシュアイペディアより)

  • NEO AQUARIUM -甲殻王-

    NEO AQUARIUM -甲殻王-から見たクラゲクラゲ

    このゲームの舞台となる海底には、自機と敵生物のほかに、クラゲやイソギンチャクなどの「小型生物」が存在する。これらは自機がハサミなどを持つ場合に掴んで持ち運ぶことができるほか、攻撃を加えたり、自機や敵の支配下として勢力を形成させることができる。自機を小型生物に近づけ、それらの頭上にダイヤ形(◆)の「マーカー」が見えるときCキーを押し続けると自機を中心に球状の「支配領域」が広がり、その球の中に入った小型生物のマーカーが青くなれば、その小型生物は自勢力として自機に追随したり、敵を妨害したりする。マーカーの赤い小型生物は、敵勢力として同様に機能する。NEO AQUARIUM -甲殻王- フレッシュアイペディアより)

  • 白蛇のナーガ

    白蛇のナーガから見たクラゲクラゲ

    魔道士としての実力は高く、外見や性格とは裏腹に高位の白魔術が使えたり、一度見た魔法を独学でものにしたりしているが、リナ曰く「手段のためには目的を選ばない」性格のせいかあまり有効活用していない。未完成のゴーレム生成魔法を後先考えずに使って町を半壊させることもある。よく使う魔法はゴーレム生成術や召喚術。攻撃呪文は氷系統を多用する。クラゲや木の根、青虫には本人曰く人望があるそうで自由自在に操ることができる。意外にも弱点は血が嫌いな事で、血を見ると気絶してしまう。外見に反して家庭的な一面も持っており、家事は万能でリナと互角以上の腕前である。各国の上流支配階級の事情や裏社会の情報などに妙に詳しい。妙なカリスマ性を持っており、その特異な姿や(本人としては深い意味のない)言動は本編や『すぺしゃる』作中で本人の知らない内に登場人物に深い影響を与えていたりもする。白蛇のナーガ フレッシュアイペディアより)

285件中 31 - 40件表示

「クラゲ」のニューストピックワード