356件中 31 - 40件表示
  • スキュポス

    スキュポスから見たクラゲクラゲ

    クラゲの分類名である「鉢虫綱 (Scyphozoa)」はスキュポスに形状が似ていることからこのように命名された。また、Sarcoscypha も形状からそのように命名されている。スキュポス フレッシュアイペディアより)

  • 褐虫藻

    褐虫藻から見たクラゲクラゲ

    代表的な宿主として、クラゲ、シャコ貝、イソギンチャク、造礁サンゴがあげられる。褐虫藻 フレッシュアイペディアより)

  • ヒラタウミガメ

    ヒラタウミガメから見たクラゲクラゲ

    胃の内容物の調査から、主にイカ、ナマコ、クラゲなどを食べると考えられている。しかし主に草食性で海草や海藻の類を食べるという文献1もある。ヒラタウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • 固着性

    固着性から見たクラゲクラゲ

    刺胞動物門 - サンゴ、イソギンチャク、ヒドラ、ポリプ(クラゲの幼生)固着性 フレッシュアイペディアより)

  • おキツネさまでChu

    おキツネさまでChuから見たクラゲクラゲ

    クラゲの悪霊に憑かれ、裸にスケスケのエプロンで調理実習をした。おキツネさまでChu フレッシュアイペディアより)

  • ビーチできゅ〜

    ビーチできゅ〜から見たクラゲクラゲ

    海月の名前は苗字も合わせると「8月のクラゲ」となり、盆過ぎに増えるクラゲからの発想と思われる。ビーチできゅ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 赤潮警報

    赤潮警報から見たクラゲクラゲ

    魚類(ウナギなど)、無顎類、貝類、頭足類(イカやタコなど)、棘皮動物(ウニやナマコなど)、甲殻類(エビやカニなど)のほか、ホヤやクラゲなどが対象。また、ノリ、コンブ、ワカメ、ヒジキ、アオサ、モズクなどの食用海藻も対象とする。食用のみならず、真珠の母貝などの非食用水産物も対象である。赤潮警報 フレッシュアイペディアより)

  • 濾過摂食

    濾過摂食から見たクラゲクラゲ

    触手を発達させるものも多い。ケヤリムシやカンザシゴカイなどの多毛類、フジツボなどの蔓脚類、テヅルモヅルなどがその例である。クラゲの触手もそれに近い働きを持つ。濾過摂食 フレッシュアイペディアより)

  • 間充ゲル

    間充ゲルから見たクラゲクラゲ

    間充ゲル(かんじゅうゲル、Mesoglea)は半透明で不活性なゼリー状の物質で、クラゲ、有櫛動物や、刺胞動物に属する一部の原始的な海洋性生物に見られる。陸上生物における骨や軟骨などと同様に、水中における生物の構造支持の役目を果たすが、間充ゲルは含水率が高いため、陸上では崩れてしまいがちである。間充ゲル フレッシュアイペディアより)

  • 腔腸動物

    腔腸動物から見たクラゲクラゲ

    腔腸動物(こうちょうどうぶつ、Coelenterata)とは、クラゲやサンゴ、イソギンチャクを含む刺胞動物(しほうどうぶつ)とクシクラゲを含む有櫛動物(ゆうしつどうぶつ)をまとめた動物のグループ。かつては1つの門 (分類学)とされたが、この2つのグループをそれぞれ独立の門とする立場が有力になり、使われることは少なくなった。腔腸動物 フレッシュアイペディアより)

356件中 31 - 40件表示

「クラゲ」のニューストピックワード