356件中 41 - 50件表示
  • カミクラゲ

    カミクラゲから見たクラゲクラゲ

    カミクラゲ(髪水母)は青森?九州の太平洋岸の湾内に生息する日本固有種のクラゲの一種。12月から5月にかけて見られる。カミクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • ハブクラゲ

    ハブクラゲから見たクラゲクラゲ

    ハブクラゲ (波布水母、波布海月、Chironex yamaguchii) は沖縄や奄美に生息するクラゲである。立方クラゲ目 (Cubomedusae) に属する。本種の学名は Chiropsalmus quadrigatus とされていたが、2009年に日本近海の個体群には別の学名 Chironex yamaguchii が与えられ、オーストラリアウンバチクラゲと同じ属に属することになった。種小名 yamaguchii は元琉球大学教授、山口正士への献名である。ハブクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • フサウミコップ

    フサウミコップから見たクラゲクラゲ

    フサウミコップは軟水母目ウミサカヅキガヤ科ウミコップ属のクラゲ、あるいはヒドロ虫の一種。フサウミコップ フレッシュアイペディアより)

  • マミズクラゲ

    マミズクラゲから見たクラゲクラゲ

    マミズクラゲ(真水水母)はヒドロ虫綱淡水クラゲ目のクラゲの一種。マミズクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • カギノテクラゲ

    カギノテクラゲから見たクラゲクラゲ

    カギノテクラゲ(鉤手海月)はヒドロ虫綱淡水クラゲ目ハナガサクラゲ科に属するクラゲの一種。海に生息し、春から夏にかけアオサなどの海藻の間に見られる。カギノテクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • モエビ科

    モエビ科から見たクラゲクラゲ

    大型動物と共生するものもいて、特にサンゴ礁域では、クラゲにつくクラゲモエビ Latreutes anoplonyx、サンゴにつくサンゴモエビ Saron neglectus、大型イソギンチャクにつくイソギンチャクモエビ Thor amboinensis、バルスイバラモエビ Lebbeus balssi、ウミシダにつくコマチイバラモエビ Lebbeus comanthi 等の共生エビが生息する。モエビ科の共生エビは体色が鮮やかで、あまり共生動物の体内には入らず、体表や周囲に見られるものが多い。モエビ科 フレッシュアイペディアより)

  • カラカサクラゲ

    カラカサクラゲから見たクラゲクラゲ

    カラカサクラゲ(唐傘水母)はヒドロ虫綱オオカラカサクラゲ科のクラゲの一種。先端に胃部を持つ長い口柄が唐傘を連想させるためこの名がついた。学名は「4つ葉のヤブラン」を意味する。カラカサクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • ツヅミクラゲ

    ツヅミクラゲから見たクラゲクラゲ

    ツヅミクラゲ(鼓水母、鼓海月)は冬?早春に太平洋沿岸で見られるクラゲの一種。ツヅミクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • ブリモドキ

    ブリモドキから見たクラゲクラゲ

    大型魚以外に、流木や航行中の船に付くこともある。また、幼魚は他のブリモドキ亜科の魚と同様に流れ藻やクラゲ類に付く。ブリモドキ フレッシュアイペディアより)

  • ニチリンクラゲ

    ニチリンクラゲから見たクラゲクラゲ

    ニチリンクラゲ (日輪水母、日輪海月、Solmaris rhodloma) は本州太平洋沿岸に生息するクラゲの一種。傘径3?7cmで傘の直径よりも長い20本を帰る糸状の触手を放射状に持つ姿から日輪の名を持つ。傘は扁平の皿状で柔らかい。体色は虹色を帯びる。口は円形で中央に広く開く。ニチリンクラゲ フレッシュアイペディアより)

356件中 41 - 50件表示

「クラゲ」のニューストピックワード