285件中 41 - 50件表示
  • フシギウオ

    フシギウオから見たクラゲクラゲ

    この部分は海中の表層付近で、クラゲに擬態したり、天敵に襲われた際にこれを囮にして身を守ると言われているが、定かではない。そして、成体となると、この部分が無くなり、見た目が普通の魚と同じになってしまうので、何のために幼体がこういった身体構造になっているのかは謎に包まれている。フシギウオ フレッシュアイペディアより)

  • 行灯

    行灯から見たクラゲクラゲ

    アンドンクラゲ - 3センチ程のほぼ立方体のかさを持つ箱虫綱に属するクラゲ。有毒で、刺される被害がよく発生する。行灯 フレッシュアイペディアより)

  • 伝説のスタフィー2

    伝説のスタフィー2から見たクラゲクラゲ

    テンカイの住人。クラゲのような姿で、宙に浮かんでいる。キョロスケいわく「空とぶテンカイのタクシー」。スタフィーを「王子」と呼び、語尾に「?ッス」が付く。伝説のスタフィー2 フレッシュアイペディアより)

  • オーラマシン

    オーラマシンから見たクラゲクラゲ

    戦闘用に開発された飛行型オーラ・マシン。クラゲ型、あるいはクモ型をしており、爆撃や空中戦を行う。オーラマシン フレッシュアイペディアより)

  • アマシイラ

    アマシイラから見たクラゲクラゲ

    全世界の温暖な外洋域に分布し、表層・中層を単独で遊泳する。食性は肉食性で、クラゲ・サルパ・小型甲殻類・頭足類・小魚など遊泳性の小動物を幅広く捕食する。胃腸の内壁には多数のひだがあり、腸は長い。アマシイラ フレッシュアイペディアより)

  • アノマロカリス類

    アノマロカリス類から見たクラゲクラゲ

    死ぬと、大型の体は、各部分にばらばらになりやすく、これはその脱皮殻でも同様であった。完全な全身化石が残ることは非常にまれである。当初、化石は部分が発見され、口の前方につながっていた関節を持つ付属肢は、節足動物の一部として記載されていた(全身像が復元されるまでは、この「エビ」と誤解されていた化石が、つねに頭部を欠いているのが謎とされていた)。口の部分はクラゲの化石と考えられ、「ペユトイア」と呼ばれた。また胴体は、海綿の一種と見なされ「ラガニア」と言われた。それぞれが関係しているとは考えられていなかった。これらの要素が再構成された1980年代以降、何種類かの属や種が発見記載された。それらは、大付属肢の細部、尾部のあるなし、口の配置、その他の特徴に違いが見られる。アノマロカリス類 フレッシュアイペディアより)

  • 造礁サンゴ

    造礁サンゴから見たクラゲクラゲ

    ほとんどのものが無性生殖によって増殖して巨大な群体を形成する。単体であるものもわずかにある。また、群体の一部が、たとえば枝が折れるような具合に、一部が外れて、海水の流れによって移動し、新しい場所に根付くことで増殖することも知られている。有性生殖は、石サンゴ類では個々の虫が卵や精子を放出することで行なわれる。1年のある時期に同調的に行なわれることが多い。なお、アナサンゴモドキは有性世代としてクラゲを放出する。造礁サンゴ フレッシュアイペディアより)

  • トゥリモンストゥルム

    トゥリモンストゥルムから見たクラゲクラゲ

    このように、その構造は奇妙で、現生のどの動物にも直接に比較できるような似たものがない。バージェス動物群の再発見以前には代表的な「古生代の怪物」であった。ゾウクラゲ(クラゲの仲間{腔腸動物}ではなく、軟体動物の巻き貝の一つである)と近縁という説もあるが、定かではない。トゥリモンストゥルム フレッシュアイペディアより)

  • ツヅミクラゲ

    ツヅミクラゲから見たクラゲクラゲ

    ツヅミクラゲ(鼓水母、鼓海月)は冬?早春に太平洋沿岸で見られるクラゲの一種。ツヅミクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • シクロメデューサ

    シクロメデューサから見たクラゲクラゲ

    シクロメデューサ (Cyclomedusa) は、先カンブリア時代エディアカラ紀に繁栄したエディアカラ生物群に含まれる生物の一種。円形で表面に同心円・放射状の構造を持ち、クラゲのような外形で、動物にも植物にも属さない、特異な生物と考えられている。クラゲの化石では円周側の筋肉が収縮したためにできた同心円状の構造と、中心部に消化管(この生物は消化管が外にあるという形質を持つ)の痕跡が放射状に見られるが、シクロメデューサの化石にはそれが伺われないことがクラゲとの違いとして挙げられる。シクロメデューサ フレッシュアイペディアより)

285件中 41 - 50件表示

「クラゲ」のニューストピックワード