356件中 51 - 60件表示
  • オオタマウミヒドラ

    オオタマウミヒドラから見たクラゲクラゲ

    個虫の体の基部近くの側面に短く二又分枝を出してクラゲを出芽する。クラゲは独立すると傘の径が数mm、高さもほぼ同じのもので、放射水管四本、傘の縁からは四本の触手を伸ばす。触手には刺胞が集まった固まりがあちことに見える。またその基部には赤い眼点がある。口柄は傘高の1/3程度で管状。オオタマウミヒドラ フレッシュアイペディアより)

  • アマシイラ

    アマシイラから見たクラゲクラゲ

    全世界の温暖な外洋域に分布し、表層・中層を単独で遊泳する。食性は肉食性で、クラゲ・サルパ・小型甲殻類・頭足類・小魚など遊泳性の小動物を幅広く捕食する。胃腸の内壁には多数のひだがあり、腸は長い。アマシイラ フレッシュアイペディアより)

  • ハネガヤ科

    ハネガヤ科から見たクラゲクラゲ

    ハネガヤ科(はねがやか、学名:Aglaopheniidae)は、軟クラゲ目に属する科。岩の上などに定着して生活する。形は鳥の羽に似ており、植物のように見えるが、クラゲと同じヒドロ虫綱に属する動物である。刺胞を持ち、人を刺すものが多い。ハネガヤ科 フレッシュアイペディアより)

  • ハネウミヒドラ

    ハネウミヒドラから見たクラゲクラゲ

    有性生殖は独立したクラゲを形成して行われる。水母芽は糸状触手の列のすぐ内側にできて、成熟すると切り離される。独立したクラゲはコップ状で、単純な水管と触手瘤があるが、それ以上には発達せず、ごく短命である。なお、水母芽が独立せず、そのまま生殖を行う場合もある。ハネウミヒドラ フレッシュアイペディアより)

  • エボシガイ

    エボシガイから見たクラゲクラゲ

    エボシガイ属には本種の他に、同じく漂流物に付着するカルエボシなどが含まれる。エボシガイ科にはエボシガイ属以外に5つの属(うち1つは絶滅している)が含まれ、クラゲに付着するクラゲエボシ、ウオジラミ類に付着するスジエボシなどさまざまな生態を持つ種が含まれている。エボシガイ フレッシュアイペディアより)

  • ウスバハギ

    ウスバハギから見たクラゲクラゲ

    沿岸域の水深200m以浅に生息する。幼魚は流れ藻や漂着物に付いて泳ぎ、成長すると群れで行動する。食性は肉食性で、甲殻類・多毛類・貝類等の各種底生生物の他、クラゲ等も捕食する。ウスバハギ フレッシュアイペディアより)

  • タコクラゲ

    タコクラゲから見たクラゲクラゲ

    タコクラゲ(蛸水母、蛸海月、)は、鉢虫綱に属するクラゲの一種。タコクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • オベリアクラゲ

    オベリアクラゲから見たクラゲクラゲ

    他のヒドロ虫と同じようにクラゲ型とポリプ型の両段階を持つ。日本近海に数種のポリプ型があるが、クラゲ型のみでは種の判別が殆どできない。オベリアクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • ユビアシクラゲ

    ユビアシクラゲから見たクラゲクラゲ

    ユビアシクラゲ はミズクラゲ科に属するクラゲの一種。2003年、モントレー湾水族館研究所のチームにより発見された。属名 Tiburonia は撮影に用いられたROVの名前に由来し、スペイン語で"鮫"を意味する。種小名 granrojo はスペイン語で"大きな赤い物"を意味する。ユビアシクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • ロックアイランド

    ロックアイランドから見たクラゲクラゲ

    ロックアイランドには多くの海水湖があり、ジェリーフィッシュレイクでは毒性の低いクラゲが無数に生息しており、クラゲと泳げるダイビングスポットとして世界的にも有名である。ロックアイランド フレッシュアイペディアより)

356件中 51 - 60件表示

「クラゲ」のニューストピックワード