356件中 61 - 70件表示
  • オキナガレガニ

    オキナガレガニから見たクラゲクラゲ

    海面を漂う流木・流れ藻・軽石、最近ではビニールや発泡スチロール類などのあらゆる種類の漂流物に付着して外洋まで流れていく。また、ウミガメやクラゲに付着することもあり、産卵後に卵を埋めるウミガメにより埋められてしまう間抜けな個体もいるようで、卵と一緒に発見されることがある。カニ類のほとんどが生活型 (水生生物)で分類するとベントス(底生生物)に属するが、オキナガレガニはハイポニューストン(水表下生物)といういささかややこしい生活型に属する数少ないカニである。オキナガレガニ フレッシュアイペディアより)

  • タマクラゲ

    タマクラゲから見たクラゲクラゲ

    タマクラゲ Cytaeis uchidae Rees は、花水母目に属するクラゲの1種。小さな丸っこいクラゲで、ポリプはムシロガイの殻の上に付着する。タマクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • エダアシクラゲ

    エダアシクラゲから見たクラゲクラゲ

    エダアシクラゲ(枝足水母、学名:Cladonema pacificum)は、花クラゲ目エダアシクラゲ科に分類されるクラゲの1種。名前は触手の枝分かれに由来する。飼育が容易である。エダアシクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • ハイクラゲ

    ハイクラゲから見たクラゲクラゲ

    ハイクラゲ Staurocladia acuminata (Edmondson, 1930) は、ごく小型のヒドロ虫類のクラゲである。クラゲではあるが、傘が円盤状にまで退化しており、触手を使って這う。ハイクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • ミレニアム生態系評価

    ミレニアム生態系評価から見たクラゲクラゲ

    水系生態系の富栄養化によるブルーム(クラゲや藻類の大量発生・赤潮など)や、水産資源乱獲による漁業の破綻、森林破壊による新規感染症の流行などが、生態系が臨界点を超えて変化した場合に起きる非線形変化の例として知られている。ミレニアム生態系評価 フレッシュアイペディアより)

  • カラーメダカ

    カラーメダカから見たクラゲクラゲ

    この種類のメダカは台湾、香港で作出されたメダカでパステルカラーの緑色、銀色、金色等の色がある。これらには発光するクラゲの一種であるオワンクラゲのDNAを遺伝子組み換えにより、暗い場所等では光る。遺伝子組み換え生物であるため、現在日本国内においてはカルタヘナ法により輸入、輸出共に禁止されている。カラーメダカ フレッシュアイペディアより)

  • コガネシマアジ

    コガネシマアジから見たクラゲクラゲ

    成魚は単独か、小さな群れを作る。幼魚は大きな群れを作り、ハタ・サメ・クラゲなどの大型生物に付いて泳ぐ傾向がある。この行動はブリモドキに似ており、他の捕食者を避けるためのものである。この行動はダイバーにも及び、あるダイバーの顔面に付きまとった例が報告されている。コガネシマアジ フレッシュアイペディアより)

  • 鉢虫綱

    鉢虫綱から見たクラゲクラゲ

    鉢虫綱(はちむしこう、Scyphozoa)は、刺胞動物門に属する水棲の無脊椎動物であり、いわゆるクラゲとして知られる多くの種を含む。鉢虫綱 フレッシュアイペディアより)

  • カラスエイ

    カラスエイから見たクラゲクラゲ

    活発な捕食者であり、獲物を胸鰭で包み込んでから口に運ぶ。滑らかな獲物を捉えて切断するため、アカエイ類には珍しく鋭く尖った歯を持つ。餌の種類は多様であり、端脚類・オキアミ・カニの幼生などの甲殻類、イカ・タコ・翼足類などの軟体動物、ニシン・サバ・タツノオトシゴ・カワハギなどの魚類、クシクラゲ、クラゲ、多毛類などを食べる。11-4月のカリフォルニア沖では、繁殖のために集まった大量のイカを捕食する。1-2月のブラジル沖では、小魚に引き寄せられて沿岸に集まったタチウオの群れを捕食する。幼体は1日に体重の6-7%の餌を消費するが、成体では1%程度になる。カラスエイ フレッシュアイペディアより)

  • ヒクラゲ

    ヒクラゲから見たクラゲクラゲ

    ヒクラゲ(火水母、火海月、学名 )は、ヒクラゲ科に属するクラゲの一種。ヒクラゲ フレッシュアイペディアより)

356件中 61 - 70件表示

「クラゲ」のニューストピックワード