356件中 81 - 90件表示
  • エダクダクラゲ

    エダクダクラゲから見たクラゲクラゲ

    エダクダクラゲ Proboscidactyla flavicirrata Brandt はヒドロ虫綱のクラゲの一つ。放射水管が枝分かれを持つ。ポリプは多毛類のエラコの棲管に共生し、ニンギョウヒドラと呼ばれ、よく知られている。エダクダクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • Furani

    Furaniから見たクラゲクラゲ

    ノーマルふらげ-「ふらに」と「くらげ」を足した、空飛ぶくらげ型のキャラクター「ふらげ」。Furani フレッシュアイペディアより)

  • マテアジ

    マテアジから見たクラゲクラゲ

    本種は水深80mまでの沿岸海域でみられ、しばしばマングローブの茂る入り江やサンゴ礁などでみられる。アジ科の多くの種と同様に、マテアジの幼魚はクラゲや人工物といった浮遊物に集まることが多い。ハワイのにおいては、かつて幼魚の集まる場となっていたクラゲが減少したため、人工物が代替として使われるようになった。このことでその湾における本種の個体数が将来減少するのではないかと懸念されている。マテアジ フレッシュアイペディアより)

  • エルドニア

    エルドニアから見たクラゲクラゲ

    なお、分類上の位置については議論がある。古くはクラゲ類ではないかとの説もあった。現在ではそちらは取り上げられないが、ナマコ類という判断そのものには疑問が向けられることも多い。浮遊性のナマコという発想そのものは決して突飛なものではなく、現生種にもクラゲナマコというのがある。これは触手の部分が広がってクラゲの傘にあたる形になったもので、深海性の種である。しかし、エルドニアの場合、ナマコと判断できる特徴は乏しい。管足や歩帯など、棘皮動物に特徴的な構造は見られないし、五放射相称でもない。ただしそのような特徴が見られないナマコは現生でも少なくない。消化管が渦巻く配置を取るのはよくあるが、ナマコ類では普通は先端から後端まで直線的であり、この動物のように口と肛門が同じ側に開くのも例がない。エルドニア フレッシュアイペディアより)

  • アマクサクラゲ

    アマクサクラゲから見たクラゲクラゲ

    アマクサクラゲ(天草水母、天草海月、学名 )は、鉢虫綱のアマクサクラゲ属に属するクラゲの一種。アマクサクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・ウェッブ

    マシュー・ウェッブから見たクラゲクラゲ

    1875年8月24日、ドーバー港のアドミラルティ埠頭 (Admiralty Pier) から飛び込み、2度目の挑戦を始めた。3隻の伴走船に付き添われ、ネズミイルカの油を体に塗っていたウェッブは、引き潮に乗って順調に平泳ぎを続けた。途中でクラゲに刺され、またグリネ(灰色の鼻)岬 (Cap Gris Nez) 付近の強い潮流によって5時間も進むことを妨げられながら翌8月25日、ウェッブは21時間45分をかけて泳ぎきって、カレー付近に上陸し、史上最初のとなった。ジグザグに進んだウェッブの経路は延長すると39マイル(64キロメートル)を越える長さであった。マシュー・ウェッブ フレッシュアイペディアより)

  • 分裂

    分裂から見たクラゲクラゲ

    一度に多数に分裂するものもある(複分裂)。刺胞動物門のミズクラゲなどクラゲの仲間では、ポリプという幼生が底面に固着してイソギンチャクのように暮らしているが、やがて縦に細長く伸び、横に多数の分かれ目ができ、次第に多数の皿を積んだような形のストロビラになり、やがてその皿がバラバラに分かれ、それぞれがエフィラという小さなクラゲ形の幼生となる。分裂 フレッシュアイペディアより)

  • ウマヅラアジ

    ウマヅラアジから見たクラゲクラゲ

    肉食魚で、魚類やイカ、クラゲ、甲殻類などを捕食する。イトヒキアジと同様、幼魚の伸長した鰭はクラゲの触手に擬態したものだと考えられており、捕食者から逃れるのに役立っているとみられる。繁殖に関してはあまり分かっていないが、インドネシアにおける観察では、産卵が満潮と干潮の中間にあたる昼間に起こることが示された。2014年には沖縄の美ら海水族館で、幼魚の成長過程に関する詳細な観察が行われた。ウマヅラアジ フレッシュアイペディアより)

  • STS-40

    STS-40から見たクラゲクラゲ

    このミッションは、スペースラブの5回目のミッション(Spacelab Life Sciences-1)であり、生命科学のみが行われた初めてのミッションである。またこのミッションでは、1973年から1974年のスカイラブのミッション以来の、詳細な生理学的測定が行われた。測定対象は、ヒト、30匹のネズミ、数千匹の小さなクラゲであった。STS-40 フレッシュアイペディアより)

  • クラカケヒラアジ属

    クラカケヒラアジ属から見たクラゲクラゲ

    両種ともに群れを形成する沿岸性の魚類で、大陸棚の付近で漂泳性の生活を送っている。浜やラグーン、エスチュアリーなどの浅い海域でよくみられる。外洋でもまれにみられ、その際はふつうクラゲなどの浮遊物体のそばにいるのがみられる。クラカケヒラアジ属 フレッシュアイペディアより)

356件中 81 - 90件表示

「クラゲ」のニューストピックワード