285件中 81 - 90件表示
  • 松尾高弘

    松尾高弘から見たクラゲクラゲ

    有機的なフォルムを持つ曲面スクリーンによる暗闇の深海。手や身体を近づけると、淡い色彩の光を持つクラゲの群れが連鎖的に発光し、共鳴するように近づいてくる。動きの位置が起点となって、淡い色彩の光が波打つように空間全体を覆っていく。クラゲの明滅は、自然界に存在する1/fゆらぎ理論を応用したアルゴリズムによってインタラクティブに生成される。光の強度がゆらぎながら増幅されることで、濃淡が細かく描写され、リアルで自然感のある映像表現を実現している。ミラノサローネ2009で高く評価され、東京展も開催された。松尾高弘 フレッシュアイペディアより)

  • ロイヒ

    ロイヒから見たクラゲクラゲ

    1999年、アメリカ国立科学財団(NSF)は、ロイヒ周辺に住む極限環境微生物のサンプリングを目的とした当海域への調査航海を資金面で支援した。微生物マットは摂氏160 °Cの熱水噴出口を取り巻き、奇抜なクラゲのような有機体を含んでいた。サンプルはNSFの海洋バイオプロダクト工学センター(Marine Bioproducts Engineering Center, MarBEC)で研究するために採集された。2001年、パイシーズV は、その有機体のサンプルを収集し、研究のために海上へ送り届けた。ロイヒ フレッシュアイペディアより)

  • 空の中

    空の中から見たクラゲクラゲ

    その日、高知県に住む斉木三佐の息子である斉木瞬は海で、半透明の乳白色で不定形の、クラゲのような奇妙な生物に遭遇する。携帯電話を介して拙いながらも言葉を発するその不思議な生物を「フェイク」と名付け、瞬と幼馴染の佳江は家で育てることにする。天涯孤独の身になった瞬は父を失った心の空洞を埋めるかのようにその生物をまるで家族のように可愛がり、コミュニケーションをとろうとする。空の中 フレッシュアイペディアより)

  • 重機動メカ

    重機動メカから見たクラゲクラゲ

    デザインコンセプトとしては、いわゆる純粋な人型が一切存在しない。イメージ的には海洋軟体生物(クラゲ・ヒトデ)や、古典的なタコ型火星人の侵略兵器である「トライポッド」の影響が大きいのも特徴である。特に三脚型のデザインは、『ヤマトよ永遠に』の掃討三脚戦車のような例はあるが日本アニメでは珍しく、画期的だった。重機動メカ フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たクラゲクラゲ

    ジェリーフィッシュ (jellyfish) - 「クラゲ」のこと。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • デメニギス

    デメニギスから見たクラゲクラゲ

    本種の最大の特徴は頭部および眼球である。デメニギスの頭部は透明なドーム状の膜で覆われ、内部は液体で満たされている。眼球は他のデメニギス類と同様に筒状となっており(管状眼と呼ばれる)、軸を回転させることにより前方-真上の範囲で視点を変えることができる。通常は眼を真上に向けており、上方から差し込むわずかな光によってできる獲物の影を捉え、捕食するものとみられている。小魚やクラゲといった餌生物を発見すると、管状眼を双眼鏡のように回転させるとともに、体全体を獲物と直線状に並ぶように動かす。また、クダクラゲ類が捕食した獲物を横取りする習性をもつ可能性も指摘されている。口は小さく、体のほとんどは大きな鱗によって覆われる。デメニギス フレッシュアイペディアより)

  • マグロ (アダルト)

    マグロ (アダルト)から見たクラゲクラゲ

    マグロとは、性交時に積極的行動を起こさない人やその様。同じ意味で、英語にはdead fishという表現がある。フランス語ではl'étoile de mer(クラゲの意。脚を開いたままで動かないから。この語句には聖母マリアの意味もある)と言う。マグロ (アダルト) フレッシュアイペディアより)

  • ミレニアム生態系評価

    ミレニアム生態系評価から見たクラゲクラゲ

    水系生態系の富栄養化によるブルーム(クラゲや藻類の大量発生・赤潮など)や、水産資源乱獲による漁業の破綻、森林破壊による新規感染症の流行などが、生態系が臨界点を超えて変化した場合に起きる非線形変化の例として知られている。ミレニアム生態系評価 フレッシュアイペディアより)

  • アーケロン

    アーケロンから見たクラゲクラゲ

    主に海藻や海綿、クラゲ、イカなどを食べていたとされるが、アンモナイトを主食にしていたという説もある。アーケロン フレッシュアイペディアより)

  • アフリカの地理

    アフリカの地理から見たクラゲクラゲ

    東アフリカの湖沼の成因についてはさまざまな仮説が提唱されてきた。たとえば、一部の地質学者はかつてコンゴ盆地全体が海底だった頃にタンガニーカ湖も海の一部だったと考える。別の仮説は湖水は陥没により生じたくぼ地に溜まったものであるとする。ちなみに前者の見解はクラゲ、軟体動物、エビ、カニなど海洋性の生物が湖に生息するのを根拠としている。アフリカの地理 フレッシュアイペディアより)

285件中 81 - 90件表示

「クラゲ」のニューストピックワード