70件中 11 - 20件表示
  • クラゲ

    クラゲから見た漁業

    他に、一部のクラゲが急に大発生することがある。大量発生したエチゼンクラゲが漁網にからまって破るなどの被害は現在、漁業上深刻な問題である。大発生したミズクラゲが工場や火力発電所、原子力発電所の取水口に詰まるなどの被害を出すクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • クラゲ

    クラゲから見た火力発電所

    他に、一部のクラゲが急に大発生することがある。大量発生したエチゼンクラゲが漁網にからまって破るなどの被害は現在、漁業上深刻な問題である。大発生したミズクラゲが工場や火力発電所、原子力発電所の取水口に詰まるなどの被害を出すクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • クラゲ

    クラゲから見た菌類

    刺胞動物、有櫛動物以外にも、クラゲの名前を持つ生物が複数の門にわたって存在する。軟体動物門のゾウクラゲは刺胞動物と同様、ゼラチン質で浮遊生活である。キクラゲ、ツチクラゲは菌類、イシクラゲは藻類である。クラゲ フレッシュアイペディアより)

  • クラゲ

    クラゲから見たイソギンチャク

    基本的に雌雄異体である。多くのクラゲでは、卵から幼生(プラヌラ)が生まれると、幼生は基質上に定着してポリプというイソギンチャクのようなものになる。新しいクラゲは冬季になるとポリプが御椀を重ねたような「ストロビラ」になり出芽、エフィラ幼生となって泳ぎ出す。また変態、ストロビレーションなどによっても生じる。ポリプは無性生殖によって増殖するので、これを無性世代、クラゲを有性世代と見なし、世代交代をおこなうものという場合がある。カラカサクラゲやオキクラゲはプラヌラからポリプにならずそのままエフィラとなる。クラゲ フレッシュアイペディアより)

  • クラゲ

    クラゲから見た遺伝子

    近年、オワンクラゲより発見されたGFP (Green Fluorecent protein) という蛍光を発するタンパク質とその遺伝子が、分子生物学の分野において広く利用されている(参照:下村脩)。クラゲ フレッシュアイペディアより)

  • クラゲ

    クラゲから見た海藻

    十文字クラゲ綱のものは、構造的にはクラゲに近いので、クラゲと呼ばれるが、口の反対側に短い柄があって、これによって海藻などに付着して生活している。形態的に大きく異なるのが管クラゲ類で、多数の個体が群体を形成し、全体では傘の形には似てもにつかないものが多々ある。巨大になるものでは、長さが10mを越えるようなものも知られる。クラゲ フレッシュアイペディアより)

  • クラゲ

    クラゲから見た藻類

    刺胞動物、有櫛動物以外にも、クラゲの名前を持つ生物が複数の門にわたって存在する。軟体動物門のゾウクラゲは刺胞動物と同様、ゼラチン質で浮遊生活である。キクラゲ、ツチクラゲは菌類、イシクラゲは藻類である。クラゲ フレッシュアイペディアより)

  • クラゲ

    クラゲから見たペット

    クラゲの飼育・展示は、多くの水族館で人気のある展示である。ペットショップでも売られるようになり、家庭や飲食店などで観賞用に飼育されることも多くなった。クラゲ用の飼育セットも売られている。クラゲの癒し効果を測定する試みでも、クラゲを鑑賞することにより、ストレスが低下する可能性が指摘されている(広海 2006 『クラゲのふしぎ』参照)。また、クラゲと一緒にお風呂に入れる場所もある。しかし、一緒に入ると多少の痛みを伴う場合がある。クラゲ フレッシュアイペディアより)

  • クラゲ

    クラゲから見たバラスト水

    尚、このクラゲの大量発生により、世界各地で漁業被害などが発生している。 この原因は人間による水質汚染や魚の乱獲、あるいはバラスト水の放出によるものではないかと指摘されている。クラゲ フレッシュアイペディアより)

  • クラゲ

    クラゲから見た日本

    日本と中国では、一部の種類(エチゼンクラゲやビゼンクラゲなど)を食用にする。中華料理では「海蜇」といい、傘の部位は海蜇皮(海折皮)、口腕部は海蜇頭(海折頭)として加工される。細切りにして乾燥させ塩蔵したものを、水で戻して酢の物や和え物などにする調理のほか、加工食品とする。クラゲ フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「クラゲ」のニューストピックワード