クラシック音楽 ニュース&Wiki etc.

クラシック音楽(クラシックおんがく 、 、、)は、直訳すると「古典音楽」となるが、一般には西洋の芸術音楽を指す。宗教音楽、世俗音楽のどちらにも用いられる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「クラシック音楽」のつながり調べ

  • 100年の音楽

    100年の音楽から見たクラシック音楽

    川井郁子が楽曲をバイオリンで演奏を披露している。曲は100年以上残った、または100年以上残るであろう名曲を選んでいる。曲はクラシック音楽にとどまらず、松田聖子の「赤いスイートピー」を取り上げた回もある。(100年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 流行歌

    流行歌から見たクラシック音楽

    発生以来、庶民の娯楽として圧倒的な支持を受け「唄は世に連れ、世は唄に連れ」ということわざまででき、流行歌はその時代の世相を映す鑑として、多くの人々に愛され口ずさまれた。しかし一方で音楽愛好家の間にはクラシック音楽を至上として考え、大衆の中から生まれて来た流行歌を卑俗なものとして蔑む傾向が強くあり、時に過剰な排斥や誹謗中傷が行われることもあった。だが、電気吹込み時代の昭和流行歌はクラシック・洋楽系演奏家による歌唱が主流となり、当時の中間層の娯楽である歓楽街、家庭でも聴けるような流行歌も作られている。ただし、音楽学校出身者やオペラ歌手が流行歌をレコードに吹込む時代とはいえ、音楽学校卒業前に流行歌をレコードに吹込むことは禁止された。特に音楽学校は流行歌でのアルバイトを禁じ、事実東京音楽学校(現・東京藝術大学音楽学部)に通っていた藤山一郎は一時活動休止を余儀なくされ、その後輩である松平晃は同様のアルバイト発覚により退学している。それ以外にも男女の自由恋愛や安易に身を売る女性などをテーマにした唄もあることから、風紀上好ましくないと言う意見も多かった。このため学校などで児童・生徒が唄うことは禁止されていた。戦後もその傾向は続き、昭和24年(1949年)にまだ12歳に過ぎない美空ひばりがデビューした時にも「あんなに幼い少女に流行歌を歌わせるとは何事か」という批判も少なからずあったという。(流行歌 フレッシュアイペディアより)

「クラシック音楽」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「クラシック音楽」のニューストピックワード