1942件中 91 - 100件表示
  • 吉田ミカ

    吉田ミカから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ミカ・ストルツマン(旧姓:吉田 ミカ、1964年 - )は、日本のマリンバ奏者である。熊本県本渡市(現・天草市)出身。現在はニューヨーク在住。カナダ・トロント大学でパーカッショングループNEXUSに師事。現在はニューヨークでジャズをマイク・マイニエリに師事しながら幅広い演奏活動を展開している。ジャズのみならずクラシック、ポップスなどのジャンルで演奏を行なう。2012年リチャード・ストルツマンと結婚して、ミカ・ストルツマンと改名。吉田ミカ フレッシュアイペディアより)

  • OTTAVA Salone

    OTTAVA Saloneから見たクラシック音楽クラシック音楽

    『OTTAVA Salone』(オッターヴァ サローネ)は、クラシック音楽専門インターネットラジオ局のOTTAVAで放送されている番組である。OTTAVA Salone フレッシュアイペディアより)

  • 藤山一郎

    藤山一郎から見たクラシック音楽クラシック音楽

    藤山 一郎(ふじやま いちろう、1911年(明治44年)4月8日 - 1993年(平成5年)8月21日)は、日本の歌手・声楽家・作曲家・指揮者。本名は増永 丈夫(ますなが たけお)。本名ではクラシック音楽の声楽家・バリトン歌手として活躍した。東京府東京市日本橋区蛎殻町(現東京都中央区日本橋蛎殻町)出身。東京音楽学校(後の東京藝術大学音楽学部)卒業(首席)。藤山一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 羽田健太郎

    羽田健太郎から見たクラシック音楽クラシック音楽

    羽田 健太郎 (はねだ けんたろう、1949年1月12日 - 2007年6月2日) は、日本の作曲家、編曲家、ピアニスト。愛称、ハネケン。その活動分野はクラシック、ポップス、フュージョンなど多岐にわたり、劇伴音楽においても『西部警察PARTII』『渡る世間は鬼ばかり』のテーマ曲などが広く知られる。タレント、司会者としても活動し、2000年4月から2007年5月までテレビ朝日系列の音楽番組『題名のない音楽会21』の司会を務めた。羽田健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 池袋駅

    池袋駅から見たクラシック音楽クラシック音楽

    2015年(平成27年)6月14日:発車メロディにクラシック音楽を採用。池袋駅 フレッシュアイペディアより)

  • パスピエ (バンド)

    パスピエ (バンド)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    東京藝術大学でクラシックを学ぶ傍らバンド音楽に傾倒したキーボーディストの成田ハネダが作曲、ボーカリストの大胡田なつきが作詞とアートワーク全般(ジャケットデザイン、ミュージッククリップの制作など)を担当する。パスピエ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 岸田繁

    岸田繁から見たクラシック音楽クラシック音楽

    1976年、京都府京都市北区に生まれる。岸田家は代々仏具製作業だったが、養子だった曽祖父が東山区本町でパン屋を始めて成功し、大地主となった一族。広告代理店勤務の父親の昭夫がクラシック好きであったため、幼少の頃からクラシックなどに親しんでいた。小学校時代は走るのは速かったが、球技などが苦手で目立たない子供だったと語っている。身長が低いことにもコンプレックスをもっていたとのこと。音楽面では京都市交響楽団の公演を父親とともに見に行くこともあったという。小学校6年生のとき、通っていた学習塾でいじめに遭いそれがきっかけで私立中学の受験を決意する。地元では、女の子には好かれていたという。岸田繁 フレッシュアイペディアより)

  • ズジスワフ・ベクシンスキー

    ズジスワフ・ベクシンスキーから見たクラシック音楽クラシック音楽

    彼の作品にはすべてタイトルがついておらず、作品の理論付けや詮索を非常に嫌った。作品を描く際は、常に大音量のクラシック音楽をかけており、どこにいくにもクラシック音楽を共にしていた。ベクシンスキーは、作品をバロックとゴシックと技法を分けており、最後5年ほどに手がけた作品はほとんどがゴシックである。1990年以降は、それらに加えて、コンピューターグラフィックスで写真の加工による作品も手がけており、死ぬ間際まで関心を持ち制作をおこなっていた。ズジスワフ・ベクシンスキー フレッシュアイペディアより)

  • 小室哲哉

    小室哲哉から見たクラシック音楽クラシック音楽

    テクノ・ファンク・ユーロビート・ジャングル・ハウス・トランス・アンビエント・HIP HOP・R&B・レイヴ・ハードロック・プログレ、果てはクラシック・フォーク・AOR・ラテン・ワールドミュージック・純邦楽・演歌等幅広いジャンルを使い分け、かつ複数のジャンルを融合させて、ジャンルを限定せず、どの様なジャンルにも聞こえる音楽を手掛ける事を得意とする。ただ、一般には邦楽ダンスミュージックの第一人者・1990年代のJ-POP、又はそれにおけるデジタル・オーディオ・ワークステーション・音楽プロデューサーの概念・音楽配信の普及の立役者として知られる。小室哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • クロスオーバー (音楽)

    クロスオーバー (音楽)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    ロックが1960年代に発展する過程で、ブルースを融合、クロス・オーバーさせたブルース・ロックが登場した。エリック・クラプトンのクリームやジミ・ヘンドリクス、フリートウッド・マック、ポール・バターフィールド、ジョン・メイオールなど、演奏能力に長けたバンドがブルース・ロック・ブームをまき起こした。サンタナはロックにラテンを融合することで、ラテン・ロックのアルバムを発表した。さらに、コロシアムやソフト・マシーン、ニュー・クリアスらジャズとロックを融合したジャズ・ロックや、ロックにクラシック音楽を取り入れたエマーソン、レイク&パーマー、イエスなどのプログレッシブ・ロックが発展していった。クロスオーバー (音楽) フレッシュアイペディアより)

1942件中 91 - 100件表示

「クラシック音楽」のニューストピックワード

  • 本当に良い顔をしていた

  • 1万人の第九2018〜Sexy Zone マリウス葉世紀の大合唱に挑戦!〜

  • 残り50メートルで疲れてしまった