1942件中 21 - 30件表示
  • アンディ・マッケイ

    アンディ・マッケイから見たクラシック音楽クラシック音楽

    イギリス・コーンウォールで生まれ、ロンドンで育ち、中学入学直後にオーボエを習い始める。マッケイはクラリネットを習いたかったのだが、その学校ではオーボエしか教えていなかった。学生時代はR&Bバンドやクラシック管弦楽団でオーボエやサクソフォーンを演奏する。アンディ・マッケイ フレッシュアイペディアより)

  • イーロ・ランタラ

    イーロ・ランタラから見たクラシック音楽クラシック音楽

    イーロ・ランタラ(Iiro Rantala、1970年1月19日 -)はフィンランドのジャズピアニスト。フィンランドのジャズ・トリオ、トリオ・トウケアットでピアニスト・作曲家として活動。クラシック曲も作曲している。イーロ・ランタラ フレッシュアイペディアより)

  • カシミール (曲)

    カシミール (曲)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    パート1、2、7、8はヴォーカル・パート。パート4は中間部。パート6、10は終結部。パート3、5、9はブリッジである。ポピュラー音楽の基本的な構成である「ひら歌→サビ」という形とは著しく異なっており、もしクラシック音楽に類例を求めるなら、複合三部形式に類似する点も見られる。カシミール (曲) フレッシュアイペディアより)

  • アメセル

    アメセルから見たクラシック音楽クラシック音楽

    アメリカにおいて生産されたサクソフォーンは、使用された管体等はフランスで製造された物と同一ではあるが、「注意:戦時中をまたぎ同一などない」、クラシックよりジャズ、フュージョン、ロック等を意識した調整、カスタマイズがされており、1983年に生産終了したにも関わらず、現代においても一線級のプロミュージシャンから一般のアマチュア奏者まで、多くのプレイヤーから大きな支持を得ている。理由としては、クラシック音楽への対応を意識してサウンドが明るい傾向にある現在の楽器より、完全にジャズ等に特化したその音質や音色、フィンガリング、ひとつひとつ丁寧に腕の良い職人たちによって制作された完成度や彫刻の美しさなどが挙げられる。。特にマーク6#9****前後と#14****前後のモデルは、それぞれマイケル・ブレッカー、デビッド・サンボーンという有名プレイヤーが使用していることや、特に#14****前後のシリアルのものは操作性も優れている。アメセル フレッシュアイペディアより)

  • イヴァ・ビトヴァ

    イヴァ・ビトヴァから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ビトヴァはモラヴィア北部のブルンタール郡(当時はチェコスロバキア)で生まれた。3人姉妹の次女で、一家は音楽一家だった。父親のコロマン・ビトは南スロバキア出身の有名なロマのミュージシャンで、フォークおよびクラシック音楽のアンサンブルで、ギター、トランペット、ダブルベースを演奏していた。母親のリュドミラ・ビトヴァ(旧姓マサロヴァ)はプロのヴォーカル・グループで歌っていた。子供時代、ビトヴァはオパヴァでバレエとヴァイオリンのレッスンを受け、ズディエニェク・ネイェドリのシレジア劇場で子役も勤めた。1971年、一家はブルノに移る。ビトヴァはブルノの音楽学部で学ぶが、次第に音楽から演劇に興味が移っていった。それから10年間、ビトヴァは女優として、映画やブルノのテレビ・ラジオ番組に出演する。イヴァ・ビトヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ムラーツ

    ジョージ・ムラーツから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ジョージ・ムラーツ(ジョージ・ムラツ)(本名:Jiri Mraz, 通称名:George Mraz, 1944年9月9日 - )は、チェコ人ジャズベーシスト。現在活躍するジャズベーシストの中でもすぐれた技巧を誇り、特にクラシック音楽を学んだ音感の良さと、アルコ弾き(弓弾き)の技術は非常に高く評価されている。ジョージ・ムラーツ フレッシュアイペディアより)

  • 名曲喫茶

    名曲喫茶から見たクラシック音楽クラシック音楽

    名曲喫茶(めいきょくきっさ)とは、普通の喫茶店、カフェとは異なりクラシック音楽を音響装置によって客に提供する場所である。名曲喫茶 フレッシュアイペディアより)

  • ジュスカ・グランペール

    ジュスカ・グランペールから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ジプシージャズやパリミュゼット、ラテン音楽、クラシック音楽など様々な音楽の要素を取り入れた「ジュスカサウンド」は、ジャンルを越えて独自の世界観を作り出している。ジュスカ・グランペール フレッシュアイペディアより)

  • アレキシ・ライホ

    アレキシ・ライホから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ヘルシンキ郊外のエスポー出身。父がビートルズの曲を演奏していたことがきっかけで、ギターに興味を持つようになった。その後、7歳の頃からヴァイオリンを始める。この時期は、クラシック音楽の演奏が中心であった。しかし、姉の影響もあってロックへの興味も強まっていた。11歳の時、スティーヴ・ヴァイのアルバム、『PASSION AND WARFARE』に収録された『For The Love of God』のプロモーションビデオを見たのをきっかけに、ギターを手にする。以降は、ギターに熱中するようになる。アレキシ・ライホ フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・コリエル

    ラリー・コリエルから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ラリー・コリエル(Larry Coryell、1943年4月2日 - 2017年2月19日)は、アメリカ合衆国のジャズ・フュージョン・ギタリスト。ジャズとロックの融合に早くから取り組んだ他、アコースティック・ギターを使用したジャズとクラシックの融合も試みる。ラリー・コリエル フレッシュアイペディアより)

1942件中 21 - 30件表示

「クラシック音楽」のニューストピックワード

  • Bat Out of Hell III: The Monster Is Loose

  • ジ・オックス:ザ・ラスト・オブ・ザ・グレート・ロック・スターズ

  • 牝馬デアリングタクト