1468件中 21 - 30件表示
  • 仙台クラシックフェスティバル

    仙台クラシックフェスティバルから見たクラシック音楽クラシック音楽

    仙台クラシックフェスティバル(せんだい-)とは、2006年(平成18年)より、宮城県仙台市で仙台クラシックフェスティバル実行委員会が主催して10月初旬に開催されているクラシック音楽主体の音楽祭。正式名称は「第n回仙台クラシックフェスティバルxxxx」(nは自然数。xxxxは西暦)で、略称は「せんくら」(以下、この略称を用いる)。仙台クラシックフェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • ユストゥス・フランツ

    ユストゥス・フランツから見たクラシック音楽クラシック音楽

    1986年に、ハンブルク高等音楽演劇学校の教授に就任する。出来る限り幅広い聴衆にクラシック音楽を広めることがフランツには重要だったので、同年にシュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭を創設し、1994年まで音楽祭の監督を務めた。同音楽祭は世界的水準の音楽祭に急成長し、国際的な最先端の芸術家によって、宮殿や施設、農場で音楽活動が営まれている。さらにフランツは1989年に、ドイツ=ソビエト青少年フィルハーモニー管弦楽団の設立者に名を連ねた。また、1995年には、さまざまな国々から新人演奏家を結集して、フィルハーモニー・デア・ナツィオーネンを結成した。ユストゥス・フランツ フレッシュアイペディアより)

  • 岸田繁

    岸田繁から見たクラシック音楽クラシック音楽

    1976年、京都府京都市北区に生まれる。父親がクラシック好きであったため、幼少の頃からクラシックなどに親しんでいた。小学校時代は走るのは速かったが、球技などが苦手で目立たない子供だったと語っている。身長が低いことにもコンプレックスをもっていたとのこと。音楽面では京都市交響楽団の公演を父親とともに見に行くこともあったという。小学校6年生のとき、通っていた学習塾でいじめに遭いそれがきっかけで私立中学の受験を決意する。地元では、女の子には好かれていたという。岸田繁 フレッシュアイペディアより)

  • クレオ・レーン

    クレオ・レーンから見たクラシック音楽クラシック音楽

    クレオ・レーン(Dame Cleo Laine, 1927年10月28日 ミドルセックス州クレメンタイン・ダイナー・キャンベル - )は、スキャットで名高いイギリスの大御所ヴォーカリストにしてミュージカル女優である。ジャズ、ジャズ、ポピュラー音楽、クラシック音楽の各部門においてグラミー賞にノミネートされたことのある唯一の女声歌手である。クレオ・レーン フレッシュアイペディアより)

  • オイゲン・キケロ

    オイゲン・キケロから見たクラシック音楽クラシック音楽

    オイゲン・キケロ(Eugen Cicero、Eugen Cziczeo、ルーマニア名 Eugen Ciceu、1940年6月27日 - 1997年12月5日)は、ジャズ・ピアノ奏者。クラシックをジャズ化して演奏し、成功を収めた第一人者である。中でもバッハの作品のジャズ化が有名である。息子のロゲル・キケロ(Roger Cicero)は、ドイツ語圏を中心に活躍中のシンガーである。オイゲン・キケロ フレッシュアイペディアより)

  • TAROかまやつ

    TAROかまやつから見たクラシック音楽クラシック音楽

    3歳よりクラシックピアノ、音楽理論、作曲法を、日本を代表するクラシック作曲家である黛敏郎に14年間師事する。初めての作曲は6歳の時作った「春」であるとライブのMCで語っていた。TAROかまやつ フレッシュアイペディアより)

  • チャック・シュルディナー

    チャック・シュルディナーから見たクラシック音楽クラシック音楽

    シュルディナーが、ギターを弾くようになったのは9歳の時であった。7歳年上で16歳だったシュルディナーの兄が死亡し、両親がシュルディナーの悲しみを癒そうとギターをシュルディナーに買ったのである。シュルディナーは、クラシック音楽のレッスンを受けるようになるが、シュルディナーの大して好きでもない「メリーさんのひつじ」を教えるこのレッスンには1年も通うことはなかった。このため、シュルディナーは、両親がガレージセールでエレクトリック・ギターを見つけて、シュルディナーに買い与えるまで、ギターをほとんど辞めてしまった。エレクトリック・ギターを手にしたシュルディナーは、すぐにそれに熱中するようになる。アンプを手に入れると、演奏、作曲などの練習をひたすら続けるようになる。シュルディナーは、週末になるとガレージか彼の部屋でギターを弾いて過ごしている事が知られていたが、平日はギターの演奏は3時間のセッションに制限されていた。シュルディナーが、最初にギターを公の場で演奏したのは、十代前半である。チャック・シュルディナー フレッシュアイペディアより)

  • ナナ・ムスクーリ

    ナナ・ムスクーリから見たクラシック音楽クラシック音楽

    クラシックの素養に裏打ちされた歌唱力もあって、持ち歌のレパートリーは大変広く、ジャズからポップス、クラシック、ギリシャ音楽からラテン、各国の民謡・童謡まで、オールラウンドにこなす。ナナ・ムスクーリ フレッシュアイペディアより)

  • イーサーン (ミュージシャン)

    イーサーン (ミュージシャン)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    ノルウェー南部の都市、ノトデンで生まれる。出生名は、ヴェガルド・スヴェレ・ツヴェイタン ()。7歳の時からピアノ、10歳の時からギターを弾くようになる。ギターを弾くようになってから少しすると、レコーディングを行うようになる。彼の興味は、ヘヴィメタル、クラシック音楽、アンビエント、テクノに向けられていた。彼は、ノルウェーの田舎にある広い牧場で育った。イーサーン (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • アメセル

    アメセルから見たクラシック音楽クラシック音楽

    アメリカにおいて生産されたサクソフォーンは、使用された管体等はフランスで製造された物と同一ではあるが、「注意:戦時中をまたぎ同一などない」、クラシックよりジャズ、フュージョン、ロック等を意識した調整、カスタマイズがされており、1983年に生産終了したにも関わらず、現代においても一線級のプロミュージシャンから一般のアマチュア奏者まで、多くのプレイヤーから大きな支持を得ている。理由としては、クラシック音楽への対応を意識してサウンドが明るい傾向にある現在の楽器より、完全にジャズ等に特化したその音質や音色、フィンガリング、ひとつひとつ丁寧に腕の良い職人たちによって制作された完成度や彫刻の美しさなどが挙げられる。。特にマーク6#9****前後と#14****前後のモデルは、それぞれマイケル・ブレッカー、デビッド・サンボーンという有名プレイヤーが使用していることや、特に#14****前後のシリアルのものは操作性も優れていることから非常に人気が高い。アメセル フレッシュアイペディアより)

1468件中 21 - 30件表示

「クラシック音楽」のニューストピックワード