1942件中 31 - 40件表示
  • 加古隆

    加古隆から見たクラシック音楽クラシック音楽

    作曲においては、ジャズ・クラシック・現代音楽の要素を融合させた独自の作曲形式を確立しており、ピアニストとしては、自身の作品の演奏を中心に活動している。また、映像作品とのコラボレーションによる音楽も数多く手掛け、映像音楽の作曲家としても活動の幅を広げている。自身の作品によるコンサートは世界各国に及び、オリジナルアルバムは50作品を超える。ピアノから紡ぎ出される透明な音の響きから、「ピアノの詩人」あるいは「ピアノの画家」と称される。1980年代からかぶり始めた帽子がトレードマークとなっており、ステージでも必ず身につけている。コンサートでの演奏は全て暗譜で行う。加古隆 フレッシュアイペディアより)

  • TAROかまやつ

    TAROかまやつから見たクラシック音楽クラシック音楽

    3歳よりクラシックピアノ、音楽理論、作曲法を、日本を代表するクラシック作曲家である黛敏郎に14年間師事する。初めての作曲は6歳の時作った「春」であるとライブのMCで語った。TAROかまやつ フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルク・フィリップ・テレマン

    ゲオルク・フィリップ・テレマンから見たクラシック音楽クラシック音楽

    テレマンは後期バロック音楽を代表するドイツの作曲家で、40歳以降は北ドイツのハンブルクで活躍した。18世紀前半のヨーロッパにおいては随一と言われる人気と名声を誇り、クラシック音楽史上もっとも多くの曲を作った作曲家として知られる。自身も オルガン、ハープシコード、リコーダー、リュートなど多くの楽器を演奏することができ、特にリコーダーについては高い技術を有する名人であった。ゲオルク・フィリップ・テレマン フレッシュアイペディアより)

  • バス (声域)

    バス (声域)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    クラシック音楽、特にオペラではしばしばバスを何種類かに区別する。「バッソ・プロフォンド」は特に深い声をもつ歌手で、B1くらいまでの低音を持つことがある。ロシアの合唱音楽などで求められるG1あたりのさらに低い音域を歌う歌手は「オクタヴィスト」と呼ばれる。それと対照的に「バッソ・カンタンテ」はより軽くもっと叙情的な声質で、やや高い声域を持つ歌手をいう。「バッソ・ブッフォ」は喜劇的な役割を得意とするバスに対して用いる。バス (声域) フレッシュアイペディアより)

  • クラシックカフェ

    クラシックカフェから見たクラシック音楽クラシック音楽

    NHK-FM放送のクラシック音楽番組。本項で詳述。クラシックカフェ フレッシュアイペディアより)

  • アンサンブル・プラネタ

    アンサンブル・プラネタから見たクラシック音楽クラシック音楽

    アンサンブル・プラネタは日本の歌手グループである。女声のみによるア・カペラ・コーラスでクラシックの楽曲やヨーロッパの民謡などを歌うユニークなスタイルを特徴とする。アンサンブル・プラネタ フレッシュアイペディアより)

  • クレオ・レーン

    クレオ・レーンから見たクラシック音楽クラシック音楽

    クレオ・レーン(Dame Cleo Laine, 1927年10月28日 ミドルセックス州クレメンタイン・ダイナー・キャンベル - )は、スキャットで名高いイギリスの大御所ヴォーカリストにしてミュージカル女優である。ジャズ、ポピュラー音楽、クラシック音楽の各部門においてグラミー賞にノミネートされたことのある唯一の女性歌手である。クレオ・レーン フレッシュアイペディアより)

  • ナナ・ムスクーリ

    ナナ・ムスクーリから見たクラシック音楽クラシック音楽

    クラシックの素養に裏打ちされた歌唱力もあって、持ち歌のレパートリーは大変広く、ジャズからポップス、クラシック、ギリシャ音楽からラテン、各国の民謡・童謡まで、オールラウンドにこなす。ナナ・ムスクーリ フレッシュアイペディアより)

  • 速弾き

    速弾きから見たクラシック音楽クラシック音楽

    速弾きはピアノやヴァイオリン、ベースといった楽器にも見ることはできる。ただし、ヴァイオリンやピアノはクラシック音楽に使用される場合が多くその際には既存の楽譜に基づいて演奏されるため、ある場面で素速い演奏が登場することはあらかじめ決まっていることが多くそれを指して特に「速弾き」と言われることは少ない。津軽三味線などの曲弾きの一部も、速弾きと表現されたりする。速弾き フレッシュアイペディアより)

  • サタジット・レイ

    サタジット・レイから見たクラシック音楽クラシック音楽

    1947年サタジットは、らと共同でコルカタ映画組合Calcutta Film Societyを設立した。彼らは数多い外国映画を上映し、サタジットはこれらを視聴し真剣に学んだ。第二次世界大戦中には友人となった駐コルカタアメリカ陸軍の軍人から上映される最新のアメリカ映画情報を仕入れた。また、知り合いになったイギリス空軍のノーマン・クレールからは、映画だけでなくチェスや西洋クラシック音楽をともに楽しむようになった。サタジット・レイ フレッシュアイペディアより)

1942件中 31 - 40件表示

「クラシック音楽」のニューストピックワード

  • Bat Out of Hell III: The Monster Is Loose

  • ジ・オックス:ザ・ラスト・オブ・ザ・グレート・ロック・スターズ

  • 牝馬デアリングタクト