1942件中 41 - 50件表示
  • 兵頭佐和子

    兵頭佐和子から見たクラシック音楽クラシック音楽

    メロディーが美しく、心が癒されると評するファンが多い。1st.アルバムにはスタンダード・ジャズも収録しているが、オリジナル楽曲の評価が高いことから2nd.3rd.ではオリジナル楽曲のみを収録。ソロ・ピアノの楽曲にはクラシックの影響やポップス的な要素もうかがえる。ライブはピアノ、ベース、ドラムスの編成によるピアノ・トリオでの演奏を基本とするが、クラシックの素養を生かしてピアノとビオラとチェロをアレンジしたトリオ、それに加えベース、パーカッションが入るクインテットの楽曲、また最新作の6thアルバムではトランペットとサックスの2管クインテットの楽曲、アレンジなども制作、演奏している。兵頭佐和子 フレッシュアイペディアより)

  • アングラ (バンド)

    アングラ (バンド)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    元ヴァイパー (VIPER) のヴォーカルアンドレ・マトスとギターのラファエル・ビッテンコートを中心に 1991年11月に結成された。1993年に『Angels Cry』でデビュー。レコーディングはカイ・ハンセンが所有するスタジオで行われた。ジャーマンメタルの影響が顕著なメロディックスピードメタルにクラシックを融合させたこのアルバムは、日本でも発売前から大きな話題を集め、最終的にはゴールドディスクを獲得している。なお、メンバーとしてクレジットされていたドラムのマルコ・アントゥネスはテクニック不足を理由としてレコーディング前にプロデューサーによって解雇されている。ちなみにAngels Cryのドラムは現ラプソディー・オブ・ファイアのアレックス・ホルツヴァルトと当時ガンマ・レイのドラマーだった、トーマス・ナックが叩いている。又、「Never Understand」ではカイ・ハンセンとディルク・シュレヒターがギターを担当している。アングラ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • バラード

    バラードから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ショパンに始まったクラシック音楽におけるバラードから派生した歌唱曲の様式。その特徴はクラシック音楽のものを踏襲しており、ゆったりしたテンポ、静かな楽想、美しいメロディラインやハーモニー、そしてラヴソングを中心とした感傷的な歌詞を音楽的な主軸とし、楽式的には、ピアノなどによる静かなイントロとエンディングに向けての劇的な盛り上がりが特徴とされる。バラード フレッシュアイペディアより)

  • エグベルト・ジスモンチ

    エグベルト・ジスモンチから見たクラシック音楽クラシック音楽

    1944年、ブラジル・リオデジャネイロ州の田舎町カルモ (Carmo) にて、レバノン人の父とイタリア人の母との間に生まれる。彼の家族は祖父と叔父がバンドを率いている音楽一家で、彼自身も5歳の時、クラシカルピアノ・フルート・クラリネットそして音楽理論のレッスンを開始する。10歳の時セレナータが好きな母のために独学でギターを始め、後にカスタムメイドの10弦、12弦、14弦の多弦ギターや両手タッピング奏法をマスターする。エグベルト・ジスモンチ フレッシュアイペディアより)

  • 六の和音

    六の和音から見たクラシック音楽クラシック音楽

    どちらを意味するかは時と場合によるが、一般に日本語においては、クラシック音楽で「六の和音」と呼べば前者を、ポピュラー音楽で「シクス」または「シックス」のように英語由来の外来語で呼べば後者を指すことが多い。六の和音 フレッシュアイペディアより)

  • コンサートホール

    コンサートホールから見たクラシック音楽クラシック音楽

    コンサートホール()あるいは音楽堂(おんがくどう)は主にクラシック音楽の演奏会が催されることを目的とした文化的な建築物である。多くのコンサートホールは、複数のホールや、より大きな芸術的または文化的複合施設の演奏用スペースの一部として存在する。コンサートホール フレッシュアイペディアより)

  • 器楽的幻覚

    器楽的幻覚から見たクラシック音楽クラシック音楽

    ドイツの影響が濃かった日本のクラシック音楽界にとって、ジル・マルシェックスのピアノ演奏会は新しいフランス風のエスプリを日本に吹き込み、ドビュッシーの演目などを浸透させるきっかけとなった。器楽的幻覚 フレッシュアイペディアより)

  • 定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台

    定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台から見たクラシック音楽クラシック音楽

    JSFの期間中、宮城県美術館、ドコモ東北ビル、三井アウトレットパーク 仙台港において開催される無料コンサート。JSF実行委員会主催ではないが、JSFの趣旨に賛同した団体が主催しているため「タイアップ」となっている。ただし、聴衆にとっては実質的にJSFのステージの1つである。なお、JSF期間中に仙台市野草園で開催されている「萩まつり」でも、邦楽や仙台フィルハーモニー管弦楽団によるクラシック音楽の演奏が行われているが、野草園の入場料を取っているためJSFのタイアップ・ステージに認められていない。定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台 フレッシュアイペディアより)

  • マンドリンオーケストラ

    マンドリンオーケストラから見たクラシック音楽クラシック音楽

    マンドリン音楽が興隆を極めたのは、19世紀から20世紀初頭にかけて、イタリアでのこと。マンドリン製作家ヴィナッチャによりマンドリンが現在の形のものに改良され、トレモロ奏法の重用があり、カルロ・ムニエル、ラファエレ・カラーチェなどがマンドリン奏者として活躍した。マンドリン音楽の流行は独奏のみならず合奏のニーズも生み出し、マンドラとマンドロンチェロが開発され、現在のマンドリンオーケストラの形が固まった。この時代に、マンドリンオーケストラのための曲、またクラシック作品のマンドリンオーケストラへの編曲が大量に作られたが、合奏向けに出版された作品は三重奏が圧倒的で、次いで四重奏が多く、マンドリンオーケストラの形態が合奏の主体であるとまではいえない状況にあった。マンドリンオーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • 森永乳業presents 平原綾香のヒーリング・ヴィーナス

    森永乳業presents 平原綾香のヒーリング・ヴィーナスから見たクラシック音楽クラシック音楽

    平原のベストアルバム『Dear Jupiter』にちなみ、コメントゲストのクラシック音楽および選曲したクラシック音楽の楽曲を紹介。森永乳業presents 平原綾香のヒーリング・ヴィーナス フレッシュアイペディアより)

1942件中 41 - 50件表示

「クラシック音楽」のニューストピックワード

  • Bat Out of Hell III: The Monster Is Loose

  • ジ・オックス:ザ・ラスト・オブ・ザ・グレート・ロック・スターズ

  • 牝馬デアリングタクト