1468件中 41 - 50件表示
  • MILLIONET

    MILLIONETから見たクラシック音楽クラシック音楽

    抽選中はクラシック音楽のアレンジが流れる。順番は以下のとおり。MILLIONET フレッシュアイペディアより)

  • 速弾き

    速弾きから見たクラシック音楽クラシック音楽

    速弾きはピアノやヴァイオリン、ベースといった楽器にも見ることはできる。ただし、ヴァイオリンやピアノはクラシック音楽に使用される場合が多くその際には既存の楽譜に基づいて演奏されるため、ある場面で素速い演奏が登場することはあらかじめ決まっていることが多くそれを指して特に「速弾き」と言われることは少ない。津軽三味線などの曲弾きの一部も、速弾きと表現されたりする。速弾き フレッシュアイペディアより)

  • 吉田ミカ

    吉田ミカから見たクラシック音楽クラシック音楽

    吉田ミカ(よしだ みか、1964年 - )は、日本のマリンバ奏者である。熊本県本渡市(現・天草市)出身。現在はニューヨーク在住。カナダ・トロント大学でパーカッショングループNEXUSに師事。現在はニューヨークでジャズをマイク・マイニエリに師事しながら幅広い演奏活動を展開している。ジャズのみならずクラシック、ポップスなどのジャンルで演奏を行なう。2012年リチャード・ストルツマンと結婚して、ミカ・ストルツマンと改名。吉田ミカ フレッシュアイペディアより)

  • ウィントン・マルサリス

    ウィントン・マルサリスから見たクラシック音楽クラシック音楽

    マルサリスは、現代において最も著名なジャズ・ミュージシャンの一人であり、クラシックの奏者としてもよく知られている。ジャズ・アット・リンカーン・センターの芸術監督を務めている。マルサリスは、ジャズ・パフォーマンスと作曲の技術、洗練されたスタイル、ジャズとジャズの歴史に関する知識、またクラシック音楽の演奏家であることによって名声を得ている。2006年現在で、16のクラシックと、30以上のジャズのレコードを出しており、クラシックとジャズの両部門で合わせて9つのグラミー賞を獲得している。ウィントン・マルサリス フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見たクラシック音楽クラシック音楽

    世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏分野の範疇にある。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • アレキシ・ライホ

    アレキシ・ライホから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ヘルシンキ郊外のエスポー出身。父がビートルズの曲を演奏していたことがきっかけで、ギターに興味を持つようになった。その後、7歳の頃からヴァイオリンを始める。この時期は、クラシック音楽の演奏が中心であった。しかし、姉の影響もあってロックへの興味も強まっていた。11歳の時、スティーヴ・ヴァイのアルバム、『PASSION AND WARFARE』に収録された『For The Love of God』のプロモーションビデオを見たのをきっかけに、ギターを手にする。以降は、ギターに熱中するようになる。アレキシ・ライホ フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦

    ソビエト連邦から見たクラシック音楽クラシック音楽

    国内における報道管制の一環として、共産党書記長などの党の要人が死去した際には、党による正式発表に先立ち、テレビやラジオが通常の番組を急遽停止し、クラシック音楽もしくは第二次世界大戦戦史などの歴史の映像に切り替わり、クレムリンなどの要所に掲揚されている国旗が半旗になるのが慣わしであった。このため、国民(と西側の報道機関)の多くは、テレビやラジオの番組が変更され、要所に掲揚されている国旗が半旗になる度に、どの要人が死去したかを推測しあっていたと言われている。ソビエト連邦 フレッシュアイペディアより)

  • クラシックカフェ

    クラシックカフェから見たクラシック音楽クラシック音楽

    NHK-FM放送のクラシック音楽番組。本項で詳述。クラシックカフェ フレッシュアイペディアより)

  • 武満徹

    武満徹から見たクラシック音楽クラシック音楽

    生後1ヶ月で、父の勤務先である満洲の大連に渡る。1937年、小学校入学のために単身帰国し、東京市本郷区の富士前小学校に入学、7年間にわたって叔父の家に寄留する。叔母は生田流箏曲の師匠であり、初期の習作的な作品『二つの小品』(1949年、未完)には箏の奏法の影響が見られる。この頃に従兄弟からレコードで聴かされたベートーヴェンやメンデルスゾーンなどのクラシック音楽には興味を示さなかったが、その一方で1942年に行われた「新作曲派協会」第2回作品発表会に足を運び、後に作曲を師事する清瀬保二の『ヴァイオリンソナタ第1番』のような、当時としては新しい音楽に感動していたとされる。武満徹 フレッシュアイペディアより)

  • トロンボーン

    トロンボーンから見たクラシック音楽クラシック音楽

    トロンボーンもしくはトロムボーンは、中型の金管楽器。2つの長いU字型の管を繋ぎ合わせた形状を持ち、通常、その一部(スライド)を伸縮させて音程の高低を生み出す。一般的に使われるテナートロンボーンとバストロンボーンの調性は変ロ調(B♭)であるが、記譜は実音で書かれる。クラシック音楽やジャズをはじめ、多くの分野で使用される。トロンボーン フレッシュアイペディアより)

1468件中 41 - 50件表示

「クラシック音楽」のニューストピックワード