1468件中 51 - 60件表示
  • 現代音楽

    現代音楽から見たクラシック音楽クラシック音楽

    現代音楽(げんだいおんがく)は、西洋クラシック音楽の流れにあり20世紀後半から現在に至る音楽を指す。ドイツ語では「Neue Musik」、英語では「20th century classical music」などと表記されるようにその定義も非常に曖昧であり、他の時代の西洋音楽史の区分のように、様式によって区分されたものではない。現代音楽は調性をはじめとする従来の音楽様式を否定した先鋭的な音楽を指すことが多い。最も顕著な特徴は無調への傾倒と不協和音の多用である。また、一般大衆向けよりもどちらかというと、一部のマニア的聴衆や専門家向けに書かれることが多く、スノビズムであるとの批判が次第に高まっていく。現代音楽 フレッシュアイペディアより)

  • バス (声域)

    バス (声域)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    クラシック音楽、特にオペラではしばしばバスを何種類かに区別する。「バッソ・プロフォンド」は特に深い声をもつ歌手で、B1くらいまでの低音を持つことがある。ロシアの合唱音楽などで求められるG1あたりのさらに低い音域を歌う歌手は「オクタヴィスト」と呼ばれる。それと対照的に「バッソ・カンタンテ」はより軽くもっと叙情的な声質で、やや高い声域を持つ歌手をいう。「バッソ・ブッフォ」は喜劇的な役割を得意とするバスに対して用いる。バス (声域) フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ガーシュウィン

    ジョージ・ガーシュウィンから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin、1898年9月26日 - 1937年7月11日)は、アメリカの作曲家。ポピュラー音楽・クラシック音楽の両面で活躍し、「アメリカ音楽」を作り上げた作曲家として知られる。通称『完璧な音楽家』。ジョージ・ガーシュウィン フレッシュアイペディアより)

  • アルモニカ

    アルモニカから見たクラシック音楽クラシック音楽

    日本においては、ガラス業界の専門家である小塚三喜夫がこの楽器を見出し、日本第1号機としてフィンケンバイナーに依頼し、1990年から1991年にかけて製作された渾身の1台が1992年に日本の地に渡った。小塚は2007年より、作曲家兼ピアニストの尾西秀勝と共に二人でクラシックの中で正統的にこの楽器が使用されることを普及させるべく献身しており、日本における貴重なパイオニアである。アルモニカ フレッシュアイペディアより)

  • 銀河英雄伝説

    銀河英雄伝説から見たクラシック音楽クラシック音楽

    主なBGMにはクラシック、特にマーラーの交響曲など、19世紀後半から20世紀初頭にかけての後期ロマン派音楽を数多く使用している。これはアニメ版製作の中核企業だった徳間グループの音楽部門会社・徳間ジャパンが旧東独のドイツ・シャルプラッテンレコードの音源を大量に持っていたことから実現したもので、音響監督の明田川進が73枚のCDからキャラクター性を持たせた上でなるべく帝国と同盟の区分けを意識して選曲された。映画版第1作目の第4次ティアマト会戦における「ボレロ」の使用については、脚本の首藤剛志が「ボレロのような曲を使いたい」という注文をして「じゃあボレロを使いましょう」と担当者が提案した。銀河英雄伝説 フレッシュアイペディアより)

  • NHK交響楽団

    NHK交響楽団から見たクラシック音楽クラシック音楽

    N響「夏」 7月、ポピュラーなクラシック音楽でプログラムが組まれ、NHKホールで開催される。NHK交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • プログレッシブ・ロック

    プログレッシブ・ロックから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ロックの表現方法が多様化する流れのなか、それまでのシングル用の曲作りから大幅に踏み出した制作姿勢をもつバンドを総称した呼び方である。ロックというジャンルにとらわれることなく、他ジャンルの影響を反映した、前衛的あるいは先進的(プログレッシブ)・実験的な音楽といえる。クラシックやジャズなど、その音楽のアプローチや演奏法にとどまらず、精神までも取り込もうとしていた。しかし軸足はあくまでロックの側にあり、progressiveという形容は「ロックとして」先進的であるという認識が正しい。その為後述するように、精神性や技術力が著しく高く、文字通りプログレッシヴな音楽を志向しているミュージシャンが、ロックの要素が薄いためにこの定義に含められないこともままある。プログレッシブ・ロック フレッシュアイペディアより)

  • 加古隆

    加古隆から見たクラシック音楽クラシック音楽

    作曲においては、ジャズ・クラシック・現代音楽の要素を融合させた独自の作曲形式を確立しており、ピアニストとしては、自身の作品の演奏を中心に活動している。ジャズや自然をテーマにした作品から、絵画・文学・浮世絵・ダンス・建築といった他の様々な芸術から着想を得た作品まで、その音楽のスタイルは自由かつ幅広く、個性に富んでいる。また、映像とのコラボレーションによる音楽も数多く手掛け、映像音楽の作曲家としても活動の幅を広げている。自身の作品によるコンサートは世界各国に及び、オリジナルアルバムは50作品を超える。ピアノから紡ぎ出される透明な音の響きから、「ピアノの画家」と称される。1980年代からかぶり始めた帽子がトレードマークとなっており、演奏の際にも必ず身につけている。ピアノはベーゼンドルファーを愛用し、曲の世界に深く入り込むために、演奏は全て暗譜で行う。加古隆 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見たクラシック音楽クラシック音楽

    音楽番組(おんがくばんぐみ)とは、歌手、ミュージシャン、音楽家が出演し、楽曲の演奏を披露することを主体とした放送番組(テレビ番組、ラジオ番組)のこと。ジャンルは歌謡曲、ポップス(J-POP)、洋楽、ロック、ジャズ、クラシックなど多種多様である。楽曲の歌唱に限ったものでは、歌番組(うたばんぐみ)とも呼ばれる。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • 船本孝宏

    船本孝宏から見たクラシック音楽クラシック音楽

    船本 孝宏(ふなもと たかひろ、1980年4月2日 - )はクラシック音楽を中心に活動する作曲家。船本孝宏 フレッシュアイペディアより)

1468件中 51 - 60件表示

「クラシック音楽」のニューストピックワード