1942件中 61 - 70件表示
  • イーサーン (ミュージシャン)

    イーサーン (ミュージシャン)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    ノルウェー南部の都市、ノトデンで生まれる。出生名は、ヴェガルド・スヴェレ・ツヴェイタン ()。ノルウェーの田舎にある広い牧場で育つ。7歳の時からピアノ、10歳の時からギターを弾くようになり、その後少しして、レコーディングを行うようになる。彼の興味は、ヘヴィメタル、クラシック音楽、アンビエント、テクノにあった。イーサーン (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • サントリーホール

    サントリーホールから見たクラシック音楽クラシック音楽

    東京初のクラシック音楽コンサート専用設計ホールである。多くの来日オーケストラや著名なソリストの東京圏に於ける公演が行われている。大ホールは舞台後方にも客席があるヴィンヤード型コンサートホールであるが、座席の配置上、本格的舞台装置や背景を必要とする伝統的なオペラやバレエは上演できない。クラシック専用設計であるが、他のジャンルの演奏会が開催される事もある。サントリーホール フレッシュアイペディアより)

  • 銀河英雄伝説 (アニメ)

    銀河英雄伝説 (アニメ)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    主なBGMにはクラシック、特にマーラーの交響曲など、19世紀後半から20世紀初頭にかけての後期ロマン派音楽を数多く使用している。これはアニメ版製作の中核企業だった徳間グループの音楽部門会社・徳間ジャパンが東ドイツのドイツ・シャルプラッテンレコードの音源を大量に持っていたことから実現したもので、音響監督の明田川進が73枚のCDからキャラクター性を持たせた上でなるべく帝国と同盟の区分けを意識して選曲された。劇場版第一弾『わが征くは星の大海』の第4次ティアマト会戦における「ボレロ」の使用については、脚本を手掛けた首藤剛志の仕事場に原作者の田中芳樹が訪れた際、ラヴェルの「ボレロ」をクライマックスで使うことを提案して了解を貰ったが、後にラヴェルの日本での著作権の保護期間が第二次世界大戦に伴う戦時加算によって延長され、ラヴェルの死後50年以上たっても遺族関係者が権利を保有していたため、著作権フリーで使えないことが判明。しかし原作者了解の下、脚本・絵コンテなど戦闘シーンで「ボレロ」を使用する前提で書かれていたため、プロデューサーの田原がボレロの使用を決断し(「ボレロ」自体は印税を支払えば使用可能)、「どうせ『ボレロ』を使うなら」と『銀河英雄伝説』用に井上道義の指揮・新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏で新収録した楽曲が使用された。銀河英雄伝説 (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • コンパクトディスク

    コンパクトディスクから見たクラシック音楽クラシック音楽

    CD初期の最大収録時間(74分42秒)が決まったいきさつについて、開発元のソニーによれば以下の通りである。開発の過程でカセットテープの対角線と同じでDINに適合する11.5cm(約60分)を主張するフィリップスに対し、当時ソニー副社長で声楽家出身の大賀典雄が「オペラ一幕分、あるいはベートーヴェンの第九が収まる収録時間」(12cm、74分)を主張して調査した結果クラシック音楽の95%が75分あれば1枚に収められることからそれを押し通した。その大きな要因となったのが、指揮者のカラヤンであった。コンパクトディスク フレッシュアイペディアより)

  • 転校生 (映画)

    転校生 (映画)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    音楽は経費節減もあって、既存レコードの家庭名曲アルバムがそのまま用いられたが、「タイスの瞑想曲」や「トロイメライ」など、誰もが馴染み深いクラシック名曲の数々が嫋嫋と流れ効果を挙げている。転校生 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 船本孝宏

    船本孝宏から見たクラシック音楽クラシック音楽

    船本 孝宏(ふなもと たかひろ、1980年4月2日)は、クラシック音楽を中心に活動する作曲家。船本孝宏 フレッシュアイペディアより)

  • ストリーム (TBSラジオ)

    ストリーム (TBSラジオ)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    印南敦史(ライター) ? 不定期出演。2007年以降、「ジャンル不問の音楽目利き」を自称し、クラシック音楽も取り上げるようになった。ストリーム (TBSラジオ) フレッシュアイペディアより)

  • グラミー賞

    グラミー賞から見たクラシック音楽クラシック音楽

    なお、日本では「グラミー賞」創設に啓発されるかたちで、翌1959年に日本レコード大賞が創設されている。また、1977年イギリスにおいて、音楽雑誌グラモフォン誌が主催するクラシック音楽の賞と、英国レコード産業協会が主催するポピュラー音楽に関する賞ブリット・アワードが創設され、現在に到っている。グラミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • リフ

    リフから見たクラシック音楽クラシック音楽

    音楽におけるリフ(riff)は、オスティナート、つまり、繰り返されるコード進行、音型、リフレイン、または旋律の音型であり、主にリズムセクションの楽器によって演奏され、楽曲の基礎や伴奏として成立するものを指す(特にロック、ラテン、ファンク、またジャズで顕著である)。ラヴェルの『ボレロ』のように、クラシックもまた、時にシンプルなリフの上に成り立っている。シンプルでありながらキャッチーなリズムの音型をホンキングするサックスのように、あるいは、カウント・ベイシー・オーケストラのヘッド・アレンジに於ける、リフを基に展開される変奏のように、リフとは単純でもあり、逆に複雑なものとしても成立する。リフ フレッシュアイペディアより)

  • 西オーストラリア・パフォーミングアート・アカデミー

    西オーストラリア・パフォーミングアート・アカデミーから見たクラシック音楽クラシック音楽

    演技、ミュージカル、監督、ダンス、ジャズ、コンテンポラリー・ミュージック、クラシック音楽、パフォーマンスアート、制作、デザイン、プロデューサー、ディレクターに関する技能を教えている。(現在、放送については、エディスコーワン大学内のコミュニケーション芸術学校 (the School of Communications and Arts) で授業が行われている)。西オーストラリア州政府の主導により、州政府とオーストラリア政府の支援を受けている。エディスコーワン大学や大学院の入学要件を満たすことにより、大学や院の単位を取得しながら実技指導を受けることができ、卒業時に、エディスコーワン大学の博士、修士、学士の学位を取得出来る。また、高等教育機関修了と同等のディプロマを取得できるコースも用意されている。西オーストラリア・パフォーミングアート・アカデミー フレッシュアイペディアより)

1942件中 61 - 70件表示

「クラシック音楽」のニューストピックワード

  • Bat Out of Hell III: The Monster Is Loose

  • ジ・オックス:ザ・ラスト・オブ・ザ・グレート・ロック・スターズ

  • 牝馬デアリングタクト