1468件中 61 - 70件表示
  • ビルボード

    ビルボードから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ビルボードのチャートといえば、それぞれ最新の100曲と200曲を取り扱う「Hot 100」(主にシングル)と「Billboard 200」(主にアルバム)が広く知られているが、ジャンルごとのチャートも取り扱っている。カントリーミュージック、ブルーグラス、ジャズ、クラシック、R&B、ヒップホップ、電子音楽、ラテン音楽、宗教音楽、さらに着メロまでチャートとして掲載されている。チャートの長さは一定ではなく、トップ10からトップ75まで様々である。ビルボード フレッシュアイペディアより)

  • クロスオーバー (音楽)

    クロスオーバー (音楽)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    ロックが1960年代に発展する過程でブルースを発展させるだけでなく、主にクリームなど演奏能力に長けたバンドがジャズやクラシック音楽を取り入れてロックの概念を広げていった。それらはやがてレッド・ツェッペリンなどに代表されるハードロック、ヘヴィメタルやキング・クリムゾンなどに代表されるプログレッシブ・ロックなどとして大きく発展していくことになる。クロスオーバー (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • コンサートホール

    コンサートホールから見たクラシック音楽クラシック音楽

    コンサートホール(、)は主にクラシック音楽の演奏会が催されることを目的とした文化的な建築物である。多くのコンサートホールは、複数のホールや、より大きな芸術的または文化的複合施設の演奏用スペースの一部として存在する。コンサートホール フレッシュアイペディアより)

  • 音楽史

    音楽史から見たクラシック音楽クラシック音楽

    ここでは、主には西洋音楽、特にクラシック音楽の歴史を解説する。楽譜の歴史については「楽譜」を、年表については「西洋音楽年表」を参照のこと。音楽史 フレッシュアイペディアより)

  • ジュスカ・グランペール

    ジュスカ・グランペールから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ジプシージャズやパリミュゼット、ラテン音楽、クラシック音楽など様々な音楽の要素を取り入れた「ジュスカサウンド」は、ジャンルを越えて独自の世界観を作り出している。ジュスカ・グランペール フレッシュアイペディアより)

  • ブラックメタル

    ブラックメタルから見たクラシック音楽クラシック音楽

    クラシック的なフレーズの多用。又はメロディやリフ、フレーズがクラシックと似ている。ブラックメタル フレッシュアイペディアより)

  • ルネッサンス (バンド)

    ルネッサンス (バンド)から見たクラシック音楽クラシック音楽

    1968年(昭和43年)のヤードバーズ解散後、メンバーだったキース・レルフ(Vocal & Harmonica)とジム・マッカーティー(Drums)の2人は、フォーク・デュオ「トゥゲザー」を結成するが、これはシングル盤1枚を出しただけで活動を終了した。この後、2人は新たにルイス・セナモ(Bass)、ジョン・ホウクン(Keyboard)、キースの妹のジェーン・レルフ(Vocal)の3人を加え5人編成となり、1969年(昭和44年)バンド名をルネッサンスとして活動を開始した。バンド名をタイトルにしたアルバム『RENAISSANCE(ルネッサンス)』を発表している。サウンドはヤードバーズ時代のブルースとはうって変わり、フォークにクラシックを加えたものであった。ルネッサンス (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド

    フィンランドから見たクラシック音楽クラシック音楽

    クラシック音楽においてはジャン・シベリウスが世界的に有名であり、国民的英雄ともなっている。フィンランドでは、彼の交響詩「フィンランディア」の「フィンランディア賛歌」と呼ばれるメロディに詩人であるヴェイッコ・アンテロ・コスケンニエミが歌詞をつけたものが第二国歌として深く親しまれている。シベリウス以後にもアーッレ・メリカント(1893-1958)、レーヴィ・マデトヤ(1887-1947)が現れ、国際的評価を得た。その後も、カイヤ・サーリアホやマグヌス・リンドベルイなどの作曲家が世界的な評価を得ており、オペラ作品もエイノユハニ・ラウタヴァーラ、ヨーナス・コッコネン、アウリス・サッリネンなどの逸材が制作、上演に積極的である。フィンランド フレッシュアイペディアより)

  • ビリー・ジョエル

    ビリー・ジョエルから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ポピュラー音楽からの引退を宣言した一方で、彼はクラシック音楽への路線変更を試み、2001年に初のクラシック作品『ファンタジーズ・アンド・デリューションズ』をリリースした。朝鮮系イギリス人のピアニスト、リチャード・ジューによる演奏をフィーチャーしたこのピアノ曲集は、ビルボードのクラシック専門チャートで18週に渡って首位を記録した。しかしその後は、アルコール依存症や鬱病が原因で入院したり、3度の交通事故を起こしたりと、私生活で数多くのアクシデントに見舞われている。ビリー・ジョエル フレッシュアイペディアより)

  • 藤山一郎

    藤山一郎から見たクラシック音楽クラシック音楽

    藤山 一郎(ふじやま いちろう、1911年(明治44年)4月8日 - 1993年(平成5年)8月21日)は、日本の歌手・声楽家・作曲家・指揮者。本名は増永 丈夫(ますなが たけお)。本名ではクラシック音楽の声楽家・バリトン歌手として活躍した。東京府東京市日本橋区蛎殻町(後の東京都中央区日本橋蛎殻町)出身。東京音楽学校(後の東京藝術大学音楽学部)卒業(首席)。藤山一郎 フレッシュアイペディアより)

1468件中 61 - 70件表示

「クラシック音楽」のニューストピックワード