1942件中 81 - 90件表示
  • ビリー・ジョエル

    ビリー・ジョエルから見たクラシック音楽クラシック音楽

    ポピュラー音楽からの引退を宣言した一方で、彼はクラシック音楽への路線変更を試み、2001年に初のクラシック作品『ファンタジーズ・アンド・デリューションズ』をリリースした。韓国系イギリス人のピアニスト、リチャード・ジューによる演奏をフィーチャーしたこのピアノ曲集は、ビルボードのクラシック専門チャートで18週に渡って首位を記録した。しかしその後は、アルコール依存症や鬱病が原因で入院したり、3度の交通事故を起こしたりと、私生活で数多くのアクシデントに見舞われている。ビリー・ジョエル フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見たクラシック音楽クラシック音楽

    ジャンルは歌謡曲、ポップス、J-POP、アニメソング、洋楽、K-POP、ロック、ジャズ、クラシックなど多種多様である。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • つげ義春

    つげ義春から見たクラシック音楽クラシック音楽

    当初は一冊分(128ページ)買取3万円で貸本漫画に数多く執筆していた。この頃、永島慎二・遠藤政治と親交を持つようになる。新漫画党の集まりにも度々参加するも人見知りが激しく、トキワ荘系の漫画家とは、それほど交流を持つことはなかったが、トキワ荘へ引っ越す前の赤塚不二夫とだけは、赤塚の部屋に出入りして、漫画論を交わしたり泊まったりしていた。手塚治虫の影響を強く受けた『生きていた幽霊』(56)やトリック推理ものである『罪と罰』を契機として江戸川乱歩的なデカダンス風の推理ドラマをはじめ、『四つの犯罪』では初めて作者の温泉への憧憬もうかがわれる。探偵もの『七つの墓場』や『うぐいすの鳴く夜』、『おばけ煙突』、『ある一夜』なども描かれた。これらの作品は、ストーリーとしては完成度が高いもので、『ガロ』時代の旅ものを思わせるユーモアの片鱗をも随所にちりばめられていた。しかしながら『不思議な手紙』などの暗いタッチが主流を占め、当時の貸本マンガの主要読者層だった小学校高学年〜中学生からは不評を買うこととなり、出版社からももっと明るい作風を要求された。翌1956年には早くも創作に行き詰まり、岡田晟の手伝いをするようになり、クラシック音楽とコーヒーに傾倒するようになる。J.S.バッハ以前の音楽を愛好し、特に宗教曲、ルネサンス音楽には造詣が深く、現在に至ってもモンテヴェルディ、ドラランド、シャルパンティエ、タヴァーナーなどをよく聴く。この当時は池袋の「小山」、高田馬場の「らんぶる」などの名曲喫茶へしばしば通っていた。一方で、作品に音楽が登場する場面は意外に少なく、その後の作品を含めても「四つの犯罪」、「やなぎや主人」、「散歩の日々」くらいである。つげ義春 フレッシュアイペディアより)

  • ゲレン大嶋

    ゲレン大嶋から見たクラシック音楽クラシック音楽

    三線プレイヤー・作曲家として活躍する。沖縄音楽をベースに、ブラジル音楽、ポップス、ジャズ、ロック、クラシックなど、幅広いジャンルのエッセンスを融合させた独自の音楽を送り出す。ゲレン大嶋 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽史

    音楽史から見たクラシック音楽クラシック音楽

    ここでは、主にはヨーロッパを起源とする西洋音楽、特にクラシック音楽の歴史を解説する。楽譜の歴史については「楽譜」を、年表については「西洋音楽年表」を参照のこと。音楽史 フレッシュアイペディアより)

  • サクソフォーン

    サクソフォーンから見たクラシック音楽クラシック音楽

    クラシック音楽からポップス、ロック、ジャズに至るまで、様々な分野の音楽で用いられる。特に吹奏楽やビッグバンドには欠かせない存在である。管弦楽では使用されることは少ないが、曲によっては使用される場合もある。ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4本のサクソフォーンで演奏されるサクソフォーン四重奏は、クラシカルサクソフォーンの代表的な合奏形態のひとつである。サクソフォーン四重奏のためのオリジナル作品も多数存在する。サクソフォーン フレッシュアイペディアより)

  • プログレッシブ・ロック

    プログレッシブ・ロックから見たクラシック音楽クラシック音楽

    プログレッシブ・ロックとは進歩的ロック、クラシック的ロック、アート・ロック、前衛ロック、実験的ロックなどの概念を包括したジャンルである。このジャンルが成立した過程は、ロックの表現方法が多様化する流れのなか、60年代後半にはそれまでのシングル用の曲作りから、アルバム志向で音楽作りをしたと考えるバンドが登場した。ロックというジャンルにとらわれることなく、他ジャンルの影響を反映した、前衛的あるいは先進的(プログレッシブ)・実験的な音楽思考である。クラシックやジャズなど、その音楽のアプローチや演奏法、スピリットを取り入れようとした。しかし軸足はあくまでロックの側にあり、progressiveという形容はロックとして進歩的であるということである。プログレッシブ・ロック フレッシュアイペディアより)

  • NHK交響楽団

    NHK交響楽団から見たクラシック音楽クラシック音楽

    N響「夏」 - 7月、ポピュラーなクラシック音楽でプログラムが組まれ、NHKホールで開催される。NHK交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見たクラシック音楽クラシック音楽

    世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深い。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 武満徹

    武満徹から見たクラシック音楽クラシック音楽

    生後1ヶ月で、父の勤務先である満洲の大連に渡る。1937年、小学校入学のために単身帰国し、東京市本郷区の富士前尋常小学校に入学、7年間にわたって叔父の家に寄留する。叔母は生田流箏曲の師匠であり、初期の習作的な作品『二つの小品』(1949年、未完)には箏の奏法の影響が見られる。この頃に従兄弟からレコードで聴かされたベートーヴェンやメンデルスゾーンなどのクラシック音楽には興味を示さなかったが、その一方で1948年に行われた「新作曲派協会」第2回作品発表会に足を運び、後に作曲を師事する清瀬保二の『ヴァイオリンソナタ第1番』のような、当時としては新しい音楽に感動していたとされる。武満徹 フレッシュアイペディアより)

1942件中 81 - 90件表示

「クラシック音楽」のニューストピックワード

  • 本当に良い顔をしていた

  • 1万人の第九2018〜Sexy Zone マリウス葉世紀の大合唱に挑戦!〜

  • 残り50メートルで疲れてしまった