76件中 31 - 40件表示
  • クラシック音楽

    クラシック音楽から見たテンポ

    16世紀頃から使われたクラシック音楽の記譜法は、ヨーロッパ以外の伝統音楽やポピュラー音楽の記譜法と大きく異なる。クラシック音楽では楽譜は、作曲家が演奏家に曲の音高(メロディ、ベースライン、コード等)、テンポ、拍子、リズムを示すために使われた。そのため、ヨーロッパ以外の伝統音楽やジャズ、ブルースのようなポピュラー音楽によく見られる、即興や自由な装飾が施しにくい。しかし、クラシック音楽の記譜法により、フーガ、協奏曲、交響曲、ソナタ、オペラといった非常に精巧な展開を作り上げ、より大きな構成を保持し、複雑な楽曲を作り出すことができる。クラシック音楽 フレッシュアイペディアより)

  • クラシック音楽

    クラシック音楽から見たポピュラー音楽

    16世紀頃から使われたクラシック音楽の記譜法は、ヨーロッパ以外の伝統音楽やポピュラー音楽の記譜法と大きく異なる。クラシック音楽では楽譜は、作曲家が演奏家に曲の音高(メロディ、ベースライン、コード等)、テンポ、拍子、リズムを示すために使われた。そのため、ヨーロッパ以外の伝統音楽やジャズ、ブルースのようなポピュラー音楽によく見られる、即興や自由な装飾が施しにくい。しかし、クラシック音楽の記譜法により、フーガ、協奏曲、交響曲、ソナタ、オペラといった非常に精巧な展開を作り上げ、より大きな構成を保持し、複雑な楽曲を作り出すことができる。クラシック音楽 フレッシュアイペディアより)

  • クラシック音楽

    クラシック音楽から見たグレゴリオ聖歌

    6世紀頃、キリスト教の聖歌であるグレゴリオ聖歌や、多声音楽が生まれた。これが中世西洋音楽の始まりである。9世紀頃、グレゴリオ聖歌がネウマ譜で記譜されるようになった。これが発展し、15世紀にはフランスのブルゴーニュ地方でルネサンス音楽が確立された。16世紀には本格的な器楽音楽の発達、オペラの誕生が起こり、宮廷の音楽が栄えた(バロック音楽)。これ以前の音楽を初期音楽とよぶことが多い。その後18世紀半ばになると民衆にも音楽が広まり、古典派音楽とよばれる「形式」や「和声」に重点をおいた音楽に発展した。またこの頃から一般的に音楽が芸術として見られるようになる。19世紀には「表現」に重点を置いたロマン派音楽に移行し、各国の民謡などを取り入れた国民楽派も生まれる。20世紀頃には「気分」や「雰囲気」で表現する印象主義音楽や、和声及び調の規制をなくした音楽などの近代音楽が生まれ、さらに第二次世界大戦後は現代音楽とよばれる自由な音楽に発展した。クラシック音楽 フレッシュアイペディアより)

  • クラシック音楽

    クラシック音楽から見た初期音楽

    6世紀頃、キリスト教の聖歌であるグレゴリオ聖歌や、多声音楽が生まれた。これが中世西洋音楽の始まりである。9世紀頃、グレゴリオ聖歌がネウマ譜で記譜されるようになった。これが発展し、15世紀にはフランスのブルゴーニュ地方でルネサンス音楽が確立された。16世紀には本格的な器楽音楽の発達、オペラの誕生が起こり、宮廷の音楽が栄えた(バロック音楽)。これ以前の音楽を初期音楽とよぶことが多い。その後18世紀半ばになると民衆にも音楽が広まり、古典派音楽とよばれる「形式」や「和声」に重点をおいた音楽に発展した。またこの頃から一般的に音楽が芸術として見られるようになる。19世紀には「表現」に重点を置いたロマン派音楽に移行し、各国の民謡などを取り入れた国民楽派も生まれる。20世紀頃には「気分」や「雰囲気」で表現する印象主義音楽や、和声及び調の規制をなくした音楽などの近代音楽が生まれ、さらに第二次世界大戦後は現代音楽とよばれる自由な音楽に発展した。クラシック音楽 フレッシュアイペディアより)

  • クラシック音楽

    クラシック音楽から見たオックスフォード英語辞典

    「クラシック音楽」という用語は早くとも19世紀まで使われていなかった。その頃、ヨハン・セバスチャン・バッハからルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの時代の音楽を復活させる試みがなされたことにより、クラシック音楽が他と区別されるようになった。初めてオックスフォード英語辞典でクラシック音楽に言及されたのは1836年のことである。クラシック音楽 フレッシュアイペディアより)

  • クラシック音楽

    クラシック音楽から見たオペラ=バレ

    オペラ・バレエ(リムスキー=コルサコフの「」など、オペラの中のバレエではなくてバレエの比重が半分以上あるもの)クラシック音楽 フレッシュアイペディアより)

  • クラシック音楽

    クラシック音楽から見たフランス

    6世紀頃、キリスト教の聖歌であるグレゴリオ聖歌や、多声音楽が生まれた。これが中世西洋音楽の始まりである。9世紀頃、グレゴリオ聖歌がネウマ譜で記譜されるようになった。これが発展し、15世紀にはフランスのブルゴーニュ地方でルネサンス音楽が確立された。16世紀には本格的な器楽音楽の発達、オペラの誕生が起こり、宮廷の音楽が栄えた(バロック音楽)。これ以前の音楽を初期音楽とよぶことが多い。その後18世紀半ばになると民衆にも音楽が広まり、古典派音楽とよばれる「形式」や「和声」に重点をおいた音楽に発展した。またこの頃から一般的に音楽が芸術として見られるようになる。19世紀には「表現」に重点を置いたロマン派音楽に移行し、各国の民謡などを取り入れた国民楽派も生まれる。20世紀頃には「気分」や「雰囲気」で表現する印象主義音楽や、和声及び調の規制をなくした音楽などの近代音楽が生まれ、さらに第二次世界大戦後は現代音楽とよばれる自由な音楽に発展した。クラシック音楽 フレッシュアイペディアより)

  • クラシック音楽

    クラシック音楽から見たペール・ギュント (グリーグ)

    劇付随音楽:演奏会形式の組曲で上演されることも多い(グリーグの《ペール・ギュント》など)クラシック音楽 フレッシュアイペディアより)

  • クラシック音楽

    クラシック音楽から見た記譜法

    16世紀頃から使われたクラシック音楽の記譜法は、ヨーロッパ以外の伝統音楽やポピュラー音楽の記譜法と大きく異なる。クラシック音楽では楽譜は、作曲家が演奏家に曲の音高(メロディ、ベースライン、コード等)、テンポ、拍子、リズムを示すために使われた。そのため、ヨーロッパ以外の伝統音楽やジャズ、ブルースのようなポピュラー音楽によく見られる、即興や自由な装飾が施しにくい。しかし、クラシック音楽の記譜法により、フーガ、協奏曲、交響曲、ソナタ、オペラといった非常に精巧な展開を作り上げ、より大きな構成を保持し、複雑な楽曲を作り出すことができる。クラシック音楽 フレッシュアイペディアより)

  • クラシック音楽

    クラシック音楽から見た国民楽派

    6世紀頃、キリスト教の聖歌であるグレゴリオ聖歌や、多声音楽が生まれた。これが中世西洋音楽の始まりである。9世紀頃、グレゴリオ聖歌がネウマ譜で記譜されるようになった。これが発展し、15世紀にはフランスのブルゴーニュ地方でルネサンス音楽が確立された。16世紀には本格的な器楽音楽の発達、オペラの誕生が起こり、宮廷の音楽が栄えた(バロック音楽)。これ以前の音楽を初期音楽とよぶことが多い。その後18世紀半ばになると民衆にも音楽が広まり、古典派音楽とよばれる「形式」や「和声」に重点をおいた音楽に発展した。またこの頃から一般的に音楽が芸術として見られるようになる。19世紀には「表現」に重点を置いたロマン派音楽に移行し、各国の民謡などを取り入れた国民楽派も生まれる。20世紀頃には「気分」や「雰囲気」で表現する印象主義音楽や、和声及び調の規制をなくした音楽などの近代音楽が生まれ、さらに第二次世界大戦後は現代音楽とよばれる自由な音楽に発展した。クラシック音楽 フレッシュアイペディアより)

76件中 31 - 40件表示

「クラシック音楽」のニューストピックワード

  • 本当に良い顔をしていた

  • 1万人の第九2018〜Sexy Zone マリウス葉世紀の大合唱に挑戦!〜

  • 残り50メートルで疲れてしまった