100件中 31 - 40件表示
  • 浦辺鎮太郎

    浦辺鎮太郎から見たクラレクラレ

    浦辺鎮太郎(うらべ しずたろう、1909年3月31日 - 1991年6月8日)は日本の建築家である。岡山県児島郡粒江村(現・倉敷市)出身。京都帝国大学建築学科卒業後、倉敷レイヨン(現・クラレ)に入社し営繕関連部門に勤務。1962年、倉敷レイヨン内に同社社長で同郷の実業家大原総一郎の庇護のもとに倉敷建築研究所(現・浦辺設計の前身)を設立した。1964年に倉敷レイヨンを退社し倉敷建築事務所として独立、1966年に浦辺建築設計事務所と改称した。倉敷レイヨン時代から大原総一郎の構想する倉敷のまちづくりを建築家として支え、1968年の総一郎死去後も大原家や倉敷に関連する建築をはじめ多くの作品を残している。浦辺鎮太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中洲町 (岡山県)

    中洲町 (岡山県)から見たクラレクラレ

    1927年(昭和2年)5月 - 廃川地に倉敷絹織(クラレ)倉敷工場が造成される。中洲町 (岡山県) フレッシュアイペディアより)

  • 中山台ニュータウン

    中山台ニュータウンから見たクラレクラレ

    クラレが中心となり、昭和40年代から開発・分譲が行われた。中山台ニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • 木織武美

    木織武美から見たクラレクラレ

    尾道商業高校から倉敷レイヨン西条を経て、1955年に阪急ブレーブスへ入団。木織武美 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎医療短期大学

    川崎医療短期大学から見たクラレクラレ

    臨床工学科:病院の専門職のみならず、クラレ・アロカ・日本光電・NEC Avio 赤外線テクノセンター・島津メディカルシステムズなどの医療機器メーカーにおいても資格を活かした職に就く人もいる。川崎医療短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師寺主計

    薬師寺主計から見たクラレクラレ

    岡山県出身。1909年東京帝国大学工科建築科を卒業後、陸軍省の技師として勤務する一方で、郷里の有力者であった大原孫三郎の依頼により第一合同銀行倉敷支店(現・中国銀行倉敷本町出張所)の設計に携わった。1926年の陸軍省退職後、大原孫三郎に招かれ倉敷絹織株式会社(現・株式会社クラレ)の取締役に就任し、その経営に参画しながら大原美術館本館や倉紡中央病院(現・倉敷中央病院)、第一合同銀行本店(現・中国銀行)などの大原家の関わる施設を中心に多くの建築を手がけた。薬師寺主計 フレッシュアイペディアより)

  • 知手駅

    知手駅から見たクラレクラレ

    かつては、駅周辺に工場がある旭硝子や鹿島ケミカル、旭電化工業(現・ADEKA)、クラレ、鐘淵化学工業(現・カネカ)の専用線がそれぞれ駅から分岐していたが、これらはすべて廃止されている。このうち旭硝子専用線が最後まで使用され、液化塩素の発送があった。知手駅 フレッシュアイペディアより)

  • マイクロドライプリンタ

    マイクロドライプリンタから見たクラレクラレ

    「マイクロドライ」はアルプス電気が「電子応用機械器具及びその部品」「紙類,文房具,印字用インクリボン(交換用インクリボンを含む),アイロンの熱を利用してなる転写用シート」で商標登録している(それぞれ日本第4176758号、日本第4224141号)が、別分野でクラレ(日本第4212116号他1件)が商標登録している。マイクロドライプリンタ フレッシュアイペディアより)

  • ミラバケッソ

    ミラバケッソから見たクラレクラレ

    ミラバケッソ フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷 (倉敷市)

    倉敷 (倉敷市)から見たクラレクラレ

    西阿知地区に小規模ながら工業団地がある。その他地域内に大小の工場が点在している。代表的な物にクラレ、中国化工、丸五ゴムなど。また、クラボウの創業地であり、現在も登記上では倉敷市本町に本店を置いている。倉敷 (倉敷市) フレッシュアイペディアより)

100件中 31 - 40件表示

「クラレ」のニューストピックワード