100件中 61 - 70件表示
  • 梅花女子大学短期大学部

    梅花女子大学短期大学部から見たクラレクラレ

    英語コミュニケーション学科:一般企業への就職者が多い。国内では例として住友生命保険・ワシントンホテル・ジャヴァグループ・日本交通・資生堂・エース・クラレ・西武百貨店・尼崎信用金庫・池田銀行。国外ではニューヨークで旧IBJシュローダー銀行・フジサンケイグループ・メジャーリーグベースボール・シリウス・サテライト・レディオ(:en:Sirius Satellite Radio)などがある。梅花女子大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 人造皮革

    人造皮革から見たクラレクラレ

    人工皮革は、マイクロファイバーの布地(通常不織布)に合成樹脂を含浸させたものを、そのまま使うか、それを基材とし合成樹脂を塗布したものである。衣類や靴に使われるのは主に人工皮革である(クラレ社のクラリーノなど)。人造皮革 フレッシュアイペディアより)

  • SIM-Drive

    SIM-Driveから見たクラレクラレ

    2012年3月に発表した先行開発2号車。1充電での走行距離が351kmとわずかながら向上した。当初はインホイールモーター型以外に、既存のガソリン車を電気自動車にコンバートする「コンバートEV」も開発するとしていた。プジョー・シトロエン・グループやクラレなど34の事業体が参加した。2014年に量産化予定。SIM-Drive フレッシュアイペディアより)

  • 近畿コカ・コーラボトリング

    近畿コカ・コーラボトリングから見たクラレクラレ

    取り扱い商品一覧は2009年12月31日までの情報。かつては、自社製品の開発や他社ブランドのライセンス販売に力を入れていた時期があった。自社ブランド名はKCBエースフル(KCBは近畿コカコーラボトリングの略)で、乳性炭酸飲料のサワーロイヤルシリーズ、プリンキー及びピューリエといった果汁飲料、エースフルコーヒー等が存在した。他社ライセンス販売では、明治屋のマイコーヒー、ゲータレード、カナダドライのフランチャイズから撤退したクラレに代わってカナダドライジンジャーエール及びトニックウォーターの販売も行っていた(クラブソーダはファンタブランドで販売)。この中でもサワーロイヤルは比較的長命の商品であったが、現在では販売終了となっている。また、通販オリジナル商品だった健人茶論(けんじんさろん)は、颯爽(さっそう)の販売により販売をやめるまで同社の主力商品であった。近畿コカ・コーラボトリング フレッシュアイペディアより)

  • インゴ

    インゴから見たクラレクラレ

    1990年に来日し、1996年より芸能活動を開始する。大塚製薬ファイブミニ(テレフォンショッピング編)やクラレ(ミラバケッソ)など、CMに出演した。2007年からソニーが発売するカメラのヨーロッパおよびアメリカ合衆国全域でのポスター単独モデルに永久起用されている。インゴ フレッシュアイペディアより)

  • 工藤 堅太郎

    工藤堅太郎 (俳優)から見たクラレクラレ

    クラレ(レナウン・ジャージ)工藤堅太郎 (俳優) フレッシュアイペディアより)

  • 成海璃子

    成海璃子から見たクラレクラレ

    クラレ 「電車」篇・「学校」篇成海璃子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山師範学校

    岡山師範学校から見たクラレクラレ

    2月 - 女子部、岡山市海岸通の倉敷絹織岡山工場に移転。岡山師範学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日本民藝館

    日本民藝館から見たクラレクラレ

    柳は日本各地に個性的な仏像を残した江戸時代の遊行僧・木喰の再発見者としても知られ、1923年(大正12年)以来、木喰の事績を求めて佐渡をはじめ日本各地に調査旅行をしている。同じ1923年の関東大震災の大被害を契機として京都に居を移した柳は、実作者である濱田庄司、河井寛次郎らの同士とともに、いわゆる「民芸運動」を展開した。「民芸品売り場」「民芸調の家具」など、現代日本語の表現として定着している「民芸」という言葉自体が、この時期柳らによって使い始められた造語である。柳、濱田、河井らは、当時の美術界ではほとんど無視されていた日本各地の日常雑器、日用品など、無名の工人による民衆的工芸品の中に真の美を見出し、これを世に広く紹介する活動に尽力した。運動の中心であった柳は、当時ほとんど研究が進んでおらず、美術品としての評価も定まっていなかった日本各地の民衆的工芸品の調査・収集のため、日本全国を精力的に旅した。柳は、こうして収集した工芸品を私有せず広く一般に公開したいと考えていた。当初は帝室博物館(現在の東京国立博物館)に収集品を寄贈しようと考えていたが、寄贈は博物館側から拒否された。京都に10年ほど住んだ後にふたたび東京へ居を移した柳は、実業家大原孫三郎(株式会社クラレ、大原美術館、大原社会問題研究所などの創設者)より経済面の援助を得て、1936年(昭和11年)、東京・駒場の自邸隣に日本民藝館を開設した。木造瓦葺き2階建ての蔵造りを思わせる日本民藝館本館は、第二次世界大戦にも焼け残り、戦後も民芸運動の拠点として地道に活動を継続してきた。日本民藝館 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・ジープ

    三菱・ジープから見たクラレクラレ

    1949年:ウイリスオーバーランド社は、戦後の民需転換を図るべく、ジープを民生用とした「シビリアンジープ」(CJ) の売り込みに注力していた。日本での販売のため、三菱水島製作所にも程近い、倉敷レイヨンとの共同出資による倉敷フレイザーモータースが設立された。三菱・ジープ フレッシュアイペディアより)

100件中 61 - 70件表示

「クラレ」のニューストピックワード