81件中 21 - 30件表示
  • クラレ

    クラレから見たオリンピック

    2014年からはソチオリンピックへの出場が決まったスキージャンプの高梨沙羅が出演する企業CMの放映がスタート。イメージソングは高梨沙羅と同じ17歳のシンガーソングライター、新山詩織の楽曲「今 ここにいる」を起用。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た高等学校

    テレビCMでは人工皮革クラリーノのアヒルをキャラクターにしたCMが知られているが、2006年に新ロゴマークが登場、その後2007年11月から成海璃子(2008年8月からはアルパカが加わる)を起用した企業CMが放送された。繊維メーカーから化学メーカーへ進出したクラレをPRする「未来に化ける新素材。ミラバケッソ」がキャッチフレーズで、電車内と高校教室を舞台に、日常の空間の中で突然登場する造語ミラバケッソのTシャツを着た男性陣を見て成海が疑問に感じてしまうというコミカルなCM。なお「電車編」では京成電鉄の特急列車「スカイライナー」(成田スカイアクセス開業前)でロケが実施されているクラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た第二水俣病

    クラレ新潟事業所(新潟県胎内市倉敷町、旧協和ガス化学工業(株)中条工場、1989年クラレと合併)は、1959年から1995年まで、工場の製造工程から排出される一部の廃液を、地下(工場内に位置する深さ120から125メートルの井戸)に未処理のまま注入処分(地下浸透)していた。地下に処分していた廃液は合成樹脂の原料である「メチルメタアクリレート」、塗料等の原料である「メタクリル酸」、「硫安」の製造工程で生じる副生物であった。胎内市の指摘を受け、この事実が発覚した2006年に工場で生産していた副生物の廃水を成分分析した結果、1リットル当たりシアン化合物が最大0.59ミリグラム、鉛とヒ素がそれぞれ約0.3ミリグラム含まれていた。同工場は廃液を地下浸透させるための専用の井戸(深さ120〜125メートル)を10本掘り、1959〜1995年の約36年間で計94万7000トンを地下浸透させた。なお同工場が地下処分を開始して間もない1965年には、同県内で新潟水俣病(第二水俣病)の発生が新潟大学から公表され、1968年には昭和電工鹿瀬工場からの排水に含まれていたメチル水銀が原因であるとの政府見解が発表されている。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た大原孝四郎

    正式な社章(以前は株券等に使用)は設立時に制定された。同心円を二つ重ね、中に紋所の三つ星を配した通称『二三印』で、その意味は創業者の大原孝四郎が森田節斎に師事したときに伝授された「謙受説」の一節にある『謙受益、則富、富即驕、驕即衰。滿招損、即窮、窮即慎、愼即盛。盛衰相尋於無窮。』の思想を図表化したものである。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た談合

    2017年(平成29年)3月10日 - 自衛隊の戦闘服などの入札で談合を繰り返していたなどとして、公正取引委員会から排除措置命令を受ける。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見たランドセル

    近代日本を代表する実業家の一人でもある大原孫三郎により、1926年にレーヨンの国産化を目的として設立される。同社の代表的製品でもあり、ランドセルで有名な人工皮革「クラリーノ」や、機能性樹脂「エバール」「クラレポバール」、高機能エラストマー「セプトン」「ハイブラー」、合成繊維「ビニロン」「ベクトラン」、乾式不織布「クラフレックス」など代表的製品も数多く存在する。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見たカイザー=フレーザー

    1949年(昭和24年) - 社名を「倉敷レイヨン株式会社」に変更。ウイリス・オーバーランドとの共同出資でジープ(CJ=シビリアンジープ)の販売拠点となる倉敷フレーザーモータース設立。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見たクラレ西条

    クラレ西条株式会社(西条市)クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た倉敷国際ホテル

    株式会社倉敷国際ホテル(倉敷市)クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見たクラレプラスチックス

    クラレプラスチックス株式会社(大阪市北区)クラレ フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「クラレ」のニューストピックワード