58件中 31 - 40件表示
  • クラレ

    クラレから見た山手線

    (詳細)。JR東日本山手線のトレインチャンネルでも同じ内容のCMが同年末〜翌年初にかけて放映された。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た日経スペシャル ガイアの夜明け

    東日本大震災後の2011年4月からは、同社の社会貢献活動を紹介する企業CMとして、「ランドセルは海を越えてキャンペーン」、「少年少女化学教室」並びに「クラレ作業所」(のうち新潟事業所内にあるクラレの障害者雇用施設第1号)の3作品を、同社提供番組の『日経スペシャル ガイアの夜明け』などで放映している。いずれもBGMは、平原綾香の「大きな木の下」(後に歌抜きとなった)。過去には、『どちら様も笑ってヨロシク』や『クイズタイムショック』などで番組スポンサーについていた。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た液晶

    売り上げの約4割は、ポバール、エバールなどを含む樹脂事業であげている。液晶に使用されるポバールフィルムで世界シェア80%、ガソリンタンクや食品密封包装などに使用されるエバールで世界シェア70%など、機能性樹脂を中心とする新素材で高い競争力と独自性を持つことを、事業の特徴としている。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た繊維

    株式会社 クラレ()は、化学、繊維をはじめとする日本の化学企業グループである。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た

    クラレ新潟事業所(新潟県胎内市倉敷町、旧協和ガス化学工業(株)中条工場、1989年クラレと合併)は、1959年から1995年まで、工場の製造工程から排出される一部の廃液を、地下(工場内に位置する深さ120から125メートルの井戸)に未処理のまま注入処分(地下浸透)していた。地下に処分していた廃液は、合成樹脂の原料「メチルメタアクリレート」、塗料等の原料である「メタクリル酸」、「硫安」の複製品、の製造工程で生じるもの。胎内市の指摘を受け、現在の廃水を成分分析した結果、1リットル当たりシアン化合物が最大0.59ミリグラム、とヒ素がそれぞれ約0.3ミリグラム含まれていた。この値は2006年の製造工程で生じた廃水の分析値であり、地下浸透させていた当時の廃液のものではない。 同工場は廃水を地下浸透させるための専用の井戸(深さ120?125メートル)を10本掘り、1959?1995年の約36年間で計94万7000トンを地下浸透させた。なお同工場が地下処分を開始して間もない1965年には、同県内で新潟水俣病(第二水俣病)の発生が新潟大学から公表され、1968年には昭和電工鹿瀬工場からの排水に含まれていたメチル水銀が原因であるとの政府見解が発表されている。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た福島区

    1974年 - 大阪市福島区野田に結婚式場「クラレ白鷺」を開館(1998年閉館)。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た野田阪神

    また、大阪市の野田阪神にあった系列の結婚式場「クラレ白鷺」のCMは、閉館後の現在も関西地区を代表する「なつかしのCM」として知られている。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た商号

    1963年 - 商号商標「Kクラレ」の使用開始。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た硫安

    クラレ新潟事業所(新潟県胎内市倉敷町、旧協和ガス化学工業(株)中条工場、1989年クラレと合併)は、1959年から1995年まで、工場の製造工程から排出される一部の廃液を、地下(工場内に位置する深さ120から125メートルの井戸)に未処理のまま注入処分(地下浸透)していた。地下に処分していた廃液は、合成樹脂の原料「メチルメタアクリレート」、塗料等の原料である「メタクリル酸」、「硫安」の複製品、の製造工程で生じるもの。胎内市の指摘を受け、現在の廃水を成分分析した結果、1リットル当たりシアン化合物が最大0.59ミリグラム、鉛とヒ素がそれぞれ約0.3ミリグラム含まれていた。この値は2006年の製造工程で生じた廃水の分析値であり、地下浸透させていた当時の廃液のものではない。 同工場は廃水を地下浸透させるための専用の井戸(深さ120?125メートル)を10本掘り、1959?1995年の約36年間で計94万7000トンを地下浸透させた。なお同工場が地下処分を開始して間もない1965年には、同県内で新潟水俣病(第二水俣病)の発生が新潟大学から公表され、1968年には昭和電工鹿瀬工場からの排水に含まれていたメチル水銀が原因であるとの政府見解が発表されている。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た胎内市

    クラレ新潟事業所(新潟県胎内市倉敷町、旧協和ガス化学工業(株)中条工場、1989年クラレと合併)は、1959年から1995年まで、工場の製造工程から排出される一部の廃液を、地下(工場内に位置する深さ120から125メートルの井戸)に未処理のまま注入処分(地下浸透)していた。地下に処分していた廃液は、合成樹脂の原料「メチルメタアクリレート」、塗料等の原料である「メタクリル酸」、「硫安」の複製品、の製造工程で生じるもの。胎内市の指摘を受け、現在の廃水を成分分析した結果、1リットル当たりシアン化合物が最大0.59ミリグラム、鉛とヒ素がそれぞれ約0.3ミリグラム含まれていた。この値は2006年の製造工程で生じた廃水の分析値であり、地下浸透させていた当時の廃液のものではない。 同工場は廃水を地下浸透させるための専用の井戸(深さ120?125メートル)を10本掘り、1959?1995年の約36年間で計94万7000トンを地下浸透させた。なお同工場が地下処分を開始して間もない1965年には、同県内で新潟水俣病(第二水俣病)の発生が新潟大学から公表され、1968年には昭和電工鹿瀬工場からの排水に含まれていたメチル水銀が原因であるとの政府見解が発表されている。クラレ フレッシュアイペディアより)

58件中 31 - 40件表示

「クラレ」のニューストピックワード