1 2 3 4 5 6 次へ
58件中 51 - 58件表示
  • クラレ

    クラレから見たロケーション撮影

    テレビCMでは人工皮革クラリーノのアヒルをキャラクターにしたCMが知られているが、2006年に新ロゴマークが登場、その後2007年11月から成海璃子(2008年8月からはアルパカが加わる)を起用した企業CMが放送された。繊維メーカーから化学メーカーへ進出したクラレをPRする「未来に化ける新素材。 ミラバケッソ」がキャッチフレーズで、電車内と高校教室を舞台に、日常の空間の中で突然登場する造語ミラバケッソのTシャツを着た男性陣を見て成海が疑問に感じてしまうというコミカルなCM。なお「電車編」では京成電鉄の特急列車「スカイライナー」(成田スカイアクセス開業前)でロケが実施されているクラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た西条中央病院

    西条中央病院 - クラレ従業員のための病院として設立された。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た関西

    また、大阪市の野田阪神にあった系列の結婚式場「クラレ白鷺」のCMは、閉館後の現在も関西地区を代表する「なつかしのCM」として知られている。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見たメチルメタアクリレート

    クラレ新潟事業所(新潟県胎内市倉敷町、旧協和ガス化学工業(株)中条工場、1989年クラレと合併)は、1959年から1995年まで、工場の製造工程から排出される一部の廃液を、地下(工場内に位置する深さ120から125メートルの井戸)に未処理のまま注入処分(地下浸透)していた。地下に処分していた廃液は、合成樹脂の原料「メチルメタアクリレート」、塗料等の原料である「メタクリル酸」、「硫安」の複製品、の製造工程で生じるもの。胎内市の指摘を受け、現在の廃水を成分分析した結果、1リットル当たりシアン化合物が最大0.59ミリグラム、鉛とヒ素がそれぞれ約0.3ミリグラム含まれていた。この値は2006年の製造工程で生じた廃水の分析値であり、地下浸透させていた当時の廃液のものではない。 同工場は廃水を地下浸透させるための専用の井戸(深さ120?125メートル)を10本掘り、1959?1995年の約36年間で計94万7000トンを地下浸透させた。なお同工場が地下処分を開始して間もない1965年には、同県内で新潟水俣病(第二水俣病)の発生が新潟大学から公表され、1968年には昭和電工鹿瀬工場からの排水に含まれていたメチル水銀が原因であるとの政府見解が発表されている。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見たメタクリル酸

    クラレ新潟事業所(新潟県胎内市倉敷町、旧協和ガス化学工業(株)中条工場、1989年クラレと合併)は、1959年から1995年まで、工場の製造工程から排出される一部の廃液を、地下(工場内に位置する深さ120から125メートルの井戸)に未処理のまま注入処分(地下浸透)していた。地下に処分していた廃液は、合成樹脂の原料「メチルメタアクリレート」、塗料等の原料である「メタクリル酸」、「硫安」の複製品、の製造工程で生じるもの。胎内市の指摘を受け、現在の廃水を成分分析した結果、1リットル当たりシアン化合物が最大0.59ミリグラム、鉛とヒ素がそれぞれ約0.3ミリグラム含まれていた。この値は2006年の製造工程で生じた廃水の分析値であり、地下浸透させていた当時の廃液のものではない。 同工場は廃水を地下浸透させるための専用の井戸(深さ120?125メートル)を10本掘り、1959?1995年の約36年間で計94万7000トンを地下浸透させた。なお同工場が地下処分を開始して間もない1965年には、同県内で新潟水俣病(第二水俣病)の発生が新潟大学から公表され、1968年には昭和電工鹿瀬工場からの排水に含まれていたメチル水銀が原因であるとの政府見解が発表されている。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た大阪府

    創業の地である岡山県倉敷市酒津の倉敷事業所に本店を置くが、実質的な本社機能は東京都千代田区大手町一丁目1番3号(大手センタービル)の東京本社、及び大阪府大阪市北区角田町8番1号(梅田阪急ビル オフィスタワー)の大阪本社にある。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た東京都

    創業の地である岡山県倉敷市酒津の倉敷事業所に本店を置くが、実質的な本社機能は東京都千代田区大手町一丁目1番3号(大手センタービル)の東京本社、及び大阪府大阪市北区角田町8番1号(梅田阪急ビル オフィスタワー)の大阪本社にある。クラレ フレッシュアイペディアより)

  • クラレ

    クラレから見た合成樹脂

    クラレ新潟事業所(新潟県胎内市倉敷町、旧協和ガス化学工業(株)中条工場、1989年クラレと合併)は、1959年から1995年まで、工場の製造工程から排出される一部の廃液を、地下(工場内に位置する深さ120から125メートルの井戸)に未処理のまま注入処分(地下浸透)していた。地下に処分していた廃液は、合成樹脂の原料「メチルメタアクリレート」、塗料等の原料である「メタクリル酸」、「硫安」の複製品、の製造工程で生じるもの。胎内市の指摘を受け、現在の廃水を成分分析した結果、1リットル当たりシアン化合物が最大0.59ミリグラム、鉛とヒ素がそれぞれ約0.3ミリグラム含まれていた。この値は2006年の製造工程で生じた廃水の分析値であり、地下浸透させていた当時の廃液のものではない。 同工場は廃水を地下浸透させるための専用の井戸(深さ120?125メートル)を10本掘り、1959?1995年の約36年間で計94万7000トンを地下浸透させた。なお同工場が地下処分を開始して間もない1965年には、同県内で新潟水俣病(第二水俣病)の発生が新潟大学から公表され、1968年には昭和電工鹿瀬工場からの排水に含まれていたメチル水銀が原因であるとの政府見解が発表されている。クラレ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
58件中 51 - 58件表示

「クラレ」のニューストピックワード