クランベリー ニュース&Wiki etc.

クランベリー (Cranberry) とはツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属 (Oxycoccos) に属する常緑低木の総称。北半球、寒帯の酸性の沼地に見られる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「クランベリー」のつながり調べ

  • リンゴンベリー・ジャム

    リンゴンベリー・ジャムから見たクランベリー

    コケモモ(学名:Vaccinium vitis-idaea)は北アメリカのアラスカ州からラブラドール地方にかけてはロウブッシュ・クランベリー('lowbush' cranberry)やパートリッジ・ベリー(partridge berry)という名称で知られ、クランベリーと同じスノキ属の植物である。(リンゴンベリー・ジャム フレッシュアイペディアより)

  • ペオニジン

    ペオニジンから見たクランベリー

    ペオニジンの経口摂取源は、生のクランベリーが断然多く、100gの果実の中に42mg含まれる。ブルーベリー、プラム、ブドウ、サクランボも、100g当たり5mgから12mgとかなりの量を含む。生の果実だけが多量のペオニジンを含み、冷凍ブルーベリーにはほぼ含まれない。ペオニジンは、ある種の紫色のサツマイモに100g当たり最大で40mg含まれるが、含有量は品種によって変化する。生の黒米や黒バナナからも単離されている。(ペオニジン フレッシュアイペディアより)

「クランベリー」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ