前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示
  • スノキ属

    スノキ属から見たクランベリークランベリー

    スノキ亜属 (Subgenus Vaccinium) とツルコケモモ亜属(クランベリー)(Subgenus Oxycoccus) に分けられる。スノキ属 フレッシュアイペディアより)

  • コケモモ

    コケモモから見たクランベリークランベリー

    コケモモとクランベリー(ツルコケモモ)はよく混同されるが、花が白く、花冠が部分的におしべと柱頭を囲っている点で異なる(クランベリーの花はピンク色で、花冠が後ろに反り返っている)。また、果実も球状で、クランベリーほど洋ナシ型にはならない。コケモモと同じように果樹として利用されるスノキ属の植物としては、ブルーベリー、ビルベリー、ハックルベリーなどがある。コケモモ フレッシュアイペディアより)

  • コスモポリタン (カクテル)

    コスモポリタン (カクテル)から見たクランベリークランベリー

    コスモポリタン(Cosmopolitan)とは、ウォッカをベース(基酒)とした、ショートドリンクに分類される、カクテルの1種である。他の材料が無色であるなかで、クランベリーの果汁を用いるため、赤く仕上がる。コスモポリタン (カクテル) フレッシュアイペディアより)

  • カゴメ・野菜生活100

    カゴメ・野菜生活100から見たクランベリークランベリー

    9月 - 「紫の野菜」をリニューアル。新たにカシスとクランベリーを追加したため、アントシアニンの含有量をアップした。カゴメ・野菜生活100 フレッシュアイペディアより)

  • ピットメドウズ

    ピットメドウズから見たクランベリークランベリー

    農業が盛んな地域だが市内にはメイプルリッジとの境にショッピングセンターが新しくできるなど商業施設の発達が見られる。農業における主な農作物はクランベリーとブルーベリーで、花などの温室栽培も盛んである。ピットメドウズ フレッシュアイペディアより)

  • ライベリー

    ライベリーから見たクランベリークランベリー

    果実は酸味があり、クランベリーとクローブのような香りを持つ。その為、生食よりも個性的な風味のジャム、ソース、シロップ、お菓子に加工されることが一般的である。商業栽培はそれほど盛んではない。ライベリー フレッシュアイペディアより)

  • パラダイス (ミシガン州)

    パラダイス (ミシガン州)から見たクランベリークランベリー

    ミシガン州スペリオル湖のホワイトフィッシュ湾(Whitefish Bay)西部にあるアッパー半島(Upper Pninsula)の北東部にあり、スーセントマリーからは道のりで60マイル(97km)、マキナック橋からは55マイル(89km)北に位置する。郵便番号は49768で、地域コードと市外局番はそれぞれ906と492である。1925年に設立された時以来、パラダイスはその周囲を群有あるいは国有の森林に囲まれており、主産業は観光であった。またここは、タークァメノン滝(Tahquamenon Falls)およびタークァメノン滝州立公園(Tahquamenon Falls State Park)への二つの入口のうちの一つであると見なされている(もう一つは、64kmほど南西にあるニューベリー - Newberry - である)。この区域は、猟、釣り、キャンプ、旅行、スノーモービル、バードウォッチングなどの愛好家にとっても魅力的な場所である。またブルーベリーやクランベリーなども収穫される。岸から数マイル離れた沖合には、スペリオル湖の航路がある。郵便局は1947年5月1日に開局された。パラダイス (ミシガン州) フレッシュアイペディアより)

  • フォー・ロコ

    フォー・ロコから見たクランベリークランベリー

    フォー・ロコは、2005年にシカゴのフュージョン・プロジェクト社が発売。名前は、アルコールとカフェイン、タウリン、ガラナの四成分に由来する。グレープやレモネード、クランベリーなどのフルーツ味に炭酸が加わった飲みやすさに12%という高めのアルコール分は、手軽に酔える酒として若年層にヒット。他のメーカーからも、さまざまな追随品も登場した。フォー・ロコ フレッシュアイペディアより)

  • プレノール

    プレノールから見たクランベリークランベリー

    天然には、柑橘類、クランベリー、コケモモ、スグリ、ブドウ、ラズベリー、ブラックベリー、トマト、精白パン、ホップ油、コーヒー、キイチゴ、クラウドベリー、パッションフルーツ等に含まれる。また、ドイツのBASFや日本のクラレによって、医薬品や香料の中間体として工業生産されている。2001年の世界全体での生産量は6,000トンから13,000トンであった。プレノール フレッシュアイペディアより)

  • キナ酸

    キナ酸から見たクランベリークランベリー

    シキミ酸に水が付加した形をしており、生合成にはシキミ酸経路が関連していると考えられる。クランベリーのほかコーヒー酸とのエステルがクロロゲン酸としてコーヒーに含まれるなど広く植物に含まれている。天然には (−) 体が存在し、エピ化により生成する (+) 体をわずかに含む。キナ酸 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示

「クランベリー」のニューストピックワード