前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • コケモモ

    コケモモから見たクランベリークランベリー

    コケモモとクランベリー(ツルコケモモ)はよく混同されるが、花が白く、花冠が部分的におしべと柱頭を囲っている点で異なる(クランベリーの花はピンク色で、花冠が後ろに反り返っている)。また、果実も球状で、クランベリーほど洋ナシ型にはならない。コケモモと同じように果樹として利用されるスノキ属の植物としては、ブルーベリー、ビルベリー、ハックルベリーなどがある。コケモモ フレッシュアイペディアより)

  • スノキ属

    スノキ属から見たクランベリークランベリー

    スノキ亜属 (Subgenus Vaccinium) とツルコケモモ亜属(クランベリー)(Subgenus Oxycoccus) に分けられる。スノキ属 フレッシュアイペディアより)

  • カゴメ・野菜生活100

    カゴメ・野菜生活100から見たクランベリークランベリー

    2009年9月 - 「紫の野菜」をリニューアル。新たにカシスとクランベリーを追加したため、アントシアニンの含有量をアップした。カゴメ・野菜生活100 フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー (洋菓子店)

    クランベリー (洋菓子店)から見たクランベリークランベリー

    その他、店名となっているクランベリーやサツマイモなどが原料のケーキやパイなどの洋菓子、読谷ソフト(ソフトクリーム)などが有名。ただしそれらは通販をしておらず、購入のためには各店舗へ出向く必要がある。クランベリー (洋菓子店) フレッシュアイペディアより)

  • クランベリーソース

    クランベリーソースから見たクランベリークランベリー

    クランベリーソース()は、クランベリーで作るソースまたはレリッシュである。北アメリカでは感謝祭のディナーに添えられる。ソースの味は、作る地域により異なる。ヨーロッパでは僅かに酸味がきいているが、北アメリカでは甘みが強い。クランベリーソース フレッシュアイペディアより)

  • エラグ酸

    エラグ酸から見たクランベリークランベリー

    エラグ酸(エラグさん、)は、ブラックベリー、ラズベリー、イチゴ、クランベリー、クルミ、ペカン、ザクロ、クコやその他の植物性食品を含む数多くの野菜や果物で見つかっている天然フェノール系の抗酸化物質である。エラグ酸が抗癌性と抗酸化性を有しているのではないかとの観点から、エラグ酸の摂取による健康上の効能の可能性について予備調査に拍車がかかっている。エラグ酸 フレッシュアイペディアより)

  • コスモポリタン (カクテル)

    コスモポリタン (カクテル)から見たクランベリークランベリー

    ウォッカ : ホワイト・キュラソー : クランベリー・ジュース : ライム・ジュース = 3:1:1:1コスモポリタン (カクテル) フレッシュアイペディアより)

  • どーせヒマでしょ?

    どーせヒマでしょ?から見たクランベリークランベリー

    洋酒入りクランベリークリームを挟んだチョコレートオムレット。どーせヒマでしょ? フレッシュアイペディアより)

  • クェルセチン

    クェルセチンから見たクランベリークランベリー

    クェルセチンを多く含む物は、ケッパー(1800 mg/kg)、リンゴ(44 mg/kg)、お茶(チャノキ、2000-2500 mg/kg)、タマネギ、ブドウ、ブロッコリー、モロヘイヤ、ラズベリー、コケモモ(栽培種74 mg/kg、野生種146 mg/kg)、クランベリー(栽培種83 mg/kg、野生種121 mg/kg)、オプンティア、その他、葉菜類、柑橘類など。クェルセチン フレッシュアイペディアより)

  • ライベリー

    ライベリーから見たクランベリークランベリー

    果実は酸味があり、クランベリーとクローブのような香りを持つ。その為、生食よりも個性的な風味のジャム、ソース、シロップ、お菓子に加工されることが一般的である。商業栽培はそれほど盛んではない。ライベリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「クランベリー」のニューストピックワード