49件中 11 - 20件表示
  • シー・ブリーズ

    シー・ブリーズから見たクランベリークランベリー

    クランベリー・ジュース ・・・ 30mlシー・ブリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ウルソール酸

    ウルソール酸から見たクランベリークランベリー

    ウルソル酸は、リンゴ、バジル、ビルベリー、クランベリー、エルダーフラワー、ペパーミント、ローズマリー、ラベンダー、オレガノ、タイム、サンザシ、プルーンを含む多くの植物に存在している。リンゴの皮は、ウルソール酸および関連化合物を大量に含んでいる。ウルソール酸 フレッシュアイペディアより)

  • フォー・ロコ

    フォー・ロコから見たクランベリークランベリー

    フォー・ロコは、2005年にシカゴのフュージョン・プロジェクト社が発売。名前は、アルコールとカフェイン、タウリン、ガラナの四成分に由来する。グレープやレモネード、クランベリーなどのフルーツ味に炭酸が加わった飲みやすさに12%という高めのアルコール分は、手軽に酔える酒として若年層にヒット。他のメーカーからも、さまざまな追随品も登場した。フォー・ロコ フレッシュアイペディアより)

  • キナ酸

    キナ酸から見たクランベリークランベリー

    シキミ酸に水が付加した形をしており、生合成にはシキミ酸経路が関連していると考えられる。クランベリーのほかコーヒー酸とのエステルがクロロゲン酸としてコーヒーに含まれるなど広く植物に含まれている。天然には (−) 体が存在し、エピ化により生成する (+) 体をわずかに含む。キナ酸 フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー型形態素

    クランベリー型形態素から見たクランベリークランベリー

    クランベリー型形態素(cranberry morpheme,cran morph)は、複合語の成分として存在するが単独では用いられない語形・形態素である。クランベリーはツルコケモモともいう植物でクラン(cran)とベリー(berry)の二つの要素からなる。ベリーはバーベリー(barberry)、ベアベリー(bearberry)、ブラックベリー(blackberry)など複合語があるが、クランという単語は(ニシンの重さの単位をいうcranはこの際関係ない)現代語にない。クランベリー型形態素 フレッシュアイペディアより)

  • ペラルゴニジン

    ペラルゴニジンから見たクランベリークランベリー

    ペラルゴニジン(Pelargonidin)は、アントシアニジンおよび植物性色素の一つ。すべてのアントシアニンと同様に抗酸化剤である。特徴的な橙色をしており、テンジクアオイ、熟したラズベリーとイチゴ、ブルーベリー、クロイチゴ、スモモ、クランベリー、ザクロでも見られる。ペラルゴニジン フレッシュアイペディアより)

  • ツルコケモモ

    ツルコケモモから見たクランベリークランベリー

    果期は9-10月。果実は漿果となり、径1cmほどの球形で赤色に熟し、クランベリーとして食用にされる。ツルコケモモ フレッシュアイペディアより)

  • クラフティ

    クラフティから見たクランベリークランベリー

    リムーザン地方ではタルト生地を省略したり、果物を別のものにしたものはフロニャルド(仏: Flognarde )と呼び区別しているが、他の地域ではそこまでのこだわりはない。果物はサクランボ以外にもスモモ、キイチゴ(ラズベリー)、クロイチゴ(ブラックベリー)、クランベリー、リンゴ、プルーンなどでも代用できる。クラフティ フレッシュアイペディアより)

  • カレリア地峡

    カレリア地峡から見たクランベリークランベリー

    カレリア地峡は行楽に良く、ハイキング、サイクリング、スキー、ロッククライミング、カヌー、釣り、きのこ狩り、野いちご摘み等が行われる。これらの休暇敢行は19世紀からサンクトペテルブルクの住民に人気である。スキーはコロヴィツノ、カフゴロヴォが有名であり、ロッククライミングではクズネチノエ近郊、カヌーはロセヴォ近郊が有名である。魚釣りでは多くの人が捕まえた魚を調理して楽しむ。川ではコイダイ、ノーザンパイク、ローチ、 ヨーロピアンパーチ、アセリナ、イソアイナメ等が釣れる。きのこ狩りではヤマドリタケ、アカエノキンチャヤマイグチ、ヤマイグチ、Suillus variegatus、ヌメリイグチ、アンズタケ類、Lactarius resimus、カラハツタケ、ウグイスチャチチタケ、Lactarius deliciosus、アカチチタケ、ベニタケ類などが取れる。野いちご摘みではビルベリー、ラズベリー、エゾヘビイチゴ、コケモモ、クランベリー、ホロムイイチゴ、クロマメノキ、ルブス・サクサティリス等を摘むことができる。カレリア地峡は非常に豊かといえる。カレリア地峡 フレッシュアイペディアより)

  • カナダ料理

    カナダ料理から見たクランベリークランベリー

    野生のアンズタケ、アメリカマツタケ、アミガサタケ、ロブスター・マッシュルーム、パフボール、および他のキノコも食用にする。カナダは、品質の良いチーズ、多くのすぐれたビールを生産しており、素晴らしいアイスワインとアイスシードルでも有名である。野生または栽培したセイヨウスグリ、サーモンベリー、クランベリー、イチゴを食べる。ムクロジ(ソープベリー)を泡立てて作る「インディアン・アイスクイリーム」は、ブリティッシュコロンビア州内陸の内陸セイリッシュ語でxoosumと呼ばれる。アイスクリームの形状またはクランベリーのカクテルのような飲み物で、腎臓の強壮剤として知られている。アラスカでは動物または魚の油脂で作るエスキモーアイスクリームをアクタックと呼ぶ。カナダ料理 フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「クランベリー」のニューストピックワード