69件中 11 - 20件表示
  • ペラルゴニジン

    ペラルゴニジンから見たクランベリークランベリー

    ペラルゴニジン(Pelargonidin)は、アントシアニジンおよび植物性色素の一つ。すべてのアントシアニンと同様に抗酸化剤である。特徴的な橙色をしており、テンジクアオイ、熟したラズベリーとイチゴ、ブルーベリー、クロイチゴ、スモモ、クランベリー、ザクロでも見られる。ペラルゴニジン フレッシュアイペディアより)

  • ノース人によるアメリカ大陸の植民地化

    ノース人によるアメリカ大陸の植民地化から見たクランベリークランベリー

    1001年、レイフはおそらくニューファンドランド島の北端にあるケープ・ボールド近くで冬を過ごしており、ここでのある日、彼の育ての親でドイツ人であるティルカーが酒に酔っているのを見付けている。このことについてサガでは、この地域で自生している「ワインベリー」、スカッシュベリー、グーズベリーおよびクランベリーのことを記述している。発酵したベリーをレイフがワインと表現したかについては諸説ある。ノース人によるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • フィンランディア (ウォッカ)

    フィンランディア (ウォッカ)から見たクランベリークランベリー

    フィンランディアは北欧の氷河の中で長い時間をかけて氷堆石によってろ過された天然氷河水を仕込み水として使用し、白夜の太陽の下で育ったフィンランド産の六条大麦を原料として製造される。プレミアムウォッカの他、ライム、ココナッツ、ブラックカラント、マンゴー、タンジェリン、ラズベリー、クランベリー、グレープフルーツ、レッドベリーのフレーバーがある。フィンランディア (ウォッカ) フレッシュアイペディアより)

  • パスチラ

    パスチラから見たクランベリークランベリー

    パスチラは荒く潰したりんご、特に、チトーフカ、ゼリョーンカといった酸味の強いロシア産のりんごを使用、これにクランベリー、ラズベリー、ナナカマド、カシスといったベリーを加えて作られる。パスチラを作る際に欠かせない材料としては蜂蜜があり、16世紀には砂糖の代わりに使用されていた。また、この他にも、15世紀以降使われ始めた卵白も使うことがあり、主に白いパスチラを作る際に必要となる。また、ナッツなど他の材料を加える事もある。伝統的な作り方では、パスチラはロシア製のストーブを使用して製造する。ストーブには段階的に熱が減衰する効果があり、これにより均一に火が通った第一段階のパスチラが出来上がる。乾燥して出来上がったパスチラを幾層にも重ねたのち、木の箱に詰めてかまどの中で二度目の乾燥を行いパスチラが完成する。パスチラ フレッシュアイペディアより)

  • イソホロン

    イソホロンから見たクランベリークランベリー

    イソホロン (isophorone) とは有機化合物で、清涼感のある特徴的な匂いを持つ無色?淡黄色の液体。溶剤、あるいは合成中間体として用いられる。環状ケトンの分子構造を持ち、天然ではクランベリー類に含まれる。消防法に定める第4類危険物 第2石油類に該当する。イソホロン フレッシュアイペディアより)

  • マルビン

    マルビンから見たクランベリークランベリー

    果物:リンゴ、イチジク、スイカ、ルバーブ、イチゴ、マルメロ、モモ、ナシ、スモモ、ブドウ、アンズ、バナナ、ブラックベリー、ブルーベリー、ボイセンベリー、サクランボ、クランベリー、クロスグリマルビン フレッシュアイペディアより)

  • ファルマス (マサチューセッツ州)

    ファルマス (マサチューセッツ州)から見たクランベリークランベリー

    元々はインディアンの居住地であったが、1660年に英国の入植者が定住し、1686年に州に取り入れられた。最初の産業は農業、塩、捕鯨、輸送と羊であった。19世紀には捕鯨で栄えた。19世紀後半までには、クランベリーとイチゴを主に栽培していた。1810年に起こった米英戦争では、マサチューセッツ民兵はイギリス軍の上陸を阻止するために浜辺で守備を固めた。1872年には電車がファルマスとウッズホール間に開通した。20世紀前半には、酪農が内部の地方で行われた。第2次世界大戦の間には、近隣にオーティス空軍州兵基地が出来たので人口がかなり増加したという。ファルマス (マサチューセッツ州) フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー (ペンシルベニア州バトラー郡)

    クランベリー (ペンシルベニア州バトラー郡)から見たクランベリークランベリー

    クランベリー・タウンシップの中で最も人口密度が高い地区はクライダーズコーナーズと呼ばれ、昔のペリー・ハイウェイ(現在はデューティル道路)と旧マーズ・クライダーズ道路(現在は州道228号線を通すバイパス)との交差点をこう呼んだものだった。この交差点はジェイコブ・クライダー(1823年-1902年)にちなむ命名であり、クライダーは1871年にそこの土地50エーカー (200,000 m2) を購入したデューティル・ユナイテッド・メソジスト教会の役員だった。クランベリー・タウンシップの名称は、過去にこの地域で見られたクランベリーの沼地から来ていた。この町の中にはオーグルという過去のかなり小さな町や、ファーンウェイやフォックスランと呼ばれていた小さな地域も含まれている。クランベリー (ペンシルベニア州バトラー郡) フレッシュアイペディアより)

  • クラフティ

    クラフティから見たクランベリークランベリー

    リムーザン地方ではブラックチェリー以外の果物を用いたものをと呼び区別しているが、他の地域ではそこまでのこだわりはない。タルト生地を省略することもできる。果物はサクランボ以外にもスモモ、キイチゴ(ラズベリー)、クロイチゴ(ブラックベリー)、クランベリー、リンゴ、セイヨウスモモなどでも代用できる。クラフティ フレッシュアイペディアより)

  • クランベリーソース

    クランベリーソースから見たクランベリークランベリー

    クランベリーソース()は、クランベリーで作るソースまたはレリッシュである。北アメリカでは感謝祭のディナーに添えられる。ソースの味は、作る地域により異なる。ヨーロッパでは僅かに酸味がきいているが、北アメリカでは甘みが強い。クランベリーソース フレッシュアイペディアより)

69件中 11 - 20件表示

「クランベリー」のニューストピックワード