49件中 21 - 30件表示
  • プレノール

    プレノールから見たクランベリークランベリー

    天然には、柑橘類、クランベリー、コケモモ、スグリ、ブドウ、ラズベリー、ブラックベリー、トマト、精白パン、ホップ油、コーヒー、キイチゴ、クラウドベリー、パッションフルーツ等に含まれる。また、ドイツのBASFや日本のクラレによって、医薬品や香料の中間体として工業生産されている。2001年の世界全体での生産量は6,000トンから13,000トンであった。プレノール フレッシュアイペディアより)

  • マルビン

    マルビンから見たクランベリークランベリー

    果物:リンゴ、イチジク、スイカ、ルバーブ、イチゴ、マルメロ、モモ、ナシ、スモモ、ブドウ、アンズ、バナナ、ブラックベリー、ブルーベリー、ボイセンベリー、サクランボ、クランベリー、クロスグリマルビン フレッシュアイペディアより)

  • ルチン

    ルチンから見たクランベリークランベリー

    ルチン(Rutin、ルトサイド、ケルセチン-3-ルチノシドとも)は、薬草などとして用いられていたミカン科のヘンルーダ Ruta graveolensから発見された柑橘フラボノイド配糖体の一種。タデ科のソバ、ダイオウ属植物の葉および、アスパラガスなどに含まれている。その他、ブラジルのfava d'antaの木の果実、の花、果物や果皮(特にオレンジ、グレープフルーツ、レモン、ライムといった柑橘類)、クワの実、トネリコの実、クランベリーといったベリーにも含まれている。化合物名は、単離されたヘンルーダの学名 Ruta graveolensから来ている。ルチン フレッシュアイペディアより)

  • ツツジ科

    ツツジ科から見たクランベリークランベリー

    園芸用樹木のツツジやサツキ、シャクナゲ、アザレア(以上ツツジ Rhododendron 属)、ドウダンツツジ Enkianthus perulatus、カルミア Kalmia sp.、エリカErica sp.、アセビ Pieris japonica など、果樹のブルーベリー Vaccinium sp.やクランベリー(ツルコケモモ Vaccinium macrocarpon)、高山植物のコケモモ Vaccinium vitis-idaea 、シャシャンボなどがよく知られる。ツツジ科 フレッシュアイペディアより)

  • ファルマス (マサチューセッツ州)

    ファルマス (マサチューセッツ州)から見たクランベリークランベリー

    元々はインディアンの居住地であったが、1660年に英国の入植者が定住し、1686年に州に取り入れられた。最初の産業は農業、塩、捕鯨、輸送と羊であった。19世紀には捕鯨で栄えた。19世紀後半までには、クランベリーとイチゴを主に栽培していた。1810年に起こった米英戦争では、マサチューセッツ民兵はイギリス軍の上陸を阻止するために浜辺で守備を固めた。1872年には電車がファルマスとウッズホール間に開通した。20世紀前半には、酪農が内部の地方で行われた。第2次世界大戦の間には、近隣にオーティス空軍州兵基地が出来たので人口がかなり増加したという。ファルマス (マサチューセッツ州) フレッシュアイペディアより)

  • テルスヘリング

    テルスヘリングから見たクランベリークランベリー

    テルスヘリングは、ワッデン海上の島々の中で唯一クランベリー(和名:ツルコケモモ)が育つことで知られる。1840年、壊血病に効果があることから船乗りが樽一杯に詰めていたクランベリーが、遭難した船から島岸に漂着し、島民たちは自分たちの航海用に栽培を始めた。テルスヘリング フレッシュアイペディアより)

  • ノース人によるアメリカ大陸の植民地化

    ノース人によるアメリカ大陸の植民地化から見たクランベリークランベリー

    1001年、レイフはおそらくニューファンドランド島の北端にあるケープ・ボールド近くで冬を過ごしており、ここでのある日、彼の育ての親でドイツ人であるティルカーが酒に酔っているのを見付けている。このことについてサガでは、この地域で自生している「ワインベリー」、スカッシュベリー、グーズベリーおよびクランベリーのことを記述している。発酵したベリーをレイフがワインと表現したかについては諸説ある。ノース人によるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • ピットメドウズ

    ピットメドウズから見たクランベリークランベリー

    農業が盛んな地域だが市内にはメイプルリッジとの境にショッピングセンターが新しくできるなど商業施設の発達が見られる。農業における主な農作物はクランベリーとブルーベリーで、花などの温室栽培も盛んである。ピットメドウズ フレッシュアイペディアより)

  • ベリー

    ベリーから見たクランベリークランベリー

    日常的には、「ベリー」は、イチゴ(ストロベリー)、ブルーベリー、ラズベリー、セイヨウスグリ(グーズベリー)、ブラックベリー、クランベリーなど、多肉質の小果実の総称である。ベリー フレッシュアイペディアより)

  • ペミカン

    ペミカンから見たクランベリークランベリー

    ペミカンの材料は、使用可能なものなら何でも用いられた。例えば、ペミカン用の肉としてしばしばアメリカバイソン、ヘラジカ、シカ(アメリカアカシカやオジロジカなど)の肉が使われた。果物はクランベリー、サスカトゥーンベリー(saskatoon berry、ザイフリボク属)がよく使われた。チェリー、スグリ 、セイヨウカマツカの実、ブルーベリーが使われたペミカンは、インディアンたちの間でもっぱら冠婚葬祭などの特別な場合に、現在でも食べられている。パウワウにも供されることが多い。ペミカン フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示