69件中 31 - 40件表示
  • ペミカン

    ペミカンから見たクランベリークランベリー

    ペミカンの材料は、使用可能なものなら何でも用いられた。例えば、ペミカン用の肉としてしばしばアメリカバイソン、ヘラジカ、シカ(アメリカアカシカやなど)の肉が使われた。果物は、クランベリーや(ザイフリボク属)がよく使われた。チェリー、スグリ 、セイヨウカマツカの実、ブルーベリーが使われたペミカンは、インディアンたちの間でもっぱら冠婚葬祭などの特別な場合に、現在でも食べられている。パウワウにも供されることが多い。ペミカン フレッシュアイペディアより)

  • 杉谷本舗

    杉谷本舗から見たクランベリークランベリー

    「キャラメルおこし」は杉谷本舗のおこしの一種。おこしに使用される水飴をキャラメル風味にしており、昔なつかし味わいの「黒おこし」などに対して一新した洋風な味わいである。「キャラメルおこし」は2種類の味わいの組み合わせからなる菓子で、「クランベリーとイチゴ」「チョコレートとバナナ」「かぼちゃの種とアーモンド」の3種類の風味がある。他のおこし類と変わらず、米を原材料に使用した菓子で、米を蒸して加工し乾燥したものを焙煎し、パフ状に膨らんだ「おこし種」にキャラメル風味の水飴とそれぞれの風味となる原料を混ぜ合わせたものである。杉谷本舗 フレッシュアイペディアより)

  • カナダ料理

    カナダ料理から見たクランベリークランベリー

    野生のアンズタケ、アメリカマツタケ、アミガサタケ、ロブスター・マッシュルーム、パフボール、および他のキノコも食用にする。カナダは、品質の良いチーズ、多くのすぐれたビールを生産しており、素晴らしいアイスワインとアイスシードルでも有名である。野生または栽培したセイヨウスグリ、サーモンベリー、クランベリー、イチゴを食べる。ムクロジ(ソープベリー)を泡立てて作る「インディアン・アイスクイリーム」は、ブリティッシュコロンビア州内陸の内陸セイリッシュ語でxoosumと呼ばれる。アイスクリームの形状またはクランベリーのカクテルのような飲み物で、腎臓の強壮剤として知られている。アラスカでは動物または魚の油脂で作るエスキモーアイスクリームをアクタックと呼ぶ。カナダ料理 フレッシュアイペディアより)

  • どーせヒマでしょ?

    どーせヒマでしょ?から見たクランベリークランベリー

    洋酒入りクランベリークリームを挟んだチョコレートオムレット。どーせヒマでしょ? フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ料理

    ウクライナ料理から見たクランベリークランベリー

    調味料には、在来品の香辛料(蒔蘿・塘蒿・姫茴香・アニス・薄荷・胡桃)と輸入品の香辛料(胡椒・肉桂)、それから様々な油類(植物油・サーロ・牛乳・バター・スメターナ)と甘味料としての野生蜂蜜が用いられた。デザートは果物(林檎・セイヨウナシ・桜桃・李・酸塊・苔桃・ラスベリー・クランベリーなど)、チーズ、クーチャ(小麦、ライ麦、ありは米を蜂蜜と芥子の実と合わせた料理)が中心となっており、飲み物は乳製品(牛乳・ケフィア)、穀物酒(クヴァース・ビール)、蜂蜜酒やアルコールの果物酒などがあった。ウクライナ料理 フレッシュアイペディアより)

  • ターンオーバー (食品)

    ターンオーバー (食品)から見たクランベリークランベリー

    ターンオーバーの具は様々なものが使われる。リンゴやブルーベリーから鶏肉、牛肉、豚肉、チーズ、レーズン、クランベリーにサツマイモさらにはウサギ肉やリーキまで使われる。ターンオーバー (食品) フレッシュアイペディアより)

  • 拘束形態素

    拘束形態素から見たクランベリークランベリー

    クランベリー型形態素("cranberry morpheme"、又は、"unique morpheme")は、単独の意味を有さず(即ち、自由形態素ではない)、特定の語にしか用いられない極めて限定的な機能を有する拘束形態素である。典型例は、命名の元となったcranberry(クランベリー)のcran-であり、-berryが、"strewberry"や"blueberry"を形成する果実を意味する語根であるのに対し、crangrapeといった商品名の命名を除いて、cran-は他の語で用いられることはない。。拘束形態素 フレッシュアイペディアより)

  • ウィスコンシン州

    ウィスコンシン州から見たクランベリークランベリー

    ウィスコンシン州の主要産業は製造業、農業、健康産業であり、製造業は農業よりはるかに生産高が大きいのだが、ここは農業州と見なされている。ウィスコンシンと言えば乳牛の牧畜で有名であり、酪農祭り等の催しものは多い。チーズやミルク等の酪農製品が名産である。チーズの生産高では国内の約4分の1を生産しており、国内第1位である。俗に、ウィスコンシンは人より牛が多いとよく言われるが、実際には人口550万人以上に対し、牛は200万頭程度である。以前はミルクの生産が全米1位だったが、現在はカリフォルニア州が1位である。一人あたりミルク生産量ではアイダホ州とバーモント州に次いで第3位である。バターの生産量は第2位であり、国内の約約4分の1を生産している。酪農製品の他に、飼料用トウモロコシ、クランベリー、アメリカニンジン(朝鮮人参の近縁種)、加工用サヤマメの生産量では国内第1位である。クランベリーの場合は国内の半分以上、アメリカニンジンの場合は97%を生産している。エンバクやじゃがいも、ニンジン、サワーチェリー、メープルシロップ、加工用スイートコーンの生産も多い。農業生産の重要性を反映して、ウィスコンシン州4分の1ドル硬貨にはホルスタイン牛、トウモロコシの穂、チーズの輪が描かれている。ウィスコンシン州 フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー型形態素

    クランベリー型形態素から見たクランベリークランベリー

    クランベリー形態素の典型的な例は、クランベリー()のcranである。このcranは、ニシンの重さを意味する同音異義語とは関係なく、鶴が基となっている。似たケースに、桑を意味するのmulがある。これはラテン語でクワの木を意味するmorusから来ているが、他の語には含まれない形態素である。クランベリー型形態素 フレッシュアイペディアより)

  • レッドロブスター

    レッドロブスターから見たクランベリークランベリー

    ラズベリークランベリーティ(ラズベリーの香りとクランベリーの酸味があるオリジナルティー)レッドロブスター フレッシュアイペディアより)

69件中 31 - 40件表示

「クランベリー」のニューストピックワード