69件中 51 - 60件表示
  • リトアニア料理

    リトアニア料理から見たクランベリークランベリー

    野生のベリーもまた収穫されるが、キノコよりも路上市場や店で購入することが多い。ビルベリー(mėlynės)、コケモモ(bruknės)は最も豊富な野生のベリーの品種である。クランベリー(spanguolės)は価値があるが、栽培は湿地のような、いくつかの湿地に限られている。酸味のあるクランベリーやコケモモのジャムと甘いビルベリーのジャムは、いずれもパンケーキ(blynai)の素晴らしいソースとされる。コケモモジャムは、焼いた鶏肉や七面鳥の味付け、または他の塩味の料理のソースに使われることもある。新鮮なビルベリーは冷たいミルクスープに入れることもできる。は比較的に希少で、採取してすぐに消費する。リトアニア料理 フレッシュアイペディアより)

  • モルス (飲料)

    モルス (飲料)から見たクランベリークランベリー

    モルス(、ラテン文字:Mors)は主にリンゴンベリー(コケモモ)やクランベリーから作る、ロシアの非炭酸フルーツ飲料である。(ブルーベリーやイチゴ、ラズベリーを用いることもある。)モルスは発酵させたリンゴンベリーやクランベリーの上澄み液にシロップや飲料水を加え撹拌して作る。ジュースの代わりに、果物の果汁にアロマエッセンス、有機酸、砂糖、着色料、飲料水を加えたものを用いることもある。また、一度沸騰させた後冷却して作る方法も存在する。モルス (飲料) フレッシュアイペディアより)

  • シー・ブリーズ

    シー・ブリーズから見たクランベリークランベリー

    クランベリー・ジュース ・・・ 30mlシー・ブリーズ フレッシュアイペディアより)

  • フルーツカード

    フルーツカードから見たクランベリークランベリー

    フルーツカード(Fruit curd)は、レモン、ライム、オレンジ、タンジェリン等の柑橘類から作られたデザートである。パッションフルーツ、マンゴー、ラズベリー、クランベリー、ブラックベリー等を用いることもある。基本的な材料は、卵黄、砂糖、果汁、果皮である。これらを一緒に煮詰め、その後冷やして、柔らかく滑らかなスプレッドを形成させる。卵白やバターを加えるレシピもある。フルーツカード フレッシュアイペディアより)

  • ウルソール酸

    ウルソール酸から見たクランベリークランベリー

    ウルソル酸は、リンゴ、バジル、ビルベリー、クランベリー、エルダーフラワー、ペパーミント、ローズマリー、ラベンダー、オレガノ、タイム、サンザシ、プルーンを含む多くの植物に存在している。リンゴの皮は、ウルソール酸および関連化合物を大量に含んでいる。ウルソール酸 フレッシュアイペディアより)

  • 蜂群崩壊症候群

    蜂群崩壊症候群から見たクランベリークランベリー

    花粉媒介を行なう昆虫は、米国作物の種類のおよそ3分の1の受粉を媒介している。その作物にはアーモンド、桃、大豆、リンゴ、セイヨウナシ、サクランボ、木苺、ブラックベリー、クランベリー、スイカ、メロン、胡瓜、苺がある。これらの植物の多くは、米国においては他の種類のミツバチなどの昆虫が花粉を運んで授粉を行なうことが可能であり、実際に行なわれることもあるが、商業規模ではない。数種の野生種を栽培している一部の農家は、ミツバチを受粉のために持ち込んではいるが、野生種は特にミツバチを必要としているわけではない。もし、ミツバチがその地域からいなくなった場合、それらの地域自生の植物に適した自然の花粉媒介を行う動物や昆虫がその座を取り戻すと推測されている。しかし、他の種の方が実際に受粉の効果があったとしても、ミツバチが授粉を担う作物の種類の30%では、野生の花粉媒介種のほとんどはミツバチほど効果的に大量使用ができない。多くの例において、それらの昆虫は植物を訪問しようとはしない。蜂の巣は必要に応じて、ある作物から別の作物へ移動することができ、ミツバチは大群を成して多数の植物を訪れる。そのため、これらの作物の商業的生産量は、養蜂産業に強く依存していることになる。蜂群崩壊症候群 フレッシュアイペディアより)

  • テルスヘリング

    テルスヘリングから見たクランベリークランベリー

    テルスヘリングは、ワッデン海上の島々の中で唯一クランベリー(和名:ツルコケモモ)が育つことで知られる。1840年、壊血病に効果があることから船乗りが樽一杯に詰めていたクランベリーが、遭難した船から島岸に漂着し、島民たちは自分たちの航海用に栽培を始めた。テルスヘリング フレッシュアイペディアより)

  • ツル

    ツルから見たクランベリークランベリー

    クランベリー - クランとはcraneの訛,つまりは英語で鶴のことである。どの部分を鶴になぞらえたかは諸説ある。但しクランベリーと言う語は元々低地ドイツ語からの借用であり、それぞれの構成要素(クラン、ベリー)も本来は低地ドイツ語のcraneとberryに対応するkraanとbereに帰すべきものである。  ツル フレッシュアイペディアより)

  • スコーン

    スコーンから見たクランベリークランベリー

    イギリスのプレーンスコーンはアメリカ合衆国でビスケットと呼ばれているものとほぼ同じであるが、ビスケットにはバターの代わりにショートニングを使うことが多く、牛乳の代わりにクリームを使うこともある(クリームビスケット)。一方、北米でスコーンといえば具入りのもののみを指す。北米のスコーンにはレーズンやブルーベリー、クランベリーといったドライフルーツの他、ナッツやチョコレートチップ、チョコレートチャンク(チョコレートの小さな塊)が使われることが多く、イギリスのスコーンよりも生地に砂糖を多く加えるのが特徴である。焼き上がったスコーンに砂糖衣を垂らすこともある。また、チーズやタマネギ、ベーコンなどを混ぜた塩味のスコーンを、軽食として食べることもある。スコーン フレッシュアイペディアより)

  • 兵士の燃料

    兵士の燃料から見たクランベリークランベリー

    最初の軍用HOOAH! バーはアップル-シナモン、チョコレート、ラズベリー、クランベリー、ピーナッツバター味だった。ファースト・ストライク・レーションに含まれるファースト・ストライク・バー(より小さく、濃縮されている)はピーナッツバターがモカに代替されている。兵士の燃料 フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「クランベリー」のニューストピックワード