79件中 31 - 40件表示
  • クランベリー

    クランベリーから見たスコーン

    クランベリーの果実はクランベリーソースとして知られるコンポートやゼリーとして調理される。クリスマスやアメリカ合衆国およびカナダの感謝祭では七面鳥の丸焼きにクランベリーソースが伝統的な定番となっている。マフィン、スコーン、ケーキ、パンなど小麦粉製品でも使用される。この場合、オレンジやゼストなどと併せることもある。まれにスープやシチューなどの酸味付けに使用されることもある。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た

    鶴 (crane) のベリー (berry) の意味。アメリカの初期のヨーロッパ系移民が花が開く前の、萼、花弁が鶴の首、頭、くちばしに似ていることから名付けたとされる。クランベリーが鶴の好物であるということに由来するとする説もある。カナダ北東部では「モスベリー」と呼ばれる。フェンに原生していたことから英語圏では「フェンベリー」とも呼ばれる。17世紀、ニューイングランドでは熊が好むことから「ベアベリー」と呼ばれることもあった。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たガロン

    なお、ニシンの体積を測る単位クラン(cran、37.5ガロン)とは無関係である。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たマフィン

    クランベリーの果実はクランベリーソースとして知られるコンポートやゼリーとして調理される。クリスマスやアメリカ合衆国およびカナダの感謝祭では七面鳥の丸焼きにクランベリーソースが伝統的な定番となっている。マフィン、スコーン、ケーキ、パンなど小麦粉製品でも使用される。この場合、オレンジやゼストなどと併せることもある。まれにスープやシチューなどの酸味付けに使用されることもある。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た灌漑

    歴史的にクランベリー畑は湿地帯にできている。近現代、クランベリー畑は高地の浅い地下水面にできている。地表面は畑の周囲に堤防を作るために削り取られる。砂が4インチから8インチの深さに敷かれる。排水を均等にするため表面をレーザーレベルで平面にする。タイル敷きの排水設備や側溝により頻繁に排水される。貯水もでき、堤防の上を重機が運行することもできる。生育や、秋から春の冷害から保護するための灌漑設備が設置されている。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たマンガン

    生のクランベリーにはミネラル、マンガンのほか、ビタミンC、食物繊維が含まれている。これらは100gにつき1日の摂取基準の1割以上を占め、微量ながらほかの栄養素も存在する。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たコケモモ

    同属のコケモモが英語でマウンテンクランベリー (mountain cranberry) と呼ばれることがあるが、リンゴンベリー (lingonberry) の方がより一般的である。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た沼地

    クランベリー (Cranberry) とはツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属 (Oxycoccos) に属する常緑低木の総称。北半球、寒帯の酸性の沼地に見られる。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たリンゴンベリー

    同属のコケモモが英語でマウンテンクランベリー (mountain cranberry) と呼ばれることがあるが、リンゴンベリー (lingonberry) の方がより一般的である。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たフェン

    鶴 (crane) のベリー (berry) の意味。アメリカの初期のヨーロッパ系移民が花が開く前の茎、萼、花弁が鶴の首、頭、くちばしに似ていることから名付けたとされる。クランベリーが鶴の好物であるということに由来するとする説もある。カナダ北東部では「モスベリー」と呼ばれる。フェンに原生していたことから英語圏では「フェンベリー」とも呼ばれる。17世紀、ニューイングランドでは熊が好むことから「ベアベリー」と呼ばれることもあった。クランベリー フレッシュアイペディアより)

79件中 31 - 40件表示

「クランベリー」のニューストピックワード