79件中 51 - 60件表示
  • クランベリー

    クランベリーから見たニュージャージー州

    クランベリーはアメリカ合衆国のマサチューセッツ州、ニュージャージー州、オレゴン州、ワシントン州、ウィスコンシン州、カナダのブリティッシュコロンビア州、ニューブランズウィック州、オンタリオ州、ノバスコシア州、プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、ケベック州において主要な商業作物となっている。ブリティッシュコロンビア州のフレイザー・ヴァレイ地区では1,150ヘクターから国内生産量の95%を占める1,700万kgのクランベリーを生産する。アメリカ合衆国では国内生産量の半分以上を生産するウィスコンシン州が最大の生産地となっており、次にマサチューセッツ州が続く。また量は少ないが、アルゼンチン南部、チリ、オランダでも生産されている。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た

    鶴 (crane) のベリー (berry) の意味。アメリカの初期のヨーロッパ系移民が花が開く前の茎、、花弁が鶴の首、頭、くちばしに似ていることから名付けたとされる。クランベリーが鶴の好物であるということに由来するとする説もある。カナダ北東部では「モスベリー」と呼ばれる。フェンに原生していたことから英語圏では「フェンベリー」とも呼ばれる。17世紀、ニューイングランドでは熊が好むことから「ベアベリー」と呼ばれることもあった。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たアイルランド

    クランベリーズ - アイルランドのロックバンド。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たオランダ

    クランベリーはアメリカ合衆国のマサチューセッツ州、ニュージャージー州、オレゴン州、ワシントン州、ウィスコンシン州、カナダのブリティッシュコロンビア州、ニューブランズウィック州、オンタリオ州、ノバスコシア州、プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、ケベック州において主要な商業作物となっている。ブリティッシュコロンビア州のフレイザー・ヴァレイ地区では1,150ヘクターから国内生産量の95%を占める1,700万kgのクランベリーを生産する。アメリカ合衆国では国内生産量の半分以上を生産するウィスコンシン州が最大の生産地となっており、次にマサチューセッツ州が続く。また量は少ないが、アルゼンチン南部、チリ、オランダでも生産されている。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たオンタリオ州

    クランベリーはアメリカ合衆国のマサチューセッツ州、ニュージャージー州、オレゴン州、ワシントン州、ウィスコンシン州、カナダのブリティッシュコロンビア州、ニューブランズウィック州、オンタリオ州、ノバスコシア州、プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、ケベック州において主要な商業作物となっている。ブリティッシュコロンビア州のフレイザー・ヴァレイ地区では1,150ヘクターから国内生産量の95%を占める1,700万kgのクランベリーを生産する。アメリカ合衆国では国内生産量の半分以上を生産するウィスコンシン州が最大の生産地となっており、次にマサチューセッツ州が続く。また量は少ないが、アルゼンチン南部、チリ、オランダでも生産されている。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た北欧

    北アメリカではアメリカ州の先住民族が食用としたのが最初とされる。ペミカンなどの食材として使用されたほか、薬や染料としても使用された。アルゴンキン族は「ササマナシュ」と呼び、マサチューセッツの飢えたイギリス系移民に分け与えたとされ、感謝祭の伝統的料理に使用されている。1816年頃、アメリカ独立戦争で活躍したヘンリー・ホールがケープコッドにあるデニスで栽培したのがクランベリー農園の最初とされる。1820年代、ヨーロッパに輸出されていた。北欧やロシアで野生の植物として人気となった。スコットランドでは当初野生の植物であったが、生育地の変化によりもう生息していない。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た冷害

    高さ10cm程度の矮小な低木で、枝は細く小さな常緑の葉をつける。花はダークピンクで反り返った花弁をもつ。果実は小さく、中が数室に分かれた空洞になっており、熟すとピンク色から深紅に色づく。加工用など傷が付いてもさほど支障のない場合、クランベリー畑に木が完全に沈むほどまで水をはり、水中で木を揺すると果実が外れて水面に浮かぶので、大型機械で果実をすくい取って収穫する。なお、畑にはった水はクランベリーの木を冷害から守る効果もあるため、春まで水を抜かずにそのまま越冬させる。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たEテレ0655&2355

    Eテレ0655&2355 - 0655のおはようソングには『クランベリーの赤い実』という、クランベリーの特徴を紹介・解説する歌がある。クランベリー独特の収穫方法も紹介される。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たゼリー

    クランベリーの果実はクランベリーソースとして知られるコンポートやゼリーとして調理される。クリスマスやアメリカ合衆国およびカナダの感謝祭では七面鳥の丸焼きにクランベリーソースが伝統的な定番となっている。マフィン、スコーン、ケーキ、パンなど小麦粉製品でも使用される。この場合、オレンジやゼストなどと併せることもある。まれにスープやシチューなどの酸味付けに使用されることもある。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た紫色採尿バッグ症候群

    尿路感染症に有効であるとする報告がある。ただし、無効であったとする報告も複数あり評価は定まっていない。紫色採尿バッグ症候群の治療に使用している施設もあるが、適切な製剤がないために適応が難しい。また果汁にはシュウ酸が多く含まれるために、過剰な摂取はシュウ酸結石(尿路結石の1種)のリスクを高めるとされる。ほかにも下痢や嘔吐などの副作用も報告されている。クランベリー フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示

「クランベリー」のニューストピックワード