79件中 61 - 70件表示
  • クランベリー

    クランベリーから見たブリティッシュコロンビア州

    クランベリーはアメリカ合衆国のマサチューセッツ州、ニュージャージー州、オレゴン州、ワシントン州、ウィスコンシン州、カナダのブリティッシュコロンビア州、ニューブランズウィック州、オンタリオ州、ノバスコシア州、プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、ケベック州において主要な商業作物となっている。ブリティッシュコロンビア州のフレイザー・ヴァレイ地区では1,150ヘクターから国内生産量の95%を占める1,700万kgのクランベリーを生産する。アメリカ合衆国では国内生産量の半分以上を生産するウィスコンシン州が最大の生産地となっており、次にマサチューセッツ州が続く。また量は少ないが、アルゼンチン南部、チリ、オランダでも生産されている。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た英語

    同属のコケモモが英語でマウンテンクランベリー (mountain cranberry) と呼ばれることがあるが、リンゴンベリー (lingonberry) の方がより一般的である。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たパン

    クランベリーの果実はクランベリーソースとして知られるコンポートやゼリーとして調理される。クリスマスやアメリカ合衆国およびカナダの感謝祭では七面鳥の丸焼きにクランベリーソースが伝統的な定番となっている。マフィン、スコーン、ケーキ、パンなど小麦粉製品でも使用される。この場合、オレンジやゼストなどと併せることもある。まれにスープやシチューなどの酸味付けに使用されることもある。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たウィスコンシン州

    クランベリーはアメリカ合衆国のマサチューセッツ州、ニュージャージー州、オレゴン州、ワシントン州、ウィスコンシン州、カナダのブリティッシュコロンビア州、ニューブランズウィック州、オンタリオ州、ノバスコシア州、プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、ケベック州において主要な商業作物となっている。ブリティッシュコロンビア州のフレイザー・ヴァレイ地区では1,150ヘクターから国内生産量の95%を占める1,700万kgのクランベリーを生産する。アメリカ合衆国では国内生産量の半分以上を生産するウィスコンシン州が最大の生産地となっており、次にマサチューセッツ州が続く。また量は少ないが、アルゼンチン南部、チリ、オランダでも生産されている。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た酸性

    クランベリー (Cranberry) とはツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属 (Oxycoccos) に属する常緑低木の総称。北半球、寒帯の酸性の沼地に見られる。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たコスモポリタン (カクテル)

    通常、クランベリージュースは酸味を減らすため甘味料を加えたり、ほかの果汁を混ぜたりする。コスモポリタンなど多くのカクテルがクランベリージュースから作られる。1oz(30ml)につき小さじ1杯の砂糖が加えられており、クランベリージュースを使用したカクテルは、肥満に繋がる炭酸飲料よりはるかに甘い。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たアメリカ州の先住民族

    北アメリカではアメリカ州の先住民族が食用としたのが最初とされる。ペミカンなどの食材として使用されたほか、薬や染料としても使用された。アルゴンキン族は「ササマナシュ」と呼び、マサチューセッツの飢えたイギリス系移民に分け与えたとされ、感謝祭の伝統的料理に使用されている。1816年頃、アメリカ独立戦争で活躍したヘンリー・ホールがケープコッドにあるデニスで栽培したのがクランベリー農園の最初とされる。1820年代、ヨーロッパに輸出されていた。北欧やロシアで野生の植物として人気となった。スコットランドでは当初野生の植物であったが、生育地の変化によりもう生息していない。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た寒帯

    クランベリー (Cranberry) とはツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属 (Oxycoccos) に属する常緑低木の総称。北半球、寒帯の酸性の沼地に見られる。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たくちばし

    鶴 (crane) のベリー (berry) の意味。アメリカの初期のヨーロッパ系移民が花が開く前の茎、萼、花弁が鶴の首、頭、くちばしに似ていることから名付けたとされる。クランベリーが鶴の好物であるということに由来するとする説もある。カナダ北東部では「モスベリー」と呼ばれる。フェンに原生していたことから英語圏では「フェンベリー」とも呼ばれる。17世紀、ニューイングランドでは熊が好むことから「ベアベリー」と呼ばれることもあった。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たニューブランズウィック州

    クランベリーはアメリカ合衆国のマサチューセッツ州、ニュージャージー州、オレゴン州、ワシントン州、ウィスコンシン州、カナダのブリティッシュコロンビア州、ニューブランズウィック州、オンタリオ州、ノバスコシア州、プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、ケベック州において主要な商業作物となっている。ブリティッシュコロンビア州のフレイザー・ヴァレイ地区では1,150ヘクターから国内生産量の95%を占める1,700万kgのクランベリーを生産する。アメリカ合衆国では国内生産量の半分以上を生産するウィスコンシン州が最大の生産地となっており、次にマサチューセッツ州が続く。また量は少ないが、アルゼンチン南部、チリ、オランダでも生産されている。クランベリー フレッシュアイペディアより)

79件中 61 - 70件表示

「クランベリー」のニューストピックワード