1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示
  • クランベリー

    クランベリーから見たオレンジ

    クランベリーの果実はクランベリーソースとして知られるコンポートやゼリーとして調理される。クリスマスやアメリカ合衆国およびカナダの感謝祭では七面鳥の丸焼きにクランベリーソースが伝統的な定番となっている。マフィン、スコーン、ケーキ、パンなど小麦粉製品でも使用される。この場合、オレンジやゼストなどと併せることもある。まれにスープやシチューなどの酸味付けに使用されることもある。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たロシア

    北アメリカではアメリカ州の先住民族が食用としたのが最初とされる。ペミカンなどの食材として使用されたほか、薬や染料としても使用された。アルゴンキン族は「ササマナシュ」と呼び、マサチューセッツの飢えたイギリス系移民に分け与えたとされ、感謝祭の伝統的料理に使用されている。1816年頃、アメリカ独立戦争で活躍したヘンリー・ホールがケープコッドにあるデニスで栽培したのがクランベリー農園の最初とされる。1820年代、ヨーロッパに輸出されていた。北欧やロシアで野生の植物として人気となった。スコットランドでは当初野生の植物であったが、生育地の変化によりもう生息していない。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たツツジ科

    クランベリー (Cranberry) とはツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属 (Oxycoccos) に属する常緑低木の総称。北半球、寒帯の酸性の沼地に見られる。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た安息香酸

    主な種はツルコケモモ(蔓苔桃)、ヒメツルコケモモ(姫蔓苔桃)、オオミノツルコケモモ(大実蔓苔桃)、アクシバ(灰汁柴、青木柴)。果実は安息香酸を含有している。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たビタミンC

    生のクランベリーにはミネラル、マンガンのほか、ビタミンC、食物繊維が含まれている。これらは100gにつき1日の摂取基準の1割以上を占め、微量ながらほかの栄養素も存在する。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た北アメリカ

    分布:北ヨーロッパ、北アジア、北アメリカ北部など、北半球の寒い地域に分布。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たヨーロッパ

    鶴 (crane) のベリー (berry) の意味。アメリカの初期のヨーロッパ系移民が花が開く前の茎、萼、花弁が鶴の首、頭、くちばしに似ていることから名付けたとされる。クランベリーが鶴の好物であるということに由来するとする説もある。カナダ北東部では「モスベリー」と呼ばれる。フェンに原生していたことから英語圏では「フェンベリー」とも呼ばれる。17世紀、ニューイングランドでは熊が好むことから「ベアベリー」と呼ばれることもあった。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見た食物繊維

    生のクランベリーにはミネラル、マンガンのほか、ビタミンC、食物繊維が含まれている。これらは100gにつき1日の摂取基準の1割以上を占め、微量ながらほかの栄養素も存在する。クランベリー フレッシュアイペディアより)

  • クランベリー

    クランベリーから見たアルゴンキン族

    北アメリカではアメリカ州の先住民族が食用としたのが最初とされる。ペミカンなどの食材として使用されたほか、薬や染料としても使用された。アルゴンキン族は「ササマナシュ」と呼び、マサチューセッツの飢えたイギリス系移民に分け与えたとされ、感謝祭の伝統的料理に使用されている。1816年頃、アメリカ独立戦争で活躍したヘンリー・ホールがケープコッドにあるデニスで栽培したのがクランベリー農園の最初とされる。1820年代、ヨーロッパに輸出されていた。北欧やロシアで野生の植物として人気となった。スコットランドでは当初野生の植物であったが、生育地の変化によりもう生息していない。クランベリー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示

「クランベリー」のニューストピックワード