前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
120件中 1 - 10件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    試合はモスクワ夏時間で夜11時という非常に遅い時刻に始まり、試合中に翌日の22日を迎えた。大会得点王となったクリスティアーノ・ロナウドのゴールでマンチェスター・ユナイテッドが前半26分に先制し、前半終了前にフランク・ランパードのゴールでチェルシーが追いついた。その後は一進一退の攻防を繰り広げながら延長戦に突入。延長戦もゴールが生まれずPK戦に突入した。また延長戦の終了前にチェルシーのディディエ・ドログバがネマニャ・ヴィディッチの頬を叩き、退場となっている。雨降りしきる中行われたPK戦は、先攻のマンチェスター・ユナイテッドの3人目のキッカーであるクリスティアーノ・ロナウドが、チェルシーのGKペトル・チェフに止められ失敗。後攻のチェルシーがリードし、これを決めれば優勝という場面で5人目のジョン・テリーに回ったが、ボールを蹴る寸前に雨で濡れたピッチで軸足を滑らせてしまい、ポストにはじかれて失敗。その後は6人目は共に決めたものの、チェルシーの7人目ニコラ・アネルカが、マンチェスター・ユナイテッドのGKエトヴィン・ファン・デル・サールに止められマンチェスター・ユナイテッドの優勝が決まった。試合終了後、PKを失敗したクリスティアーノ・ロナウドはピッチにうつ伏せになったまま号泣し、ジョン・テリーも監督やチームメイトに抱かれながら号泣した。UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    バルセロナと2014年まで契約期間を延長し、スペインの市民権を得て臨んだ2005-06シーズン、リュドヴィク・ジュリとの右ウィングのポジション争い時にこのフランス代表のライバルを上回る活躍を披露。ワールドユースも含めた質の高いプレーが人々に認知され、イタリアのスポーツ紙Tuttosportが選ぶゴールデンボーイ賞(U-21欧州最優秀選手賞)にクリスティアーノ・ロナウドやウェイン・ルーニーを抑えて選出されている。UEFAチャンピオンズリーグの対チェルシーFC戦・1stレグを始め、相手左サイドをしばしば混乱に陥れるビッグプレイを連発した素晴らしいシーズンではあったが、対チェルシー戦の2ndレグ中に右足の筋肉を故障してしまいその後のシーズンを棒に振る。リーガでは17試合、チャンピオンズリーグでは6試合の出場に終わったが、チームはリーガ、チャンピオンズリーグの二冠を達成。その偉業に少なくない貢献をした。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • ヘセ・ロドリゲス

    ヘセ・ロドリゲスから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    プレースタイルやドリブルなどの点からクリスティアーノ・ロナウドと比較される。カナリア諸島のラス・パルマス・デ・グラン・カナリアに生まれ、14歳だった2007年にレアル・マドリードの下部組織に加入。2011年1月16日、セグンダ・ディビシオンB(3部相当)のUDラス・パルマス戦(5-0)で、レアル・マドリード・カスティージャ(リザーブチーム)デビューを飾った。2010-11シーズンはフベニールAで17得点を挙げる活躍を見せ、シーズン終了後には正式にカスティージャに昇格した。ヘセ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • メスト・エジル

    メスト・エジルから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2011年より、背番号を23番から10番に変更。2011-12シーズンは不調やカカの復調もあってベンチスタートも増えたが、最終的にはリーガでは35試合に出場。2012年4月21日のFCバルセロナとのエル・クラシコでクリスティアーノ・ロナウドの決勝点をアシストするなどリーガ最多の17アシストを記録し、レアルの4シーズンぶりの優勝に貢献した。メスト・エジル フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・カルヴァーリョ

    リカルド・カルヴァーリョから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2010年8月10日、移籍金670万ポンドの2年契約でレアル・マドリードに移籍、三度モウリーニョの下でプレーすることとなった。マジョルカとのリーグ開幕戦では先発出場し、ホーム初戦である第2節オサスナ戦ではクリスティアーノ・ロナウドのパスから決勝点となる移籍後初ゴールも挙げた。その後も多くの試合に先発出場し、サンティアゴ・ベルナベウで行われたアトレティコ・マドリードとのダービー戦でも前半13分に得点を決め、試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。リカルド・カルヴァーリョ フレッシュアイペディアより)

  • ヌーノ・ゴメス

    ヌーノ・ゴメスから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ユーロ2008予選では主将であるジョルジ・アンドラーデが怪我などで不在の時は主将代理を務めた。(ゴメスが交代した場合はクリスティアーノ・ロナウドが代理を務めた。)クラブレベルより、代表チームの大舞台での勝負強さが目立っている(ちなみに出場したW杯・EUROの5大会のうち実に4大会で得点を挙げている)。しかし年齢に加えて、怪我も多くリーグでは決定力不足で決められない事も多いため(特に本来サイドのクリスティアーノ・ロナウドが通常のCFより得点を決めているというのもあって)かポルトガルのメディアでたびたび叩かれるようになり、代表チームの主将代理という扱いについてはファンからも疑問視されることもあった。ヌーノ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • シモン・サブローザ

    シモン・サブローザから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ヴィラ・レアルのコンスタンティン村に生まれ、ルイス・フィーゴやクリスティアーノ・ロナウドを輩出したスポルティング・リスボンの下部組織に入団した。17歳だった1996年、ジル・ビセンテFC(Gil Vicente FC)戦でトップチームデビューすると、1997-98シーズンにはレギュラーの座を奪取した。1998-99シーズンにはリーグ戦で10得点とブレイクし、スポルティング在籍時には通算53試合に出場して12得点した。シモン・サブローザ フレッシュアイペディアより)

  • マデイラ諸島

    マデイラ諸島から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    現在、ポルトガルの自治州となっており、マデイラ・ワインを産することでも知られる。無人島は鳥の保護区となっている。オーストリア=ハンガリー帝国最後のオーストリア皇帝およびハンガリー王であったカール1世(Karl I)は退位後、この島で亡命生活を送り、肺炎で死去した。国際的に活躍しているデザイナーのファティマ・ロペス、サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドの出身地としても知られている。また、同州の主席は1978年よりアルベルト・ジョアン・ジャルディンが務めているが、彼はマデイラ諸島の独立を促す発言をたびたび行い、ポルトガル本土から警戒されている。マデイラ諸島 フレッシュアイペディアより)

  • マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオル

    マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオルから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    翌シーズンは再びレフトバックの位置でプレーし、2010-11シーズン前のプレシーズンマッチ、エルクレスCF戦ではキャプテンを務めた。その後、新たに監督に就任したジョゼ・モウリーニョの指導もあって、長らくの課題とされてきた守備を大幅に向上させ信頼を獲得、ディエゴ・マラドーナからは「メッシとクリスティアーノと別として、現状でマルセロがリーガで最高の選手だと思う」との賛辞を受けた。また、マアマドゥ・ディアッラのASモナコ移籍後は、イケル・カシージャス、セルヒオ・ラモスに次ぐ第3キャプテンとなった。2011年3月16日のUEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント第1戦のオリンピック・リヨン戦2ndレグでは先制点を挙げると共に2点目の起点となり、レアル・マドリードの7年ぶりのベスト8進出に大きく貢献、前年の雪辱を果たした。マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオル フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2009年6月14日に会長選が行われる予定だったが、元会長のフロレンティーノ・ペレス以外の候補者が出馬条件を満たせなかったため、同年6月1日付でペレスが会長に返り咲いた。マヌエル・ペジェグリーニが監督に就任し、同年夏の移籍市場ではカカ、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソらを獲得したほか、ミチェル・サルガド、アリエン・ロッベン、ヴェスレイ・スナイデルらを放出した。しかし、2009-10シーズンは4季ぶりとなる無冠に終わり、シーズン終了後にペジェグリーニは解任された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
120件中 1 - 10件表示

「クリスティアーノ・ロナウド」のニューストピックワード