前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
211件中 1 - 10件表示
  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    バルセロナと2014年まで契約期間を延長し、スペインの市民権を得て臨んだ2005-06シーズン、リュドヴィク・ジュリとの右ウィングのポジション争い時にこのフランス代表のライバルを上回る活躍を披露。ワールドユースも含めた質の高いプレーが人々に認知され、イタリアのスポーツ紙Tuttosportが選ぶゴールデンボーイ賞(U-21欧州最優秀選手賞)にクリスティアーノ・ロナウドやウェイン・ルーニーを抑えて選出された。UEFAチャンピオンズリーグの対チェルシーFC戦・1stレグをはじめ、相手左サイドをしばしば混乱に陥れるビッグプレーを見せたが、対チェルシー戦の2ndレグ中に右足の筋肉を故障し、その後のシーズンを棒に振った。リーガでは17試合、チャンピオンズリーグでは6試合の出場に終わったが、チームはリーガ、チャンピオンズリーグの二冠を達成した。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • バダ・ハリ

    バダ・ハリから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    サッカー選手と非常に仲が良く、クリスティアーノ・ロナウドと談笑しながらサッカー観戦をしているところを撮られる。クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオルが、バダ・ハリ応援メッセージをアップロードする。これに対して、試合を観戦しに来たクリスティアーノ・ロナウド達に、試合後のバダ・ハリがリング上でボールを蹴るモーションをしながらお礼をした。カカ、マリオ・バロテッリ、アデル・ターラブトが、バダ・ハリ応援メッセージをフェイスブックにアップロードする。バダ・ハリ フレッシュアイペディアより)

  • ガレス・ベイル

    ガレス・ベイルから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドとの3トップはBBCと呼ばれる。ガレス・ベイル フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    試合はモスクワ夏時間で夜11時という非常に遅い時刻に始まり、試合中に翌日の22日を迎えた。大会得点王となったクリスティアーノ・ロナウドのゴールでマンチェスター・ユナイテッドが前半26分に先制し、前半終了前にフランク・ランパードのゴールでチェルシーが追いついた。その後は一進一退の攻防を繰り広げながら延長戦に突入。延長戦もゴールが生まれずPK戦に突入した。また延長戦の終了前にチェルシーのディディエ・ドログバがネマニャ・ヴィディッチの頬を叩き、退場となっている。雨降りしきる中行われたPK戦は、先攻のマンチェスター・ユナイテッドの3人目のキッカーであるクリスティアーノ・ロナウドが、チェルシーのGKペトル・チェフに止められ失敗。後攻のチェルシーがリードし、これを決めれば優勝という場面で5人目のジョン・テリーに回ったが、ボールを蹴る寸前に雨で濡れたピッチで軸足を滑らせてしまい、ポストにはじかれて失敗。その後は6人目は共に決めたものの、チェルシーの7人目ニコラ・アネルカが、マンチェスター・ユナイテッドのGKエトヴィン・ファン・デル・サールに止められマンチェスター・ユナイテッドの優勝が決まった。試合終了後、PKを失敗したクリスティアーノ・ロナウドはピッチにうつ伏せになったまま涙し、ジョン・テリーも監督やチームメイトに抱かれながら涙した。UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ2016・決勝

    FIFAクラブワールドカップ2016・決勝から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    レアル・マドリード(スペイン)は、2016年12月10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第15節デポルティボ戦で3-2の勝利を収め、公式戦「35」試合無敗とし、新たなクラブ記録を樹立するなど弾みを付けて来日を迎えた。準決勝で2年連続3回目の出場となる北中米カリブ海王者のクラブ・アメリカ(メキシコ)と対戦した。前半アディショナルタイムにFWクリスティアーノ・ロナウドとMFルカ・モドリッチが細かいパス交換で右サイドを崩すと、中央でボールを受けたMFトニ・クロースのスルーパスに反応してPA内に進入したFWカリム・ベンゼマが右足アウトでネットを揺らしレアル・マドリードが先制した。後半アディショナルタイムにもFWクリスティアーノ・ロナウドが追加点を奪って2-0の完封勝利を収めた。公式戦無敗を「36」の伸ばした。FIFAクラブワールドカップ2016・決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ラダメル・ファルカオ

    ラダメル・ファルカオから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    4月11日、レアル・マドリードとのマドリードダービーに初出場し、チーム唯一の得点を記録したが (1-4) で敗戦した。ヨーロッパリーグ準決勝のバレンシア戦 (4-2) で2得点を記録し、決勝進出に貢献。2012年5月9日、決勝戦のアスレティック・ビルバオ戦 (3-0) で先制の2ゴールを記録し、ポルト時代に続いての2季連続のヨーロッパリーグ制覇を成し遂げ、また自身も2季連続得点王に輝いた。リーグ戦ではリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ得点ランキング3位となる24得点を記録した。ラダメル・ファルカオ フレッシュアイペディアより)

  • ネイマール

    ネイマールから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2017年5月、アメリカのESPNは世界で最も有名なアスリート100名を発表し、ネイマールは6位に選出された。サッカー選手ではクリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシに次ぐ3位。ネイマール フレッシュアイペディアより)

  • MTG (企業)

    MTG (企業)から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    「SIXPAD」は、2014年7月からクリスティアーノ・ロナウド選手と共同プロジェクトを開始し、2015年7月に販売開始されたトレーニングギアブランド。京都大学の森谷敏夫名誉教授の40年以上にわたるEMS研究の結果とロナウド選手のトレーニングメソッドを融合させた。販売開始2年で累計100万台を突破(2017年7月時点)。MTG (企業) フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2009-10シーズンはマヌエル・ペレグリーニが監督に就任し、同年夏の移籍市場では当時の史上2番目に高額な移籍金でカカを、当時の史上最高額となる移籍金でクリスティアーノ・ロナウドを獲得したほか、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソ、ラウール・アルビオル、アルバロ・アルベロアらを獲得。しかし、同シーズンはリーガ・エスパニョーラで当時のクラブ史上最多の勝ち点96を記録するも2季連続の2位、コパ・デル・レイでは2季連続のベスト32、UEFAチャンピオンズリーグでは6季連続のベスト16と無冠に終わり、シーズン終了後にペレグリーニは解任された。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • ヌーノ・ゴメス

    ヌーノ・ゴメスから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ユーロ2008予選では主将であるジョルジュ・アンドラーデが怪我などで不在の時は主将代理を務めた。(ゴメスが交代した場合はクリスティアーノ・ロナウドが代理を務めた。)クラブレベルより、代表チームの大舞台での勝負強さが目立っている(ちなみに出場したW杯・EUROの5大会のうち実に4大会で得点を挙げている)。しかし年齢に加えて、怪我も多くリーグでは決定力不足で決められない事も多いため(特に本来サイドのクリスティアーノ・ロナウドが通常のCFより得点を決めているというのもあって)かポルトガルのメディアでたびたび叩かれるようになり、代表チームの主将代理という扱いについてはファンからも疑問視されることもあった。ヌーノ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
211件中 1 - 10件表示

「クリスティアーノ・ロナウド」のニューストピックワード