211件中 91 - 100件表示
  • アリ・シソコ

    アリ・シソコから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    一方、UEFAチャンピオンズリーグ 2008-09では、UEFAチャンピオンズリーグ初出場となった2009年2月24日のアトレティコ・マドリード戦で、位置取りのミスからセルヒオ・アグエロのパスを通らせ、マキシ・ロドリゲスに先制点を許してしまったが、左サイドの正確なセンタリングでリサンドロ・ロペスの得点をアシストして名誉挽回した。次のマンチェスター・ユナイテッドFC戦は、敗れこそしたものの、ウェイン・ルーニーやクリスティアーノ・ロナウドへの対応から注目を集めた。アリ・シソコ フレッシュアイペディアより)

  • テルモ・サラ

    テルモ・サラから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    1955年までアスレティック・ビルバオに在籍した。には、1944-45シーズンから3シーズン連続で得点王となり、通算では6回得点王のタイトルを獲得した。リーグ通算251得点は歴代2位である。カップ戦では81得点を記録した。1950-51シーズンには30試合で38得点を挙げて1シーズン最高得点記録を樹立した。また、このシーズンにはカップ戦も含めて公式戦通算48得点を挙げており、後にリオネル・メッシに抜かれるまで1シーズン最多得点記録であった。1989-90シーズンにはウーゴ・サンチェスも38得点を記録している。2010-11シーズンにはクリスティアーノ・ロナウドが40得点を挙げてサラとサンチェスの記録を更新したが、それまでサラの記録は50年以上も破られなかった。テルモ・サラ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ

    2016年のザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2016年のザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズは、2017年1月9日にスイス・チューリッヒで行われた授賞式で発表された。2016年からは前年まで一緒だったバロンドールと別々になった。クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード、ポルトガル代表)が2年ぶり4回目の受賞をした(FIFAバロンドールも含む)。2016年のザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ

    2017年のザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2017年のザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズは、2017年10月23日にイギリス・ロンドンで行われた授賞式で発表された。クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード、ポルトガル代表)が2年連続5回目の受賞をした(FIFAバロンドールも含む)。2017年のザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のFIFAバロンドール

    2013年のFIFAバロンドールから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2013年のFIFAバロンドールの受賞者は、2014年1月13日にスイス・チューリッヒで行われた授賞式で発表され、男子はクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード、ポルトガル代表)が5年ぶりに受賞し、女子はナディネ・アンゲラー(ドイツ代表)が初受賞した。2013年のFIFAバロンドール フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のFIFAバロンドール

    2014年のFIFAバロンドールから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2014年のFIFAバロンドールの受賞者は、2015年1月12日にスイス・チューリッヒで行われた授賞式で発表され、男子はクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード、ポルトガル代表)が2年連続3回目の受賞をし、女子はナディネ・ケスラー(ヴォルフスブルク、ドイツ代表)が初受賞した。2014年のFIFAバロンドール フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・バルデス

    ビクトル・バルデスから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2009年5月27日、チャンピオンズリーグ決勝で連覇を目指したマンチェスター・ユナイテッドを2-0で破り、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイとあわせて「3冠(トレブル)」を達成した。この試合では前後半に1回ずつクリスティアーノ・ロナウドの決定機を防いだ。前半には遠めの位置からのフリーキックを防ぎ、後半には低いクロスに合わせたロナウドのシュートを防いだ。ビクトル・バルデス フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・エル・シャーラウィ

    ステファン・エル・シャーラウィから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    プレースタイルはクリスティアーノ・ロナウドと比較され、カカを手本としている。ジョゼ・アルタフィーニは「ネイマールやリオネル・メッシのように重力を感じさせず、まるでボールが足にくっついているようだ。彼は既に偉大な選手で、過度な負担を掛けないことが大事だ。」と評する。ステファン・エル・シャーラウィ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・アネルカ

    ニコラ・アネルカから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    これまで6ヶ国、12クラブを渡り歩いており、チェルシーに移籍した時点での彼へのこれまでの移籍金の総額は8700万ユーロ(約140億円)に上り、これはクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードに移籍するまでサッカー史上最高額であった。アネルカ自身、様々な土地のクラブでプレーすることに魅力を感じている。ニコラ・アネルカ フレッシュアイペディアより)

  • ハリド・ブラールズ

    ハリド・ブラールズから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    先述の通り2004年9月3日の親善試合・リヒテンシュタイン戦でデビュー。マルコ・ファン・バステンに重用され2006 FIFAワールドカップ予選には7試合に出場し、本大会でもメンバー入り。退場者が両チームあわせて4人も発生したベスト16のポルトガル戦では開始早々クリスティアーノ・ロナウドの右太腿にタックルしてイエロー(彼はその後負傷退場)そして後半にルイス・フィーゴに肘うちを喰らわせ、退場した。ハリド・ブラールズ フレッシュアイペディアより)

211件中 91 - 100件表示

「クリスティアーノ・ロナウド」のニューストピックワード