211件中 11 - 20件表示
  • マデイラ諸島

    マデイラ諸島から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    現在、ポルトガルの自治州となっており、マデイラ・ワインを産することでも知られる。無人島は鳥の保護区となっている。オーストリア=ハンガリー帝国最後のオーストリア皇帝およびハンガリー王であったカール1世(Karl I)は退位後、この島で亡命生活を送り、肺炎で死去した。国際的に活躍しているデザイナーのファティマ・ロペス、サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドの出身地としても知られている。また、同州の主席は1978年よりアルベルト・ジョアン・ジャルディンが務めているが、彼はマデイラ諸島の独立を促す発言をたびたび行い、ポルトガル本土から警戒されている。マデイラ諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ヘスス・スアレス

    ヘスス・スアレスから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    選手の好みとしては、走力などのフィジカルよりもボール扱いのテクニックに優れる選手を好む傾向にあり、バレロンを始め、アンドレス・イニエスタ、ジョセップ・グアルディオラ、ジネディーヌ・ジダン(ただし指導者としては批判的)、マルコ・アセンシオにはおおむね好意的だが、カペッロを筆頭にクリスティアーノ・ロナウド、カゼミ―ロ、ルーカス・バスケス、ジョゼ・モウリーニョ(FCポルト監督時代は高く評価していた)、ディエゴ・シメオネを自らの好みから外れるとして何度も批判している。FCバルセロナの選手には好意的である反面、痛烈に批判される選手は、レアル・マドリードの所属選手である傾向が強い。ヘスス・スアレス フレッシュアイペディアより)

  • ヘセ・ロドリゲス

    ヘセ・ロドリゲスから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    プレースタイルやドリブルなどの点からクリスティアーノ・ロナウドと比較される。カナリア諸島のラス・パルマス・デ・グラン・カナリアに生まれ、14歳だった2007年にレアル・マドリードの下部組織に加入。2011年1月16日、セグンダ・ディビシオンB(3部相当)のUDラス・パルマス戦(5-0)で、レアル・マドリード・カスティージャ(リザーブチーム)デビューを飾った。2010-11シーズンはフベニールAで17得点を挙げる活躍を見せ、シーズン終了後には正式にカスティージャに昇格した。ヘセ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のサッカー

    2017年のサッカーから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    (現地時間) 【FIFA】ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズがスイスのチューリッヒで行われ、年間最優秀選手賞にレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドが2年ぶり4度目の受賞(FIFAバロンドールも含む)。女子最優秀選手賞にカーリー・ロイドが2年連続2度目の受賞。2017年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・カルヴァーリョ

    リカルド・カルヴァーリョから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2010年8月10日、移籍金670万ポンドの2年契約(1年の延長オプション付き)でレアル・マドリードに移籍、三度モウリーニョの下でプレーすることとなった。マジョルカとのリーグ開幕戦では先発出場し、ホーム初戦である第2節オサスナ戦ではクリスティアーノ・ロナウドのパスから決勝点となる移籍後初ゴールも挙げた。その後も多くの試合に先発出場し、サンティアゴ・ベルナベウで行われたアトレティコ・マドリードとのダービー戦でも前半13分に得点を決め、試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。リカルド・カルヴァーリョ フレッシュアイペディアより)

  • カリム・ベンゼマ

    カリム・ベンゼマから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドとの3トップはBBCと呼ばれる。カリム・ベンゼマ フレッシュアイペディアより)

  • シモン・サブローザ

    シモン・サブローザから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ヴィラ・レアルのコンスタンティン村に生まれ、ルイス・フィーゴやクリスティアーノ・ロナウドを輩出したスポルティングCPの下部組織に入団した。17歳だった1996年、ジル・ヴィセンテ戦でトップチームデビューすると、1997-98シーズンにはレギュラーの座を奪取した。1998-99シーズンにはリーグ戦で10得点とブレイクし、スポルティング在籍時には通算53試合に出場して12得点した。シモン・サブローザ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ミゲル・ヴァレンテ・ダ・シウヴァ

    アンドレ・ミゲル・ヴァレンテ・ダ・シウヴァから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2016年8月26日にポルトガルA代表に初めて招集されると、9月1日のジブラルタルとの親善試合でA代表デビュー。なおこの試合では負傷離脱中のクリスティアーノ・ロナウドに代わり背番号7をつけてプレーした。同年10月7日のワールドカップ予選・アンドラ戦で代表初得点を挙げると、続く10月10日のフェロー諸島戦ではハットトリックを達成した。アンドレ・ミゲル・ヴァレンテ・ダ・シウヴァ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーポルトガル代表

    サッカーポルトガル代表から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    開催国として出場したUEFA欧州選手権2004では初戦、ギリシャに敗れグループリーグ敗退の危機に陥ったが、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督は大幅なメンバーの入れ替えを敢行し、クリスティアーノ・ロナウド、デコ、リカルド・カルヴァーリョら黄金世代に代わる新戦力を軸に決勝進出を果たし、決勝でギリシャに再び敗れたものの準優勝となった。サッカーポルトガル代表 フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2017年5月、アメリカのESPNは世界で最も有名なアスリート100名を発表し、ジェームズはクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ2位にランクインした。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

211件中 11 - 20件表示

「クリスティアーノ・ロナウド」のニューストピックワード