120件中 31 - 40件表示
  • クリスチャン (人名)

    クリスチャン (人名)から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウド - ポルトガルのサッカー選手クリスチャン (人名) フレッシュアイペディアより)

  • アシュリー・ヤング

    アシュリー・ヤングから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2008年10月10日、ヤングは月間最優秀選手賞を受賞した。2008年4月にも同賞を受賞しており、クリスティアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニー、スティーヴン・ジェラードらとともに、複数回受賞した選手となった。3-2で勝利した、2008年12月7日のエヴァートンFC戦では2ゴールを挙げ、その内の1ゴールはインジュリー・タイムに決めた決勝ゴールであり、試合後の記者会見ではオニールに、ワールドクラスの選手であると言わしめた。2008年11月4日に2012年までの契約延長にサインした。2009年12月にはオニールとともに月間最優秀監督賞、選手賞をそれぞれ受賞し、ヤングは同年に3度プレミアリーグの月間最優秀選手に選ばれた初めての選手となった。2009年1月19日のサンダランド戦では、ディーン・ホワイトヘッドに2度ファウルし退場処分を受けた。アシュリー・ヤング フレッシュアイペディアより)

  • リアム・ロシニアー

    リアム・ロシニアーから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ブリストル・シティ時代は攻撃的ミッドフィールダーだったが、フラムFCはスティーブ・フィナンの移籍により手薄となった右サイドバックにコンバート。1年以上リザーブチームで修行を積み、2004年9月のカーリングカップ、ボストン・ユナイテッド戦でトップチームデビューを果たした。さらにプレミアリーグ公式戦デビューとなった同年12月のマンチェスター・ユナイテッド戦では、対面のクリスティアーノ・ロナウドを完封し、マン・オブ・ザ・マッチに輝いた。リアム・ロシニアー フレッシュアイペディアより)

  • ニコラエ・ミテア

    ニコラエ・ミテアから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    しかし、後半戦に入ると2度の負傷離脱もありポジションを奪えずにいた。また、リーグタイトルをFCウニレア・ウルジチェニが獲得したことでUEFAチャンピオンズリーグ進出に失敗したことや、当初年俸25万ユーロと言われていたが、リーガ1でもトップクラスの40万ユーロを受け取っていたため放出リストに載せられた。さらに、その高額サラリーに見合わないミテアに対し、クラブは4ヶ月もの間に渡り給料を支払わなかったその後、クラブとミテアは話し合いの場を持ち、クラブ側は給料半額を提示したが、ミテアは断り契約解除を求めた。最終的にクラブは、"ニッキー。君の1分あたりの給料はレアル・マドリードで1300万ユーロを受け取っているクリスティアーノ・ロナウド以上だということを忘れないでくれ!"と痛烈に批判した。出場12試合(スタメン1試合)0ゴール出場時間244分に終わった。ニコラエ・ミテア フレッシュアイペディアより)

  • ピースカップ (サッカー)

    ピースカップ (サッカー)から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    この年にレアル・マドリードへ移籍したクリスティアーノ・ロナウドとカカは、本大会で実戦デビューすることが濃厚であると報道されたが、カカは合流が遅れて不参加。C・ロナウドは1ゴールを挙げたものの、チームは準決勝敗退となった。ピースカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • パウロ・ベント

    パウロ・ベントから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ポルトガルの首都リスボンに生まれ、CFエストレーラ・アマドーラ、ヴィトリア・ギマランイス、SLベンフィカなどポルトガル国内のクラブでプレーした後、スペイン・リーガ・エスパニョーラのレアル・オビエドでも4年間プレーし、プリメーラ・ディビシオン(1部)残留に貢献した。2000年に母国のスポルティング・リスボンに移籍し、そこで選手生活を終えた。ジョアン・ヴィエイラ・ピントやマリオ・ジャルデウなどスター選手揃いのスポルティングでは2001-02シーズンにスーペル・リーガとタッサ・デ・ポルトガルの2冠を達成した。まだ駆け出しの選手だったリカルド・クアレスマやクリスティアーノ・ロナウドの面倒を熱心に見ており、ロナウドには特に慕われた。パウロ・ベント フレッシュアイペディアより)

  • ノースウェスト・ダービー

    ノースウェスト・ダービーから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2009年3月14日にオールド・トラッフォードで両者が対戦した際には、マンチェスター・Uは首位を走っていたが、リヴァプールFCは1990年以来となる優勝に向けた争いに出遅れていた。試合は23分にクリスティアーノ・ロナウドがPKを決めてマンチェスター・Uが先制したが、5分後にリヴァプールFCのフェルナンド・トーレスが同点ゴールを決め、前半終了直前にはスティーヴン・ジェラードがPKを決めてリヴァプールFCが逆転した。76分にはマンチェスター・Uのネマニャ・ビディッチが退場処分を受け、さらに惨めなことに、マンチェスター・Uはファビオ・アウレリオとアンドレア・ドッセーナにもゴールを許して落着きを失った。オールド・トラッフォードで4失点して敗れるのは全大会を通じて17年ぶりのことであったが、マンチェスター・Uは最終的にリーグ3連覇を果たし、リヴァプールFCは2位に終わっている。ノースウェスト・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • ウェズ・ブラウン

    ウェズ・ブラウンから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2006-07シーズンは冬にスパルタク・モスクワから移籍してきたネマニャ・ヴィディッチによってベンチを暖めるが多かった。2007-08シーズンはガリー・ネヴィルの負傷もあり右サイドバックのレギュラーとして活躍。チャンピオンズリーグ決勝のチェルシーFC戦ではクリスティアーノ・ロナウドの先制点をアシストするなどチームのプレミア連覇、チャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献した。ウェズ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • フロレンティーノ・ペレス

    フロレンティーノ・ペレスから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2009年、ラモン・カルデロンが会長職を辞した後、再び会長に立候補した。ペレスの他にも3人の候補者が出ると見られていたが、結局候補者はペレス1人であったため再び会長となった。前年多くのタイトルを獲得したバルセロナに対抗するべく、カカ、クリスティアーノ・ロナウド、シャビ・アロンソ、カリム・ベンゼマらビッグネームを再び獲得。この年補強に費やした金額は2億5000万ユーロにも上った。フロレンティーノ・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • ジエゴ・アウヴェス

    ジエゴ・アウヴェスから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    PKストッパーとして知られる。2007-08シーズンから2010-11シーズン途中までの3年間に19本のPKを受けているが、そのうち10本をセーブし、さらに2本はキッカーが枠外に外しているため、この間のPKセーブ率は63%にも上る。クリスティアーノ・ロナウドがリーガ・エスパニョーラでPKを唯一外した際のキーパーはジエゴであるし、2011-12シーズンのコパ・デル・レイ準決勝FCバルセロナ戦ファーストレグではリオネル・メッシのキックを止めて引き分けに持ち込んだ。自身のアイドルはブラジル代表の英雄クラウディオ・タファレルとスペイン代表の守護神イケル・カシージャスである。ジエゴ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

120件中 31 - 40件表示

「クリスティアーノ・ロナウド」のニューストピックワード