120件中 41 - 50件表示
  • キーラン・リチャードソン

    キーラン・リチャードソンから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2005-06シーズン初め、ウェスト・ブロムでの活躍により、ウェスト・ブロム側からレンタル期間の延長を申し込まれたが、オファーを断り、マンチェスター・ユナイテッドでプレーすることを選択。シーズン当初は、負傷していたガブリエル・エインセに代わり、左サイドバックとして先発出場を重ねるが、しばらくして本来のポジション、ミッドフィールダーに戻る。そこでリチャードソンは好パフォーマンスを見せ、周囲の評価を上げていった。10月、リチャードソンはユナイテッドと新たに4年契約にサインし、21回目の誕生日を自ら祝福。2005-06シーズンは、36試合で6ゴールを記録。しかし、起用順位では、同じポジションを争うクリスティアーノ・ロナウド、ライアン・ギグス、朴智星より下であった。キーラン・リチャードソン フレッシュアイペディアより)

  • シャビ

    シャビから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2009-10シーズンも好調を維持した。1998-99シーズンから11シーズン連続で欧州カップ戦に出場しているが、2009年12月9日のUEFAチャンピオンズリーグ・ディナモ・キエフ戦に出場してクラブ初の欧州カップ戦通算100試合出場を果たした。同月にはアラブ首長国連邦で行われたFIFAクラブワールドカップに出場し、アトランテCF(北中米カリブ海代表)とエストゥディアンテス(南米代表)に勝利して優勝した。2010年4月10日にはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでのエル・クラシコで2アシストを記録した。リーグ戦34試合に出場して3得点9アシストを決め、勝ち点99を獲得してリーグ2連覇を果たした。UEFAチャンピオンズリーグでは準決勝でインテルに敗れたもののベスト4に残った。2010年6月3日、リーグ最優秀選手賞であるトロフェオ・アルフレッド・ディ・ステファノでメッシとFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ3位に選ばれた。6月9日、2016年6月末までの4年間の契約延長に合意した 。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • ミケル・アルテタ

    ミケル・アルテタから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2006-07シーズンも好調を維持し、エヴァートンのオフェンスにおいて重要な役割を果たし、1月の終わりまでに6ゴールを挙げた。マン・オブ・ザ・マッチにも度々選出され、35試合に出場し、最終的に9ゴールを挙げた。アルテタは2シーズン連続でクラブの年間最優秀選手に選ばれ、『Sky Sports』が選出するプレミアリーグの最優秀MFにクリスティアーノ・ロナウドを抑え選ばれた。ミケル・アルテタ フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・モウティーニョ

    ジョアン・モウティーニョから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    父親や兄弟もサッカー選手と言うスポーツ一家の4人兄弟の3番目として生まれ育った。地元のポルティモネンセSCの下部組織に入団し、14歳になる時にスポルティング・リスボンの下部組織に移った。2004年夏、まだ17歳であったがジョゼ・ペセイロ(José Peseiro)監督によってトップチームに招集され、出場した試合で光るプレーを見せた。2004-05シーズンはジュニアチーム登録であったが、トップチームの練習に帯同した。ジュニアチームでは、パウロ・ベント監督の下でミゲル・ヴェローゾやルイス・ナニと一緒にプレーし、全国リーグ優勝を果たした。2005年初め、タッサ・デ・ポルトガルのFCパンピリョーザ戦で20分間プレーしてトップチームデビューし、1月23日にはジル・ヴィセンテFC戦(3-0)でスーペル・リーガデビューを飾った。この際の背番号28は、かつてクリスティアーノ・ロナウドが着けていたものだった。非常に安定したプレーを基盤とし、ダイヤモンド型の4-4-2システムのどこでもプレーできるユーティリティ性ですぐにレギュラーポジションを獲得した。カウンターの際に発揮される彼のダイナミズムと素晴らしい決定力でファンのお気に入りとなり、レギュラーとなってからほとんど試合に欠場しなかった。2004-05シーズンのUEFAカップ・フェイエノールト戦とニューカッスル・ユナイテッドFC戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、決勝進出に大きく貢献した。2004-05シーズンはリーグ戦15試合に出場し、2位でシーズンを終えた。2005年夏には1年間の契約延長を果たした。ジョアン・モウティーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ・ゴールデンシュー

    ヨーロッパ・ゴールデンシューから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    1967-68シーズンに表彰が始まり、1991年に一時中断。1996-97シーズンから各国リーグ間のレベル差を考慮したポイント制となり再開した。最多受賞回数は旧方式・現行ともにエウゼビオ、ゲルト・ミュラー、ドゥドゥ・ゲオルゲスク、フェルナンド・ゴメス(以上旧方式)、マリオ・ジャルデウ、ティエリ・アンリ、ディエゴ・フォルラン、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ(以上現行)の2回。ヨーロッパ・ゴールデンシュー フレッシュアイペディアより)

  • PFA年間最優秀選手賞

    PFA年間最優秀選手賞から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2008年現在、複数回受賞した選手は、マーク・ヒューズ、アラン・シアラー、ティエリ・アンリ、クリスティアーノ・ロナウドの4名である。受賞回数やPFA年間最優秀若手選手賞等の賞を受賞したものは対象外といったような制限はなく、同じ選手がダブルで受賞する年もある。PFA年間最優秀選手賞 フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・フレッチャー

    ダレン・フレッチャーから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    シーズンが進むと、アレックス・ファーガソンは、クリスティアーノ・ロナウド、ポール・スコールズ、マイケル・キャリック、ライアン・ギグスで構成する中盤を好んだため、交代で数試合出場するに留まったが、ポール・スコールズが出場停止であったため、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝のASローマ戦にはスターティングメンバーに入り、7-1の勝利に貢献した。ダレン・フレッチャー フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2007-08シーズンはラウル、ファン・ニステルローイとともに3トップを形成しチームのリーガ2連覇に貢献。しかし、シーズンオフにはクラブが自身をクリスティアーノ・ロナウド獲得のための代替要員として扱ったことに激怒。結局、ロナウドの獲得は叶わなかったためクラブは彼を慰留するも、チェルシーが獲得に名乗りを挙げ、2008-09シーズンのリーグ開幕戦当日にチェルシーへの移籍願望を表明する記者会見を開くなど大きな問題となった。その後もシュスター監督をはじめチームは彼を説得するも、本人の意思は強く、最終的にマーケット締め切り日の9月1日に移籍金4200万ユーロでマンチェスター・シティに移籍することが発表された。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • FIFA 08

    FIFA 08から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ポルトガル:クリスティアーノ・ロナウド (マンチェスター・ユナイテッド)FIFA 08 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008

    ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    プロデューサーは高塚新吾。イメージキャラクターはクリスティアーノ・ロナウド。なお、イギリス版ではC・ロナウドに加えてマイケル・オーウェンが起用されている。実況はジョン・カビラ、ピッチレポーターはフローラン・ダバディー。ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008 フレッシュアイペディアより)

120件中 41 - 50件表示

「クリスティアーノ・ロナウド」のニューストピックワード