120件中 61 - 70件表示
  • ミゲル・アンヘル・ニエト

    ミゲル・アンヘル・ニエトから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    右ウィングを得意とし、スペイン版クリスティアーノ・ロナウドとも呼ばれる。ミゲル・アンヘル・ニエト フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ルイス・サンマルティン・マト

    ホセ・ルイス・サンマルティン・マトから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    翌シーズンはカスティージャへ加入し、シーズン14得点を記録した。レアル・マドリードのリーグ最終節であるUDアルメリア戦にて後半85分にカリム・ベンゼマとの交代でプリメーラ・ディビシオンデビュー、その2分後にはクリスティアーノ・ロナウドのアシストから得点も挙げた。2011年12月20日のコパ・デル・レイSDポンフェラディーナで2度目となるトップチームでの出番を得ると、後半78分に再びゴールを奪った。ホセ・ルイス・サンマルティン・マト フレッシュアイペディアより)

  • フェデリコ・マケダ

    フェデリコ・マケダから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    クラブ加入後から約1年経った2008年8月22日の17歳の誕生日にマンチェスター・ユナイテッドFCとプロ契約を結んだ。2008-2009シーズンもU-18のユースチームでプレイを続ける一方、出番は少ないながらもリザーブチームの試合にも出場していた。シーズンの残りも少なくなってくる中、2009年3月30日に行われたニューカッスル・ユナイテッドFCとの試合でのハットトリックを含め、8試合で8ゴールを挙げる活躍をし、2009年4月5日に行われたアストン・ヴィラFC戦のメンバーに選ばれた。試合では1-2と負けている状況でナニに代わり出場、クリスティアーノ・ロナウドが同点ゴールを挙げ、続いてインジュリー・タイムにライアン・ギグスのパスを受けたマケダが決勝点となるゴールを決めた。得点後はスタンドに居た父親と抱き合いイエローカードを受けた。続くチャンピオンズリーグの試合でもベンチ入りし、出番こそなかったものの2試合続けてのメンバー入りを果たした。2009年4月11日に行われたサンダーランドAFCとの試合では、ディミタール・ベルバトフに代わり出場、マイケル・キャリックの放ったシュートに足を出しコースを変えてゴール、2試合連続で決勝点を挙げる活躍を見せた。フェデリコ・マケダ フレッシュアイペディアより)

  • 道上洋三

    道上洋三から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    道上は、以前ほどサッカーに嫌悪感を示さなくなった理由として、「サッカーをしている甥から、カカーの高速ドリブルや、クリスチャーノ・ロナウドの無回転フリーキックの魅力などを教えてもらったから」と言っている。道上洋三 フレッシュアイペディアより)

  • 藤岡浩介

    藤岡浩介から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    好きな選手は、クリスティアーノ・ロナウド藤岡浩介 フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・アルムニア

    マヌエル・アルムニアから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2008-2009シーズンはキャプテンマークを巻く機会が増えた。2009年4月30日のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦。オールド・トラッフォードで相手に押し込まれる展開の中、カルロス・テベス、クリスティアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニーらの至近距離からのシュートをことごとくブロックした。チームは0?1で敗れたが、アルムニア自身はプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれ、マヌエル・アルムニア フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・フェリペ・ダ・シルバ・ブラガ

    リカルド・フェリペ・ダ・シルバ・ブラガから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ポルトガルのポルトに生まれる。幼少の頃からサッカー選手としてプレーしていたが、「身長が低い」などの理由でフットサルに転向する。15歳の時にSLベンフィカに入団し、以降は同クラブにてプレー。ジョゼ・アジゥ・アマランテの指導もあって頭角を表し、卓越したテクニックで「世界有数のフットサルプレイヤー」と評価されるに到る。サッカー選手で同じポルトガル出身のクリスティアーノ・ロナウドによく例えられる。2009-10シーズンのUEFAフットサルカップではベンフィカの優勝に大きく貢献した。リカルド・フェリペ・ダ・シルバ・ブラガ フレッシュアイペディアより)

  • 相馬崇人

    相馬崇人から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    好きなサッカー選手はクリスティアーノ・ロナウド、ジョー・コールやロナウジーニョなど、ドリブラーやテクニシャンが多い。なお所属していたマリティモはクリスティアーノ・ロナウドの生まれ故郷であるマデイラ諸島に本拠地を置くクラブである。相馬崇人 フレッシュアイペディアより)

  • キック (サッカー)

    キック (サッカー)から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    かつては、マラドーナやロベルト・バッジョなどといったテクニシャン達もしばしば行っていた。最近ではアイマール、エルナン・クレスポ、クリスティアーノ・ロナウド、リカルド・クアレスマ、ロビーニョ、ジョー・コール、エベル・バネガらが試合中に繰り出すことがある。キック (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • ビクトール・バルデス

    ビクトール・バルデスから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2007-08シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、欧州カップ戦で466分間連続無失点を続け、1975年から1976年にかけてペレ・バレンティ・モラ(Pere Valentí Mora)が記録したクラブ記録を更新した。リヨン戦でジュニーニョ・ペルナンブカーノに45ヤードの距離からの直接フリーキックを決められ、この記録は途切れた。2006-07シーズンと2007-08シーズンは主要タイトルを逃した。2008年4月1日、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝、シャルケ04戦ファーストレグでFCバルセロナでの公式戦通算250試合出場を達成した。2009年5月27日、UEFAチャンピオンズリーグ決勝でマンチェスター・ユナイテッドFCを2-0で破り、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイの3冠(トレブル)を達成した。この試合では前後半に1回ずつクリスティアーノ・ロナウドの決定機を防いだ。前半には遠めの位置からのフリーキックを防ぎ、後半には低いクロスに合わせたC・ロナウドのシュートを防いだ。ビクトール・バルデス フレッシュアイペディアより)

120件中 61 - 70件表示

「クリスティアーノ・ロナウド」のニューストピックワード