211件中 61 - 70件表示
  • リアム・ロシニアー

    リアム・ロシニアーから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ブリストル・シティ時代は攻撃的ミッドフィールダーだったが、フラムFCはスティーブ・フィナンの移籍により手薄となった右サイドバックにコンバート。1年以上リザーブチームで修行を積み、2004年9月のカーリングカップ、ボストン・ユナイテッド戦でトップチームデビューを果たした。さらにプレミアリーグ公式戦デビューとなった同年12月のマンチェスター・ユナイテッド戦では、対面のクリスティアーノ・ロナウドを完封し、マン・オブ・ザ・マッチに輝いた。リアム・ロシニアー フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・アルムニア

    マヌエル・アルムニアから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2008-09シーズンはキャプテンマークを巻く機会が増えた。2009年4月30日のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦。オールド・トラッフォードで相手に押し込まれる展開の中、カルロス・テベス、クリスティアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニーらの至近距離からのシュートをことごとくブロックした。チームは0-1で敗れたが、アルムニア自身はプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれ、マヌエル・アルムニア フレッシュアイペディアより)

  • ルベン・グラシア・カルマチェ

    ルベン・グラシア・カルマチェから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2010年2月にはバルベルデ監督が解任されてフアン・カルロス・ガリード監督が就任し、同年夏にはロベール・ピレスがビジャレアルを去ったが、カニは2010-11シーズンもチームに不可欠な選手であり続けた。2011年1月9日のレアル・マドリード戦では先制点を挙げたが、ベンチに退いてからひと悶着を起こした。レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを達成した際にジョゼ・モウリーニョがビジャレアルのベンチ前までやってきて派手にゴールを祝ったため、カニは水が入ったボトルをモウリーニョに投げつけ、ベンチにいながら一発退場処分を受けた。1試合の出場停止処分を消化すると、コパ・デル・レイのセビージャFC戦 (3-3) でも得点し、さらにCAオサスナ戦 (4-2) では50m以上の距離からロングシュートを決めた。ビジャレアルはリーグ戦を4位で終えてUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。同シーズンのUEFAヨーロッパリーグでは準決勝に進出し、FCポルトとの準決勝のホーム&アウェーそれぞれで得点したが、2試合合計4-7で敗退が決まった。ルベン・グラシア・カルマチェ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールパフォーマンス

    ゴールパフォーマンスから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドは得点後に、両手を頭上で交差させながら飛び上がり、着地と同時に後方に両手を大きく広げるパフォーマンスがトレードマークとなっているが、2009年のレアル・マドリードへの移籍以来、「スライディング」「爪のジェスチャー」「ダンス」など、さまざまなゴールパフォーマンスを披露しており、世界各国のスポーツ選手に模倣されている。一方、2015年3月22日に行われたFCバルセロナ戦において、手の平を下げてサポーターに冷静になるように求めたパフォーマンスは、相手への挑発あるいは観客を暴力に駆り立てるものとして物議を醸した。ゴールパフォーマンス フレッシュアイペディアより)

  • ノースウェスト・ダービー

    ノースウェスト・ダービーから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2009年3月14日にオールド・トラッフォードで両者が対戦した際には、マンチェスター・Uは首位を走っていたが、リヴァプールFCは1990年以来となる優勝に向けた争いに出遅れていた。試合は23分にクリスティアーノ・ロナウドがPKを決めてマンチェスター・Uが先制したが、5分後にリヴァプールFCのフェルナンド・トーレスが同点ゴールを決め、前半終了直前にはスティーヴン・ジェラードがPKを決めてリヴァプールFCが逆転した。76分にはマンチェスター・Uのネマニャ・ビディッチが退場処分を受け、さらに惨めなことに、マンチェスター・Uはファビオ・アウレリオとアンドレア・ドッセーナにもゴールを許して落着きを失った。オールド・トラッフォードで4失点して敗れるのは全大会を通じて17年ぶりのことであったが、マンチェスター・Uは最終的にリーグ3連覇を果たし、リヴァプールFCは2位に終わっている。ノースウェスト・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • ミケル・アルテタ

    ミケル・アルテタから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2006-07シーズンでは1月の終わりまでに6ゴールを挙げた。マン・オブ・ザ・マッチにも度々選出され、35試合に出場し、最終的に9ゴールを挙げた。アルテタは2シーズン連続でクラブの年間最優秀選手に選ばれ、『Sky Sports』が選出するプレミアリーグの最優秀MFにクリスティアーノ・ロナウドを抑え選ばれた。ミケル・アルテタ フレッシュアイペディアより)

  • PFA年間最優秀選手賞

    PFA年間最優秀選手賞から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2017年現在、複数回受賞した選手は、マーク・ヒューズ、アラン・シアラー、ティエリ・アンリ、クリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイルの5名である。受賞回数やPFA年間最優秀若手選手賞等の賞を受賞したものは対象外といったような制限はなく、同じ選手がダブルで受賞する年もある。4月にノミネート選手が発表され、協会のメンバーは2名の選手に投票することになる。受賞者はPFAの他の賞の受賞者と共に、後日ロンドンで表彰される。同じサッカー選手から選ばれる賞であるため、とても価値のある賞である。2005年の受賞者であるジョン・テリーは、「週末や週明けに対戦している選手から支持されるのは、最高の賞賛。」であるとこの賞を評している。PFA年間最優秀選手賞 フレッシュアイペディアより)

  • ユーロビジョン・ソング・コンテスト2016

    ユーロビジョン・ソング・コンテスト2016から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    - ポルトガル国営放送(RTP)は視聴者に対して、自国代表の選出に関するアイディアを募った。ポルトガルは以降決勝に進めておらず、視聴者はによる代表選考に問題があるのではないかと考えている。クリスティアーノ・ロナウドの姉妹であるカーティア・アヴェイロ()は、自身をポルトガルとして推薦してくれるようTwitterでファンに呼びかけた。しかし2015年10月7日、ポルトガル国営放送は今大会への不参加を表明し、あわせて新しい代表選考方法でへの参加を検討している旨発表した。ポルトガル国営放送のジャイミ・フェルナンデス()は11月7日、テレビ番組「」の中で、不参加の理由として過去の大会におけるポルトガル代表の低迷だけでなく、国営放送の音楽メディア事業のプロモーションの失敗を挙げた。ユーロビジョン・ソング・コンテスト2016 フレッシュアイペディアより)

  • エフライン・リンタロウ・ダ・シルバ

    エフライン・リンタロウ・ダ・シルバから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    母方の祖父母が日本からの移住者の日系ブラジル人3世で日本語は少し苦手。憧れの選手はポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドエフライン・リンタロウ・ダ・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ・ゴールデンシュー

    ヨーロッパ・ゴールデンシューから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    1967-68シーズンに表彰が始まり、1991年に一時中断。1996-97シーズンから各国リーグ間のレベル差を考慮したポイント制となり再開した。最多受賞回数はクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの4回。ヨーロッパ・ゴールデンシュー フレッシュアイペディアより)

211件中 61 - 70件表示

「クリスティアーノ・ロナウド」のニューストピックワード

  • UEFAネーションズリーグ

  • UEFA Goal of the Season(UEFA最優秀ゴール)

  • ゴール・オブ・ザ・シーズン