211件中 71 - 80件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 決勝から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    レアル・マドリードが、ユヴェントスに勝利して2大会連続12回目の優勝 (ドゥオ・デシマ)を達成し、自身が持つ大会最多優勝回数を更新し、UEFAチャンピオンズリーグになってからの初の連覇を成し遂げたチームとなった。チャンピオンズリーグ改称後では6回目の優勝となり、単独首位を走っている。またクリスティアーノ・ロナウドはクラレンス・セードルフ、アンドレス・イニエスタと並び、UEFAチャンピオンズリーグの決勝で4回出場して4回優勝を果たした3人目の選手となった。UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ロペス・ロドリゲス

    ディエゴ・ロペス・ロドリゲスから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではグループリーグ5試合と決勝トーナメント4試合に出場し、マンチェスター・ユナイテッドFCとの2試合を無失点に抑えるなど安定した守備を見せた。グループリーグ最終節ではクリスティアーノ・ロナウドのフリーキック、ウェイン・ルーニーのボレーシュート、アンデルソンの2本のシュートなどをことごとくセーブした。準々決勝のアーセナルFC戦の2ndレグではセオ・ウォルコットにチップキックで頭上を抜かれる先制点を喫するなど、3失点して敗退した。なお、グループリーグのオールボーBK戦でもトーマス・エネボールセンにチップキックでの得点を許している。リーグ戦では38試合すべてにフル出場した。よく2009-10シーズンでもリーグ戦38試合すべてにフル出場したが、チームの不振もあって失点数を前年度の54失点(1試合平均1.42)から57失点(1試合平均1.50)に増やした。2010-11シーズンもリーグ戦全試合に出場し安定した守りでチームのCL出場権獲得に貢献。これにより3季連続で全38試合フル出場を果たした。ディエゴ・ロペス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2016決勝

    UEFA EURO 2016決勝から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    一方のポルトガルはグループステージから苦戦。格下とみられていたアイスランド、オーストリアを相手に引き分けて、負ければグループステージ敗退となる最終節のハンガリー戦で3度リードを許したがエースのクリスティアーノ・ロナウドの2ゴール1アシストの活躍で3度追いつき3?3の引き分け。3分けでグループF3位となり、各組3位チーム同士の比較が3位でなんとか決勝トーナメント進出を決めた。さらにラウンド16のクロアチア戦は相手に倍のシュートを打たれるも延長後半14分のリカルド・クアレズマのゴールで勝利。続くポーランド戦はPK戦の末勝利。続く準決勝のウェールズ戦こそ2?0で完勝したものの90分で勝利した試合はこの1試合のみ、6試合およそ600分を戦って相手をリードしていた時間はわずか62分という状況で決勝に進出した。UEFA EURO 2016決勝 フレッシュアイペディアより)

  • キーラン・リチャードソン

    キーラン・リチャードソンから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2005-06シーズン初め、ウェスト・ブロムでの活躍によりレンタル期間の延長を申し込まれたが、オファーを断りマンチェスター・ユナイテッドでプレーすることを選択。シーズン当初は負傷していたガブリエル・エインセに代わり左サイドバックとして先発出場を重ねるが、しばらくしてミッドフィールダーに戻る。同ポジションでリチャードソンは好パフォーマンスを見せ、周囲の評価を上げていった。10月にはユナイテッドと新たに4年契約にサインし、21回目の誕生日を自ら祝福。同シーズンは36試合で6ゴールを記録。しかし、起用順位では同じポジションを争うクリスティアーノ・ロナウド、ライアン・ギグス、朴智星より下であった。キーラン・リチャードソン フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・フェリペ・ダ・シルバ・ブラガ

    リカルド・フェリペ・ダ・シルバ・ブラガから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ポルトガルのポルトに生まれる。幼少の頃からサッカー選手としてプレーしていたが、「身長が低い」などの理由でフットサルに転向する。15歳の時にSLベンフィカに入団し、以降は同クラブにてプレー。アジウの指導もあって頭角を表し、卓越したテクニックで「世界有数のフットサルプレイヤー」と評価されるに到る。サッカー選手で同じポルトガル出身のクリスティアーノ・ロナウドによく例えられる。2009-10シーズンのUEFAフットサルカップではベンフィカの優勝に大きく貢献した。リカルド・フェリペ・ダ・シルバ・ブラガ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ルイス・サンマルティン・マト

    ホセ・ルイス・サンマルティン・マトから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    翌シーズンはカスティージャへ加入し、シーズン14得点を記録した。レアル・マドリードのリーグ最終節であるUDアルメリア戦にて後半85分にカリム・ベンゼマとの交代でプリメーラ・ディビシオンデビュー、その2分後にはクリスティアーノ・ロナウドのアシストから得点も挙げた。2011年12月20日のコパ・デル・レイSDポンフェラディーナで2度目となるトップチームでの出番を得ると、後半78分に再びゴールを奪った。ホセ・ルイス・サンマルティン・マト フレッシュアイペディアより)

  • パウロ・ベント

    パウロ・ベントから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ポルトガルの首都リスボンに生まれ、CFエストレラ・アマドーラ、ヴィトーリアSC、SLベンフィカなどポルトガル国内のクラブでプレーした後、スペイン・リーガ・エスパニョーラのレアル・オビエドでも4年間プレーし、プリメーラ・ディビシオン(1部)残留に貢献した。2000年に母国のスポルティングCPに移籍し、そこで選手生活を終えた。ジョアン・ヴィエイラ・ピントやマリオ・ジャルデウなどスター選手揃いのスポルティングCPでは2001-02シーズンにスーペル・リーガとタッサ・デ・ポルトガルの2冠を達成した。まだ駆け出しの選手だったリカルド・クアレスマやクリスティアーノ・ロナウドの面倒を熱心に見ており、ロナウドには特に慕われた。パウロ・ベント フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アドリアーノ

    ルイス・アドリアーノから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2014年10月21日、UEFAチャンピオンズリーグ 2014-15のFC BATEボリソフ戦で大会史上最多タイ記録となる1試合5得点を記録。11月5日のBATE戦では再びハットトリックを達成して大会9点目をマークし、クリスティアーノ・ロナウドの持つ大会グループリーグ最多得点記録に並んだ。ルイス・アドリアーノ フレッシュアイペディアより)

  • 近藤直也

    近藤直也から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2003年、J11stステージ第2節鹿島アントラーズ戦で公式戦初出場。2ndステージ第8節ジュビロ磐田戦で公式戦初得点を記録した。同年、U-20日本代表に選出され、2003 FIFAワールドユース選手権やトゥーロン国際大会に出場。トゥーロンではポルトガルと対戦し、後のバロンドール、クリスティアーノ・ロナウドを完封した。近藤直也 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・バレンシア

    アントニオ・バレンシアから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2005年3月27日、2006 FIFAワールドカップ・南米予選・パラグアイ戦(5-2)でエクアドルA代表デビューし、その3日後の同予選・ペルー戦(2-2)で初得点を決めた。2006 FIFAワールドカップ本大会ではグループリーグ3試合と決勝トーナメント1回戦の計4試合すべてに出場。アシストを記録するなど活躍し、大会最優秀若手選手賞にノミネートされた。クリスティアーノ・ロナウドの受賞を妨げるためにバレンシアに投票するように呼びかけるチェーンメールがイングランド国内で流行り、オンライン投票ではバレンシアが最多得票を得たが、選考委員会はルーカス・ポドルスキを選出した。アントニオ・バレンシア フレッシュアイペディアより)

211件中 71 - 80件表示

「クリスティアーノ・ロナウド」のニューストピックワード