120件中 81 - 90件表示
  • ポントゥス・ヴェアンブローム

    ポントゥス・ヴェアンブロームから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2012年1月7日、ロシア・プレミアリーグの強豪PFC CSKAモスクワと合意に達したと報道され、1月10日に代理人が署名をしたと発表した。1月19日、CSKA公式サイトで正式に発表され4年半の契約で移籍した。移籍金はtransfermarkt.deによると300万ユーロで、ウィンターブレイク中に行われていたスペイン合宿に参加をした。2012年2月21日、UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12ベスト16のレアル・マドリード戦でCSKAモスクワの選手としてデビューを飾った。試合は28分にクリスティアーノ・ロナウドに得点(0-1)を決められ、そのまま終わるかに思われたが、後半ロスタイム(3分表示)の3分に、アレクセイ・ベレズツキーによるヘディングからのパスを右足でボレーシュートを放ちゴール(1-1)を決めセカンドレグに望みをつないだ。センセーショナルなデビュー戦を飾った。ポントゥス・ヴェアンブローム フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・アネルカ

    ニコラ・アネルカから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    チェルシーに移籍した時点での彼へのこれまでの移籍金の総額は8700万ユーロ(約140億円)に上り、これはクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードに移籍するまでサッカー史上最高額であった。アネルカ自身、様々な土地のクラブでプレーすることに魅力を感じている。ニコラ・アネルカ フレッシュアイペディアより)

  • 死の組

    死の組から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2010 FIFAワールドカップでは、FIFAランキングが5位以内のブラジルとポルトガル、FIFAランキングがアフリカの国の中で2位のコートジボワールが揃ったグループGが死の組と呼ばれた。北朝鮮は他の3ヶ国と比べて実力が遥かに劣るため、かませ犬と表現されたが、前回出場の1966年ワールドカップではチリに引き分け、イタリアを撃破してベスト8に進出するという大番狂わせを起こしており、侮れないチームではあった。。総合力の高いブラジルが一歩抜き出て、クリスティアーノ・ロナウドを擁するポルトガル、ディディエ・ドログバを擁するコートジボワールがブラジルに挑むという構図であった。死の組 フレッシュアイペディアより)

  • ベネディクト・マッカーシー

    ベネディクト・マッカーシーから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    移籍先のブラックバーンでは06-07シーズンに36試合18ゴールでドログバに2点届かなかったものの、C.ロナウドやルーニーを抑えて得点ランキング2位と結果を残し、その後も07-08シーズンに31試合8ゴール、08-09シーズンに28試合10ゴールとイングランドでの活躍を続けている。ベネディクト・マッカーシー フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ペレグリーニ

    マヌエル・ペレグリーニから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2009年6月1日にはビジャレアルがペジェグリーニの退任を発表し、6月2日にはレアル・マドリードが公式にペジェグリーニと2年契約を結んだことを明らかにした。ビジャレアルからはフィジカルトレーナーのホセ・カベージョ、ヘッドコーチのルベン・コウシージャスもレアル・マドリードのスタッフに加わった。再就任したフロレンティーノ・ペレス会長が初めて選んだ監督となり、「もしUEFAチャンピオンズリーグで優勝したいのならば、世界最高の選手が必要だ」と述べ、就任から数日後にはACミランからカカを獲得した。2009年夏の移籍期間中には、マンチェスター・ユナイテッドFCに移籍金8000万ポンドを支払ってクリスティアーノ・ロナウドを獲得し、オリンピック・リヨンからカリム・ベンゼマ(移籍金3000万ポンド)を、リヴァプールFCからシャビ・アロンソ(移籍金3000万ポンド)を獲得した。期間中に支払った移籍金の総額は約2億ポンドとなった。7月20日に行われたアイルランドのシャムロック・ローヴァーズFC(Shamrock Rovers FC)との親善試合(1-0)が初采配試合となり、87分のベンゼマの得点で勝利したが、ペレス会長にこの試合のプレースタイルと選手の疲労具合を批判された。7月には就任後初となる大会(ピース・カップ)に挑んだが、準決勝でイタリアのユヴェントスFCに1-2で敗れてベスト4に終わった。2009-10シーズンのリーグ開幕戦はデポルティーボ・ラ・コルーニャとの対戦となり、3-2で勝利して初勝利を挙げた。10月27日、コパ・デル・レイのラウンド16ではセグンダ・ディビシオンB(3部)に在籍するADアルコルコン(AD Alcorcón)に2試合合計1-4で敗れ、早くも大会からの敗退が決まった。2010年3月10日には再度打撃を受けた。UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦でフランスのリヨンと対戦し、2試合合計1-2で敗れ去った。この敗北の後、ペレス会長はペジェグリーニ監督に最後通牒を突きつけ、リーグタイトルを獲得できなければ解任すると警告した。マヌエル・ペレグリーニ フレッシュアイペディアより)

  • ルベン・グラシア・カルマチェ

    ルベン・グラシア・カルマチェから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    2010年2月にはバルベルデ監督が解任されてフアン・カルロス・ガリード監督が就任し、同年夏にはロベール・ピレスがビジャレアルを去ったが、カニは2010-11シーズンもチームに不可欠な選手であり続けた。2011年1月9日のレアル・マドリード戦では先制点を挙げたが、ベンチに退いてからひと悶着を起こした。レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを達成した際にジョゼ・モウリーニョがビジャレアルのベンチ前までやってきて派手にゴールを祝ったため、カニは水が入ったボトルをモウリーニョに投げつけ、ベンチにいながら一発退場処分を受けた。1試合の出場停止処分を消化すると、コパ・デル・レイのセビージャFC戦(3-3)でも得点し、さらにCAオサスナ戦(4-2)では50m以上の距離からロングシュートを決めた。ビジャレアルはリーグ戦を4位で終えてUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。同シーズンのUEFAヨーロッパリーグでは準決勝に進出し、FCポルトとの準決勝のホーム&アウェーそれぞれで得点したが、2試合合計4-7で敗退が決まった。ルベン・グラシア・カルマチェ フレッシュアイペディアより)

  • ラダメル・ファルカオ

    ラダメル・ファルカオから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    イバン・サモラーノは、リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニーらを「新時代のストライカー」と表現したのに対し、ファルカオを「世界で最後の偉大な典型的センターフォワード」と評した。パウロ・フットレもまた、メッシやロナウドとは違う、よりクラシックなストライカーであると語っている。ラダメル・ファルカオ フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2008

    UEFA EURO 2008から見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    ポルトガルはエースのクリスティアーノ・ロナウドが、マンチェスター・ユナイテッドで見せるような活躍は出来なかった(ポルトガルはマンUよりFWの人材が決定的に不足しており、彼らにマークを分散できなかった)。司令塔のデコの活躍もありグループリーグは突破するものの、準々決勝でドイツに完敗。大会中にルイス・フェリペ・スコラーリ監督がチェルシーの新監督に就任するという報道があり、それが選手の心理に影響したという推測もあった。UEFA EURO 2008 フレッシュアイペディアより)

  • ウサイン・ボルト

    ウサイン・ボルトから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    イングランドのサッカークラブ、マンチェスター・ユナイテッドの大ファンであり、2009年にはユナイテッドの練習場であるカーリントンを訪れ、クリスティアーノ・ロナウドに走り方を直伝するなどクラブや選手との親交がある。ウサイン・ボルト フレッシュアイペディアより)

  • ハリド・ブラールズ

    ハリド・ブラールズから見たクリスティアーノ・ロナウドクリスティアーノ・ロナウド

    先述の通り2004年9月3日の親善試合・リヒテンシュタイン戦でデビュー。マルコ・ファン・バステンに重用され2006 FIFAワールドカップ予選には7試合に出場し、本大会でもメンバー入り。退場者が両チームあわせて4人も発生したベスト16のポルトガル戦では開始早々クリスティアーノ・ロナウドの右太腿にタックルしてイエロー(彼はその後負傷退場)そして後半にルイス・フィーゴに肘うちを喰らわせ、退場している。ハリド・ブラールズ フレッシュアイペディアより)

120件中 81 - 90件表示

「クリスティアーノ・ロナウド」のニューストピックワード