144件中 21 - 30件表示
  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たジョージ・ベスト

    切り込んでのシュートやパワフルなシュート、3メートル近くまで跳ぶ打点の高いヘディングなど多彩なゴールパターンを持ち、高い得点力を誇る。アレックス・ファーガソンは、マンチェスター・ユナイテッドFCのレジェンドであるジョージ・ベストの名前を挙げ、「ベストは常にピッチを駆け回り、シュートのチャンスをうかがっていた。改めて見返すと、クリスティアーノ・ロナウドのシュートシーンにとても似ている」と語った。弾道の予測が不可能な無回転フリーキックを得意としていて、彼の代名詞となっている。その他PKの名手でもあり、PKの成功率も非常に高い。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たヘタフェCF

    その後もレアル・マドリードで驚異的なペースで得点を量産し、クラブ史上最速での通算50得点を記録した。FCバルセロナとのコパ・デル・レイ決勝では、0-0で迎えた延長前半にアンヘル・ディ・マリアのクロスからヘディングで決勝ゴールを奪い、レアル・マドリードにとって18年ぶりとなる国王杯獲得に大きく貢献した。5月10日のヘタフェCF戦ではリーガ史上初となるシーズン6度目のハットトリックを達成。シーズンの全大会での総得点数を47とし、1959-60シーズンにフェレンツ・プスカシュが記録したクラブ記録を更新した。最終節のUDアルメリア戦でも2得点を挙げリーガ通算40得点とし、1950-51シーズンのテルモ・サラ、1989-90シーズンのウーゴ・サンチェスの38得点を破るリーガシーズン最多得点記録を更新し得点王に輝いた。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たサッカーオランダ代表

    2003年8月20日に行われ、1-0で勝利したカザフスタン戦でルイス・フィーゴとの交代で途中出場し代表デビュー。EURO2004のメンバーに選出され、グループリーグ初戦のギリシャ戦は1-2で敗れたが、代表初ゴールを記録し、2-1で勝利した準決勝のオランダ戦でもゴールを挙げた。ロナウド自身は2ゴールにとどまったが、チームは準優勝し、大会のベストイレブンに選出された。決勝の相手は開幕戦と同じギリシャであり、敗れた際には人目もはばからず涙を流し続けた。同年に開催されたアテネオリンピックにもポルトガル代表として出場した。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たサッカードイツ代表

    EURO2008の予選ではエウゼビウシュ・スモラレクに次ぐ8ゴールを挙げたが、本大会では1ゴールに終わり、準々決勝でドイツに敗れた。大会後にカルロス・ケイロスが監督に就任し、新キャプテンに指名された。ワールドカップ予選では1ゴールも挙げられなかったが、チームはデンマークに次いで2位で終え、プレイオフ進出を果たした。ロナウドはハンガリー戦で負傷して以来戦列を離れていたが、ボスニア・ヘルツェコビナとのプレイオフのメンバーに招集された。チームはワールドカップの出場権を獲得したが、ロナウドは最終的に怪我により2試合とも出場することは叶わなかった。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たサッカーブラジル代表

    22歳の誕生日の2日後の2007年2月7日に行われたブラジルとの親善試合で初めてキャプテンを務めた。これは、その試合の2日前に亡くなったポルトガルサッカー連盟のカルロス・シルヴァに追悼の意を示しての行動であった。これについてルイス・フェリペ・スコラーリは、「キャプテンを務めるには余りに若いが、今は亡きシルヴァ氏がロナウドをキャプテンにするように意思表示をしていた」と話した。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たマデイラ島

    1985年2月5日、クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガルでの標準的発音では「ロナルド」)は大西洋に浮かぶポルトガルのマデイラ島最大の街フンシャル(マデイラ自治領の首都)に自治体の庭師ジョゼ・ディニス・アヴェイロと調理師マリア・ドロレス・ドス・サントス・アヴェイロの間に生まれる。家族は両親と兄1人、姉2人、歳の離れた妹1人。ちなみに妹とは11歳離れている。ロナウド曰く、「兄弟の中で妹が一番自分に似ている」。ミドルネームの「ロナウド」は、父ディニスのお気に入りの俳優であったロナルド・レーガン元アメリカ合衆国大統領に因む。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たサッカースペイン代表

    キャプテンとして臨んだワールドカップでは、グループリーグ初戦のコートジボワール戦、第2戦の北朝鮮戦、第3戦のブラジル戦と3試合連続で大会選定のマンオブザマッチに選出された。北朝鮮戦では代表では1年4ヶ月ぶり、ワールドカップ2大会連続となる得点を挙げた。しかし、決勝トーナメント1回戦でスペインに1-0で敗れたため、同大会での得点はその1ゴールのみに終わった。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たサッカーデンマーク代表

    EURO2008の予選ではエウゼビウシュ・スモラレクに次ぐ8ゴールを挙げたが、本大会では1ゴールに終わり、準々決勝でドイツに敗れた。大会後にカルロス・ケイロスが監督に就任し、新キャプテンに指名された。ワールドカップ予選では1ゴールも挙げられなかったが、チームはデンマークに次いで2位で終え、プレイオフ進出を果たした。ロナウドはハンガリー戦で負傷して以来戦列を離れていたが、ボスニア・ヘルツェコビナとのプレイオフのメンバーに招集された。チームはワールドカップの出場権を獲得したが、ロナウドは最終的に怪我により2試合とも出場することは叶わなかった。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たスズキ・スイフト

    スズキ・スイフト(ヨーロッパのみ)クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たロイ・キーン

    マンチェスター・ユナイテッドとの親善試合での活躍でアレックス・ファーガソンの注目を浴びると共に、ロイ・キーンやルート・ファン・ニステルローイらがファーガソンに直接獲得を薦めるなどした。マンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチを務めていたカルロス・ケイロスは、ロナウドがデビューした時から注目しており、ロナウドの獲得をいち早くファーガソン監督に進言していた。ロナウド獲得には当時リヴァプールやアーセナルも積極的に動いており、2002年11月にアーセン・ベンゲルとスタッフからアーセナルの練習グラウンドに招かれたほか、一時期リヴァプールへの移籍が本人のコメントからも予想されたが、プレミアリーグ03-04シーズン開幕3日前の8月10日に移籍金1,224万ポンド(当時の日本円にして約24億円)、5年契約でユナイテッドへの入団が決定。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

144件中 21 - 30件表示

「クリスティアーノ・ロナウド」のニューストピックワード