前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
96件中 1 - 10件表示
  • 谷村 奈南

    谷村奈南から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    ハワイでの長期滞在時、生まれて初めて直に観たライブということもあり、マイケル・ジャクソンのそのパフォーマンスに感銘を受ける。また、12歳の時に母親の影響で聴いたクリスティーナ・アギレラの1stアルバム『Christina Aguilera』に感化され、アギレラのようなソウルフルなシンガーになりたいという夢を抱くようになる。谷村奈南 フレッシュアイペディアより)

  • 中西 圭三

    中西圭三から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    またピーボ・ブライソンやクリスティーナ・アギレラとのコラボレーションソングをリリースしており、ビーボ・ブライソンに提供した楽曲の入ったアルバムはグラミー賞にノミネートされた。中西圭三 フレッシュアイペディアより)

  • シャイン・ア・ライト

    シャイン・ア・ライトから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    リヴ・ウィズ・ミー(with クリスティーナ・アギレラ) - Live With Me 3:54シャイン・ア・ライト フレッシュアイペディアより)

  • プッシーキャット・ドールズ

    プッシーキャット・ドールズから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    グループは国際的な人気を得るようになり、雑誌でフィーチャーされるようになった。グループのメンバー数名が2003年の映画『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』に出演、『The Pink Panther Theme』に合わせて踊っている。ピンクの『トラブル』のミュージック・ビデオにも出演している。クリスティーナ・アップルゲイト、クリスティーナ・アギレラ、カルメン・エレクトラ(グループの多くのショーのリードを務めた)と一緒に2002年に『マキシム誌』でフィーチャーされる。プッシーキャット・ドールズ フレッシュアイペディアより)

  • グラミー・ノミニーズ

    グラミー・ノミニーズから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    エイント・ノー・アザー・マン/ クリスティーナ・アギレラ - Ain't No Other Man / Christina Aguilera (3分47秒)グラミー・ノミニーズ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ヴォイス

    ザ・ヴォイスから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2010年にオランダで放送されたが元祖で、アメリカNBCでも2011年4月に放送開始。司会者にはラスト・コールのカーソン・デイリー、審査員にはクリスティーナ・アギレラ、シーロー・グリーン、アダム・レヴィーン、ブレイク・シェルトンといった豪華審査員を起用した。ザ・ヴォイス フレッシュアイペディアより)

  • バーレスク (映画)

    バーレスク (映画)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    『バーレスク』(原題: Burlesque)は、2010年公開のアメリカ映画。クリスティーナ・アギレラの映画初主演となるミュージカルである。バーレスク (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ステファニー (歌手)

    ステファニー (歌手)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    歌手を志すようになったのはクリスティーナ・アギレラの曲を聴いて憧れを抱いたことから。楽曲すべてにおいて自身で作詞を手掛けており(作詞者としてはSTEPHANIE表記でJASRACに登録されている)、ほとんどが矢住夏菜との共作である。3枚目のシングルとなった「Winter Gold」からは単独で作詞を行い始めている。好きなアーティストとして公言しているのはクリスティーナ・アギレラの他に、マイケル・ジャクソン、マライア・キャリー、レディー・ガガ、クイーン、マドンナ等。ステファニー (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2008年にデビュー・アルバム『ザ・フェイム』をリリース。彼女自身が全ての歌詞を手がけ、メロディー作曲も自分でこなし、シンセサイザーの部分も自らが演奏している。『ザ・フェイム』は、オーストリア、イギリス、カナダ、アイルランドチャートにて1位を獲得。アメリカ合衆国とオーストラリアでは最高位4位を、日本では最高位6位を記録している。全世界での売上枚数は1200万枚を突破している。アルバムからのリードシングル「ジャスト・ダンス」は2008年4月8日にリリースされ、世界各国で首位を獲得。「ジャスト・ダンス」は、イギリスなど世界5カ国のシングルチャートで1位を獲得し、リリースから半年以上経った2009年1月にアメリカでも1位に到達した。2009年2月に行われた第51回グラミー賞では「ジャスト・ダンス」で最優秀ダンス・レコーディング賞にノミネートされるも、ダフト・パンクの「仕事は終わらない」が受賞し、ガガは受賞を逃している。「ジャスト・ダンス」は全世界で700万枚以上売り上げるヒットとなった。続いて2008年にリリースされた「ポーカー・フェイス」は2009年4月11日付けのアメリカ合衆国のシングルチャートBillboard Hot 100で1位となった。これによりガガは2000年以降、デビュー・アルバムから2枚のシングルを全米チャート1位に送り込んだ初の新人アーティストとなった。1st、2ndシングル2枚で全米1位を達成した女性新人アーティストは3人で、ガガはティファニー、マライア・キャリー、クリスティーナ・アギレラに次ぐ4人目となった。この楽曲はイギリス、カナダ、オーストラリアを始めとした世界17の国と地域のシングルチャートで1位を獲得している。また、「ポーカー・フェイス」はヨーロッパ全土を対象にしたシングル・チャートEurochart Hot 100 Singlesでも16週にわたって1位を記録。さらにイギリスのThe Official Chart Companyが発表した"イギリスで最もダウンロードされた曲"では77万ユニットのダウンロード数により1位を獲得している。「ポーカー・フェイス」は全世界で1000万枚以上売り上げ、2000年代を代表する楽曲となった。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • ジェシカ・シンプソン

    ジェシカ・シンプソンから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    ブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラの二人と年齢が近くデビュー時期的にも同期のため比較される事も時折ある。ジェシカ・シンプソン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
96件中 1 - 10件表示

「クリスティーナ・アギレラ」のニューストピックワード