141件中 91 - 100件表示
  • 第49回グラミー賞

    第49回グラミー賞から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    Ain't No Other Man - クリスティーナ・アギレラ第49回グラミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • ミック・グゾウスキー

    ミック・グゾウスキーから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラ: Mi Reflejo (2000, M), I Turn to You (2000, E/M), Christina Aguilera (1999, M)ミック・グゾウスキー フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・ラウス

    ブランドン・ラウスから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    4人兄弟の3番目に生まれる。父親は大工、母親は教師であった。アイオワ大学在学中からモデル等をして学費を稼いでいたが、俳優を志して中退、ロサンゼルスに移る。この頃、クリスティーナ・アギレラの "What a Girl Wants" のPVにエキストラで出演している。ブランドン・ラウス フレッシュアイペディアより)

  • ソランジュ

    ソランジュから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    ソランジュは子供のころ、演劇とダンスを習っていた。5歳の時に遊園地で歌唱してデビューし、13歳で歌を書き始めた。彼女の親はクリスティーナ・アギレラや姉が在籍するデスティニーズ・チャイルドのツアーに同行させた。デスティニーズ・チャイルドのメンバー、ケリー・ローランドが全米ツアー中に舞台上でつま先を骨折した際は彼女の代役を務めた。16歳の時に、マネージャーを務めていた父親のレコード会社、ミュージック・ワールド・エンタテインメントと契約する。ソランジュ フレッシュアイペディアより)

  • 純潔運動

    純潔運動から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    1999年にデビューしたシンガーソングライターのジェシカ・シンプソンが「結婚するまで純潔を守る」発言で話題になり、その後を追うようにブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラも純潔宣言し、アメリカ国内は一時空前の純潔ブームとなった。また、純潔運動家の中にはレネ・ルッソのように過去に純潔を失っていても(結婚し、子供をもうけていても)、ある時点から第二の純潔(セカンダリー・バージニティ)という道を選ぶ者も少なくない。純潔運動 フレッシュアイペディアより)

  • 石田正子

    石田正子から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    好きな歌・曲名:I Turn To You(Cristina Aguilera)石田正子 フレッシュアイペディアより)

  • JASMINE (歌手)

    JASMINE (歌手)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    影響を受けたアーティストは宇多田ヒカル。前述の通り、比較されることもあるが、本人は昔から宇多田の曲を聴いていて影響を受けたと述べ、敬意を表している。また、彼女の1枚目のスタジオアルバム『First Love』を「日本人(アーティストの中)で1番聴いたアルバム」として挙げている。その他、影響を受けたアルバムとして、クリスティーナ・アギレラの『ストリップト』、ジョーの『シグネチャー』、マイケル・ジャクソンの『キング・オブ・ポップ』、マライア・キャリーの『』、メアリー・J. ブライジの『シェア・マイ・ワールド』、アリシア・キーズの『ソングス・イン・A・マイナー』、ジェニファー・ハドソンの『ジェニファー・ハドソン』、ノトーリアス・B.I.G.の『グレイテスト・ヒッツ』、ニーヨの『I LOVE NE-YO NE-YO SONGS2』、2パックの『トゥパック:レザレクション』、ビヨンセの『デンジャラスリィ・イン・ラヴ』、ジェイ・Zの『ザ・ブループリント3』を挙げている。JASMINE (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・メンデス

    ショーン・メンデスから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2013年からインターネット上の動画サイトVineやYouTubeに"As Long As You Love Me"(オリジナル: Justin Bieber)や"Say Something"(オリジナル: A Great Big World, Christina Aguilera)などのヒット曲をカバーした動画をアップしはじめ、1ヶ月で100万回以上のビュー数を獲得して2014年8月にはフォロー数第3位のVinerとなる。これによって、SNSを通じて一躍スターとなったティーンたちで構成される、ミート・アンド・グリートを目的としたMAGCONというツアーに参加することとなった。その後前述の"Say Something"の動画が後にマネージャーとなるAndrew Gertlerの目に留まり、アイランド・レコードと契約を結ぶ。2014年には1stシングルLife of the Partyをリリース。この曲はカナダチャートでは最高9位、ビルボードHot 100チャートでは最高24位を記録し、同チャートにおいてデビューシングルで25位以内に入った歌手の最年少記録を15歳11ヶ月4日で更新する。ショーン・メンデス フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール・インドア・スタジアム

    シンガポール・インドア・スタジアムから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    過去に カイリー・ミノーグ、アヴリル・ラヴィーン、デヴィッド・ボウイ、リンキン・パーク、ブラック・アイド・ピーズ、ウエストライフ、バックストリート・ボーイズ、オアシス、コールドプレイ、ザ・キュアー、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ジャネット・ジャクソン、イル・ディーヴォ、サミー・チェン、ポリス、アンディ・ラウ、エリック・クラプトン、 フィル・コリンズ、クリスティーナ・アギレラ、グウェン・ステファニー、少女時代、EXOなどがコンサートを開催し、Mnet Asian Music Awardsの授賞式なども実施された。日本のアーティストではCHAGE&ASKA、小田和正、喜多郎、安全地帯、L'Arc〜en〜Cielがコンサートを開催した。シンガポール・インドア・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ケリー・ラッセル

    ケリー・ラッセルから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    1991年から1993年までディズニー・チャンネルの『ミッキー・マウス・クラブ』にブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラと共に子役グループの一員として出演。『ミクロキッズ』の続編で1992年公開の『ジャイアント・ベビー』で映画デビュー(ヒロインのマンディ役)を果たす。ケリー・ラッセル フレッシュアイペディアより)

141件中 91 - 100件表示

「クリスティーナ・アギレラ」のニューストピックワード